茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

SE構法で建てる長期優良住宅。

13-06-28 1.jpg
「ふつうのいえ」
基礎工事が終了しました。7月上棟。

13-06-28 2.jpg
「Smile-Home」
鉄筋の検査も問題なく終わり。8月上棟。


2棟共にSE構法で建てる長期優良住宅です。
性能表示制度でいう最高等級3の強度を持つ住まいです。

投稿日時:2013年6月30日 12:37 この記事のページ

柱材プレゼントの件。

「平成25年度柱材一棟分プレゼント」

茨城県の「森林湖沼環境税」を活用した事業として、
一戸当たり20万円を上限に県産材の柱材等(乾燥材)
にかかる費用を助成してくれます。
(木材利用ポイント事業を利用した場合については上限を10万円)

この事業を活用するポイントは、
建築の時期、仕様とする構造材の産地等です。

県産材でも乾燥材でなければダメですし、
集成材でもダメです。

応募者が多い場合は抽選となります。
施主本人が抽選する必要があるので、
サンハウスのお客様達にも行っていただきました。

昔は定員漏れもあったようですが、
現在は2倍程度の倍率だそうで抽選になる事が殆ど。
20万円の上限を下げて、申請者皆に配分すれば良いのにとも思います・・
県民ひとりひとりが年¥1000納めている税金流用事業なんだから・・・
抽選って・・。公団の入居者選定じゃないんだから・・

サンハウスは木材利用ポイントの登録工事業者でもありますので
そちらでも恩恵が受けられると思います。

このような情報は知ってないと損をしますので、
サンハウスではアンテナを張って
皆様にご活用いただけるよう情報提供に努めていきます。


投稿日時:2013年6月30日 12:36 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」。

23-06-27 1.jpg
外壁はガルバと無垢の杉板の仕様。
画像では黒のガルバにみえますが濃茶。
屋根は壁より明るい茶色のガルバ。
杉板は、後々施主自身がメンテしやすいように手の届く範囲のみに採用。

総2階+下屋のシンプルでシンメトリーな外形。
敷地や、周囲に馴染むように高さを抑えたり、
外壁の素材やお色を施主と一緒に選択し
モダンな雰囲気になり過ぎないよう考慮しました。

23-06-27 3.jpg
内部では自然素材珪藻土の塗壁工事。

23-06-27 2.jpg
ワークスペースには新築記念にご家族の手形。


「ホッと☆ハウス」では、
7月中旬(多分14日・・)に見学会を開催予定(完全予約制)です。
詳細が確定しましたらこのブログで発表させていただきます。

投稿日時:2013年6月27日 23:31 この記事のページ

6月26日。

13-06-26 1.jpg
平成20年の法改正により
3年に1度の受講が義務付けられている
建築士の定期講習を受講してきました。
9時半~17時まで缶詰でお勉強と修了考査。

1級建築士も、2級も木造建築士も建築士は皆同じ講習を受ける。
なので、技術的な内容ではなく、
建築士法を絡めた、道徳や建築倫理といった内容が中心。

建築士の受験資格はそれなりに厳しい。さらに、
1級ともなれば試験範囲も広く難しく・・
皆、仕事や家庭を持ちながらも睡眠、食事時間等を潰して
勉強漬けで取得していると思う。好きな建築を夢見ながら・・・

それでも、耐震偽装、名義貸しと1部の建築士が
法的以前、倫理的に問題となる行為をしてしまっている。
このような問題への国の対応がこの定期講習義務化・・・

背景としては、建築士の地位の低さ、労力に対しての収入の低さの問題もある、、
好きでないと続けられないし、
好きであり続けるためには
士業だけに、喰わねど高楊枝的な精神をもたないと駄目なのかな・・・


