茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

ふつうのいえ。

23-11-04 1.jpg

23-11-04 2.jpg

2階のホール。
ご家族が多目的に使用できる、第2のリビング的なスペース。

光りが入り、風が通る。
気持ちの良い居場所です。

投稿日時:2013年11月10日 23:23 この記事のページ

Smile-Home。

23-11-09 1.jpg

設計当初、施主の希望は1階へのリビング配置。

その後、OB宅見学会で、
2階リビングのお住まいを見学していただき
2階リビングもありかもと。

サンハウスからの最終提案は1.5階リビング。
4層からなるスキップフロアの住まいです。

住いの理想は平屋だと思う。

でも、敷地の大きさや、家族構成から2階建てが一般的。
理想は平屋なので、LDKも1階が一般的。

でも、敷地の立地や周辺環境によっては、
2階リビングやスキップフロア等での
上階へのリビング配置も選択肢となります。

投稿日時:2013年11月 9日 23:15 この記事のページ

「Sさんのいえ」地鎮祭。

23-11-07 1.jpg

午前中、雨の中での地鎮祭。

シートを敷き、テントも用意していたので、濡れることはなかったのですが、
3m四方のテントの中で、皆が集ったので少し窮屈。。

でも、3m四方と言ったら、5.5畳弱のスペース。決して狭いスペースではない。
敷地にポツンとテントのみ設営しているので、スケール感覚がずれる。。

当たり前ですが、テントには壁もないので
尚更に周辺環境にテント内がノマレル。。

距離感を掴もうとした際に、視界に入る周囲の環境が影響して
小さいモノがより小さく強調されて感じる。

大きさ、広さ、長さ等の感覚は複合的な要素で大きく変わる。
その要素を建築的に引き出せれば、小さくても広がりのある住まいになるだろうし、
他方では、無駄な広さのある住まい、面積の割には小さく感じる住まいにもなってしまう。。

個人的には、
大は小を兼ねる的な、
反対に、小さいコトこそが最も美しい的な、
両極端な考えは好きではない。

適当を探すのが私の仕事です。
Sさんの家も、そんな点を意識して設計提案しています。

Sさん、本日はおめでとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年11月 7日 22:47 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。