茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

ぼくらのおうち 引渡し。

23-10-25-09.jpg
外壁はブラウン色のガルバリウムを縦張り。
屋根はシルバーのガルバを横葺き。
その屋根には太陽熱利用システムのパネル。太陽の熱でお湯をつくります。

23-10-23 1-1.jpg
LDK。床や天井は無垢材。壁は100%自然素材の珪藻土。
珪藻土施工、床塗装等は施主ご家族も工事に参加。
自然素材の住まいは、必ずメンテナンスが必要となるので
その予行練習にもなる。

23-10-25 11.jpg
共働きのご夫妻と、お子さんたちの住まい。
キッチンが司令塔の位置となり、全てを把握する。

お子さんが小さいときは、家族の行動はいつも一緒。
住まいの要所をマトメて子供に目が届く範囲で家事が完結する。
玄関からキッチンが近いのも実生活では便利。

23-10-25-33.jpg
リビングと繋がるウッドデッキには、多目的に利用できるベンチも設けました。
座ったり、背もたれにしたり、元気なお子さんの靴、座布団類を天日干し等にも。

23-10-23 5.jpg
キッチン上部(北側)に、電動開閉の天窓を設けて採光と排熱に活用。

壁の断熱は羊毛断熱材ウールブレス100mm、天井は200mmを充填。
サッシはLIXILのサーモスⅡHでLOW-Eガラス。
ペレットストーブに太陽熱利用システムを搭載。


先日、引渡しさせていただきました「ぼくらのおうち」。
夫婦共働きのご夫妻が、家事にかけられる時間は少ない。

・家事のしやすい家
・掃除しやすい家
・子供の成長に適した家

施主からの内的要望から、以上をキーポイントとして考慮しながら、
施主ご家族と一緒にプランを調整し、自然素材の家造りをおこないました。

この住まいが、「ゆたかな暮らし」の一助になれば幸いです。

お施主様、ご家族様、
ありがとうございました。

投稿日時:2013年10月30日 10:13 この記事のページ

第3回復興支援。

23-10-10 1.jpg
少し前になりますが、
福島県南相馬市の植樹祭に家族で参加させていただきました。
鹿島区南右田の沿岸部に全国から3000名程の人が集い、
20000本の広葉樹を植樹しました。
天気が悪くて分かり難いですが、植樹した写真奥は太平洋です。

既存の防波堤にプラスして、海岸近くに広葉樹の森をつくることで、
二重三重に防潮機能を強化しようというのが主な植樹の目的のようです。

23-10-10 2.jpg
水戸から南相馬までは、本来であれば2時間半位の距離ですが、
原子力災害の為の交通規制があり、
大きく迂回しなければいけません。
なので、片道6時間位かかりました。

子供達は大変でしたでしょうが、
小雨の降る中、一生懸命手伝ってくれました。

23-10-10 3.jpg
現在の科学では想定できなかった自然の力の脅威に、
自然の力で向き合う、そんな考え方に共感しています。

震災で亡くなられた方々の、
残された方々の、
無念を忘れないように、
私なりに次回の行動につなげていきたいです。

投稿日時:2013年10月26日 01:38 この記事のページ

着工待ちの住まい。(水戸市内)

23-10-24 33.jpg
「おかえりなさいのいえ」

敷地の選定に苦慮されていましたが、確定し、
今日の午前中にお住まいのお打合せさせていただきました。
その後、現場にて解体工事の進行確認。

23-10-24 44.jpg
「そうさくのいえ」

プランはお打合せ済みで、
お見積りの調整中。
敷地は2つの道路に接する角地。
一方の道路の境界確定が未済なので急務。
年内には確認済証を受け取る段取り。

23-10-24 55.jpg
「仮称)千波町のいえ」

敷地は高台でして、いわゆる崖地です。
造成の専門家に設計を依頼して、崖対策案をいくつか提示。
お住まいのお打合せも進めているので、
年内位にまとめて、年明けに確認申請提出としたい。


