茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

窓。

4-29-1.jpg
浜田の家。
室内では、漆喰の施工中。

窓は沢山あると明るく、寒い家になります。
住まいに求める居心地とは、逆方向の空間になるのではないでしょうか?

抜けのある向きには、大きな窓を設えて、
その他の壁面いは、極力窓を設けない方が、壁を残す方が、
居心地の良い住まいになるかと思います。

勿論、千差万別なのでしょうが、、
仮に、広い体育館のような空間を与えられたとしても、
落ち着く居場所としては、その空間の壁に守られた一角となると思います。

4-29-2.jpg
北側の小さな天窓からの導光。
内装材と呼応して、周囲を柔らかな光で包みます。

今日、現場にお施主様ご家族より
沢山の差し入れをいただきました。
いつもいつも、お気遣いありがとうございます。

投稿日時:2015年4月29日 15:46 この記事のページ

4月25日。

今日、
お世話になっています土地家屋調査士さんから筍をいただきました。

そういえば今夜は、嫁さんと子供達がいない。
22時に会社を出て、近所のベニマルヘ。
閉店してたので、、カスミに移動して夕飯の買い出し。

鳥肉と、ニンニクの芽と、調味料を購入。
帰宅後、筍を茹で、あくをとり、炊飯器にセット。

その間に風呂に入り、その後、酒を飲みながら、、
スマホ片手(クックパッド)に、、筍料理。

P4260008.jpg
筍飯。

P4260011.jpg
筍と鳥肉とニンニクとニンニクの芽の炒め物。

P4260017.jpg
筍入りスープ。

P4260020.jpg
酒は、「海の見える家」の上棟式でいただいた日本酒。


調査士さん、筍御馳走様でした!

投稿日時:2015年4月26日 01:13 この記事のページ

4月25日。

今日は朝から「風の家」の構造の自社検査。
4-25-1.jpg
この住まいは、SE構法で建てる長期優良住宅。
耐震等級3。構造計算を第三者が行い、強度を数値で証明し、保証をつける。

4-25-2.jpg
構法と、工法とは違う。
工法とは、工事の方法。
構法とは、ものづくりの考え方。
ルールはあるけれど、SE構法の設計への自由度は高い。

4-25-3.jpg
耐力壁ごとに釘の種類、ピッチを検査。


4-25-4.jpg
午後からは「縁家」のご契約とお打合せ。
こちらもSE構法で建てる長期優良住宅。

契約まで約2年・・お疲れ様でした。
来年、新居が完成します。
お施主様、ご家族様、
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿日時:2015年4月26日 00:57 この記事のページ

4月24日。

今日は、
2つの実務者向け講習会を受講してきました。

4-24-1.jpg
午前9時半~12時で「省令準耐火構造」のフォローアップ講習会。
会場は新宿歌舞伎町。

サンハウスも会員になっています工務店団体仕様。
以前までは、梁や柱の現しに大きな制限がございましたが、
今回、大きく改訂となりました。

火災保険の引き受けは、10月1日より最長10年までとなる予定。
10年後は都度更新となるのでしょうが、保険料に要注意。
省令準耐火で建築することで火災保険料は通常の木造の約半額位。

でも、諸々と建築的なルールがあるので、
保険料と建築費を天秤にかけると長所ばかりではない。


4-24-2.jpg
急いで移動して、午後1時~6時までは、日経ホームビルダー主催のセミナー
「結露の悩み解消・高断熱住宅の不具合」を受講。

講習会場は、港区芝。
会場に着くと、参加者さんの人数に驚きました!

最近は、高気密l高断熱の住宅も増えてきましたが、
実際のところ、様々な問題を抱えています。
ビルダー側の関心の高さが参加人数に表れている。


講習会場が東京なので、
2つの講習会を1日で受講できると、電車賃もお得でありがたい。。

いくつになっても、常に学ぶ姿勢を持ち、
第一人者の生の意見を聞き、咀嚼しつつ、、
実務に活かせることは取り込んでいきたいと考えています。

投稿日時:2015年4月24日 22:18 この記事のページ

4月23日。

4-23-1.jpg
「風の家」
天候により3度の延期を経て、、
無事、建て方となりました。

4-23-2.jpg
「浜田町の家」
ルナファーザーが貼られています。
今後、この上に漆喰が塗られていきます。

4-23-3.jpg
「海の見える家」
木工時中です。
大工さんが丁寧に作業してくれています。

4-23-4.jpg
「bitter chocolate」
脱枠。基礎もあと少しで完成します。

投稿日時:2015年4月23日 21:32 この記事のページ

「海の見える家」上棟式。

umi-4-12.jpg
遅ればせながら。。本日上棟式!

umi-4-12-2.jpg
足場についた養生シートもあり、、写真からは「海の見えにくい家」となっていますが・・
実際には、海への眺望を活かした2階LDとなっています。
このコーナーにリビングダイニングテーブルがおかれます。
写真左の窓は大きな1枚のFIX窓。網戸や枠などの不快要素が省けて、
より素直に外を室内へ取り込めます。
右の窓は引き違い窓、網戸にはクリアネットを用いて、少しでも心地良くしたいと考えています。

ご夫妻からは、
「花火大会の様子も、うかがえそう。」と思わぬ収穫も。
お住まいの名前も「海と花火の見える家」に変更しますか??

umi-4-12-3.jpg
ピース!