上記案件は全て増税前の駆け込みではなく消費税は8%。
職人不足、価格高騰の現時点で5%の飴に夢中になり
メーカーの言いなりに進めて、知らぬところで職人を叩いて家造りを進めるのでなく、

ランニングコスト、ライフサイクルコスト、住宅ローン金利優遇等での
価格提案の方が健康的と考える。
すまいの給付金も活用したい。

23-10-24 66.jpg
「Sさんのいえ」
確認済証も取得したので、11月初旬に地鎮祭。

投稿日時:2013年10月24日 14:33 この記事のページ

外構工事。

23-10-23 6.jpg
先日見学会を行ないました「ぼくらのおうち」では
芝を張り始めました。

元々敷地に植えられていたクヌギの木。
移植したせいか、少し元気がなく感じるが、なんとか成長して欲しい。

この住まいは、
屋根も外壁も雨樋も金属であるガルバ材。
新たに設けたウッドフェンスやウッドデッキ、
お庭に植えられている木々や芝が、シンプルな素材の住いと調和します。

投稿日時:2013年10月22日 19:55 この記事のページ

「ぼくらのおうち」見学会終了。

「ぼくらのおうち」の完成見学会が終了しました。

ご予約いただきました多くの皆様にサンハウスの家造りを
ご体感いただけたことを嬉しく思っております。

時間制でしたので、皆様とは、
少ししかお話しすることはできませんでしたが、
個別相談等は、改めてご予約いただければと思います。

雨降り、強風のなか、ご来場いただきまして
ありがとうございました。


お施主様、
大切な住まいをご提供いただき、
ありがとうございました。

お施主様へ、
昼休みの対決は、「ぼくらのおうちの」圧勝でした!!

投稿日時:2013年10月20日 18:38 この記事のページ

「ぼくらのおうち」完成見学会開催!

23-10-12 1.jpg
~「ぼくらのおうち」内覧会開催 ~

お施主様のご厚意により開催させていただきます。

日時:10月20日 AM10:00~PM3:00
10時~、11時~、13時~、14時~、15時~
各回45分位です。

各回2~3組までの御予約制(先着順)と
させていただいております。

上記からご希望の日時を第2候補まで決めていただき
メール又はお電話でお申込みをお願いします。
Mail:info@sunhouse.bz
電話:029(257)6566

場所:ひたちなか市
現地地図等の詳細は、ご予約確定後に
こちらからご連絡を差し上げます。

ご不明点等は、お気軽にサンハウスへお問合わせ願います。
どうぞ、よろしくお願い致します。


物件概要:
構造材から仕上げ材、デッキまで、
国産材、県産材に拘った本物の木の家です。
珪藻土、和紙、モイス、羊毛断熱材等の素材にも拘っています。

造作家具やペレットストーブ、太陽熱利用の温水器等も見所です。

設計担当:一級建築士 野辺裕章 
設計補佐:一級建築士 木田ナオミ
現場担当:一級建築士 野辺裕章

※※引渡し前の大切な住まいですので、ご配慮の程よろしくお願いします。
・元気な・・お子様は外でスタッフとお待ちいただくか、抱っこ等。
・こちらで用意するスリッパ、手袋着用をお願いします。
・肩掛けカバン等の荷物はお預けいただくか、車内へ置いてきてください。


23-10-12 3.jpg
今回の見学会では、ペレットストーブがご体感いただけます。

23-10-12 2.jpg
お庭のコスモス。
只今外構工事中です。
見学会当日は、そちらもお楽しみいただけます。

スタッフ一同(3名ですが、、、)
皆様のご来場心よりお待ちしています。

投稿日時:2013年10月12日 19:03 この記事のページ

外部工事。

各現場とも外装が露わになってきました。

23-10-04 2.jpg
「Smile-Home」

23-10-04 1.jpg
「ふつうのいえ」

2013-09-30 1.jpg
「ぼくらのおうち」
外構工事が進行しています。
デッキが造られ、今後はウッドフェンスを施工していきます。

2013-09-30 3.jpg
こちらが提案時のパース。
最終的には芝が張られます。

投稿日時:2013年10月 4日 12:48 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。