お施主様、ご家族様、
本日はおめでとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2015年4月12日 22:07 この記事のページ

水戸KU邸 地鎮祭。 

ku-tei-4-8.jpg

4月8日。
菜種梅雨ならぬ残花梅雨のお寒い中、
KU邸の地鎮祭を執り行いました。
工事は、5月着工。
現在、確認済証はおりていますが、
長期優良住宅の認定申請準備中。

お施主様、ご家族様、
本日は、おめでとうございます。

今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2015年4月 8日 23:25 この記事のページ

2人の野球少年の部屋。

215.jpg
以前、お住まいを設計施工させていただきましたお客様より、
子供室の間仕切り製作のご依頼をいただきました。

上の写真は、工事前の写真。
新築当初は2人のお子様も小さく、子供室というより共用の遊び場でした。

015.jpg
お子様も小学校高学年になり、そろそろ仕切りたいとご夫婦からの申し出。
当のお子様たちは、個室をそれ程欲しがっていない様子とのこと・・
むしろ、室内練習場がなくなることに若干のご不満とも・・
それでも、「諸々、やれる時にやっておこう」とのご希望から提案・工事の開始。

054.jpg
壁を一部新設して、兄弟2人それぞれの、扉も新たに製作。
奥には、共用の棚収納も造りました。

043.jpg
扉は、当初片開きドアの予定でしたが、物の搬入を考慮して親子ドアに。

033.jpg
間仕切り後の一部屋の大きさは3.7帖。
間仕切りは、造作家具を設えて、限られたスペースの使い勝手を考慮しました。
2部屋とも同じ造作。

081.jpg
左側は、机と上部に本棚。机には照明用の配線穴も。
右側のグリーンのラインがベットスペース。
ピンクのスペースが、服の収納スペース。コート類の丈のある服も掛けられます。

野球少年の朝は早い。土日も練習。勉強もするだろうが、
睡眠時間以外での在室時間・期間は短いだろう。
素振りは出来ないけれど、、個室としては十分な広さ。

嬉しいことに、当初、個室を嫌がっていたお子様たちも、
工事が始まると、どっちが僕の部屋にするとかで、
完成を楽しみにされていたことを奥様から聞きました。
ご夫妻からは、想像してたのより広いとも。

013.jpg
工事中も沢山のお友達が遊びに来ていました。
これだけの人数、3.7帖での対応は不可能。。
それに、子供達だけで個室に篭られるより、
リビングでワイワイ遊んだ方が健全。
親としても目が届いて安心。

サンハウスの子供室の考え方としましては、
子供室に必要以上の広さをとるより、
リビングやダイニングにゆとりをまわしたい。
面積的にも、予算的にも。
でも、どんなに小さくても、個室ではなくても、
子供達の居場所はつくってあげたい。


ご家族様へ。
こちらの都合で、工事はかなりお待たせしましたし、、
不便をおかけしたかもしれませんが、
ご家族様のご協力に感謝しています。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2015年4月 8日 23:01 この記事のページ

4月6日。

kazenoie-04-06.jpg
「風の家」
今週は雨天が続くらしいので、、予定していました週末の建て方は延期に。
運送屋さんの都合上、構造材の搬入は延期できなかったので、
午前中、受け入れ立会い。その後養生。

その後、「浜田の家」で建具業者さん大工さん達との打ち合わせ。

ch-house-4-6.jpg
その後、「bitter chocolate」の現場へ。
土曜日の午後から着工しています。

mito-ktei-4-6.jpg
その後、「水戸 KU邸」へ、地縄をはり、
明後日の地鎮祭の準備。


午前中は暑く、、半袖1枚で現場作業、
午後はその上にもう1枚着て、夕方は更に1枚重ね着。
皆様におかれましても、ここ暫くは、寒暖の差がございますので、ご自愛ください。


投稿日時:2015年4月 7日 00:25 この記事のページ

新年度。

2015-sakura2.jpg
新年度が始まりました。
気持ちも新たに、今年一年努めたいと思います。

春といえば、桜。
水戸市内でも、あちらこちらで満開ですね。

見川小学校の桜もきれいだそうで、
今夜は、ライトアップも予定されているみたいです。


上の写真は、先日ご契約させていただきました
お客様の敷地から見える桜。

お住まいの名前も、「桜を眺める家」に決定。
敷地が小さく、お住まいも小さいのですが、
外を取り込み、心地の良い住まいにしていきたいと思います。
お施主様、ご家族様、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

sakura-2015.jpg
「桜を眺める家」


投稿日時:2015年4月 2日 15:23 この記事のページ

CUT。

sode-sode.jpg

噛むくせにより、、袖がボロボロに・・なってしまった、
長男の私服。

袖をカットして、、更にお世話になる模様です。

最終的には半袖になるのかな・・

モノを大切にしているのか、していないのか、、
よくわからない長男です。。

この服は、ニャンダフルハウスのお子さんたちのお下がり。
1、2年前に、ご厚意でいただいた沢山の服の中の、
長男お気に入りの1枚みたいで、よく着ています。
H様、ありがとうございます。
大切に?着ています。。

投稿日時:2015年4月 2日 15:16 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。