投稿日時:2013年6月26日 22:37 この記事のページ

ウルトラガリT当り。。

2013-06--.jpg

garigari2013.jpg
結局は偶々買ったらしい嫁さんが当てやがった。。

私と職人さんたちで通算20本以上は食べたのですが・・・

投稿日時:2013年6月25日 23:25 この記事のページ

自然素材系断熱材。

13-06-22 01.jpg
「ぼくらのおうち」の僕が
真新しい室内履き(現場用)でおうちのチェック。

13-06-06 1.jpg
この住まいの断熱材には施主の想いから羊毛断熱材を採用。
自然素材系の断熱材。
13-06-22 02.jpg
床も壁も天井も。

13-06-06 2.jpg
建材らしからぬふわふわ感。。

この断熱材に囲まれて毎日作業している大工さんからも性能的に好評。

投稿日時:2013年6月22日 19:07 この記事のページ

ご連絡。

お世話になります。
社内のネット環境が復旧致しました。
諸々、ご迷惑お掛け致しました。

2013.06.21

投稿日時:2013年6月21日 20:47 この記事のページ

6月19日。

2013-06-20.jpg

「Smile-Home」の工事が始まりました。
設計GL等の確認後、基礎業者さんが丁張作業。

水杭の間隔、水貫の高さ、筋違貫の位置、等等・・
全てが教科書通りの堅い仕事施工なので監理する私も安心。

投稿日時:2013年6月20日 01:15 この記事のページ

6月16日。

13-06-16.jpg

少しだけ疲れが溜まっていることもあり、、、
夕方には仕事を切り上げて
帰宅させていただきました。

帰宅後、少し昼寝した後、
家族で近所のスーパーに買い出しに。

今日は「父の日」とのことで、お惣菜からお刺身、果物にも
「ありがとうお父さん」のシールが貼られている。

手巻きずしのパック、カツオの刺身、牛焼肉、お菓子、お酒等を買う。
嫁も風邪気味なので、パックのままで皆で夕食。

セブン&アイのPB商品の白ワイン。
¥598で値段以上の旨さ。


投稿日時:2013年6月17日 19:58 この記事のページ

「ひなたぼっこのいえ」半年点検。

13-06-15 1.jpg
「ひなたぼっこのいえ」半年点検。
芝も青々としてきたし、シンボルツリーのシャラの木が
お施主様の方で植えられていて、今後の成長が楽しみ。
芝は一般的な高麗芝ではなくウィンターフィールドという芝を採用。
見た目の特長としては、春先の緑化が早く、緑色の保持期間も長い。

13-06-15 2.jpg
外観はシンプルですが内部は無垢無垢と木の家。
構造材、床材は県産の杉、天井は杉Jパネル現し壁は100%自然素材の珪藻土。

テレビ台、PC台は県産杉で造作。
テレビ上のエアコンは、壁に埋め込ませているので、壁面がスッキリしている。


13-06-15 3.jpg
ダイニングテーブルから撮影。
写真左奥は洗面脱衣室→浴室へと繋がる。
洗面脱衣室や浴室からは直接ウッドデッキに出られる。
そのデッキ上部には深い軒も出ているので物干しに重宝。
洗濯機から物干し場まで数歩なので動線的にも便利。
また、外で遊んで泥だらけのお子さんたちを
外から直接浴室に収納も可能。。

13-06-15 4.jpg
2階の廊下。

まだまだ撮影させていただいた写真があるのですが、
追々載せさせていただきます。

お施主様、ご家族様、
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

投稿日時:2013年6月16日 00:38 この記事のページ

「M邸」半年点検。

13-06-15 5.jpg
早いものでもう引渡しから半年。
パインの床も少し飴色に変化してきている。

大きな問題もなく、点検終了。
点検時に床下にもぐると感じるのが、ダイエットの必要性。。

長期優良住宅の技術基準では床下の点検口の設置、
及び、床下の懐高さ33cm以上keepとの規定があります。
点検時にはこの33cm位の床下空間を這いずり回るのですが少々、、キツイ。
私のサイズに合わせて床下の高さを決める訳にはいかないので・・

13-06-15 6.jpg
リビングに繋がる和室はお子さんが占領。。
第2の子供部屋化している。。

お施主様、ご家族様、
諸々お気遣いありがとうございます。
今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

投稿日時:2013年6月16日 00:27 この記事のページ

「Smile-Home」地鎮祭。

13-06-09 2.jpg

「SmileHome」が地鎮祭をむかえました。
この住まいもSE構法で建てる長期優良住宅

今後、詳細な打合せへと進み、選択選択・・・の連続で
決めることが沢~山ありますが、迷ったら全てお任せください。。
どうぞ、家造りを楽しんでください。
一緒に笑顔あふれる素敵な住まいにしましょう!


投稿日時:2013年6月 9日 22:04 この記事のページ

「和風の家ゆったりさん」2年点検。

13-06-08 1.jpg
いつも仲の良いご夫妻。

引渡しから2年、
ご夫妻の人柄がにじみ出ているような、
優しい暮らしを感じました。
建築なんて所詮器です。道具です。だからこそです。

13-06-08 2.jpg
型通りの点検もしましたが、終始雑談。。

これだけ無垢の木に囲まれた住まいでも、
2年暮らしていると木の香りは感じないとのこと。

でも、
訪問してくるお客さんは「木の香り~。」と感じるとのこと。
ようは、住んじゃうと慣れてしまう。

私も毎日現場で木に触れる仕事をしていますので
意識しないと当たり前になってしまっている。

逆に、新建材ベタベタの住まいの
俗にいう新築の香りは、
私的には新車の香り同様石油製品の香りにしか感じない・・

木造住宅を新築するなら・・
多少でも木を生かした住まいで暮らしたいし、造りたい。


雑談が過ぎたか、、点検のチェックシートを置き忘れ・・
お客様から着信有。で引き返す。。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。


投稿日時:2013年6月 8日 23:41 この記事のページ

6月7日。

今日は各現場の確認、打合せに行ってきました。
13-06-07 1.jpg
「ぼくらのおうち」
杉の床板を施工中。
木材利用ポイント対象物件。

13-06-07 2.jpg
「ふつうのいえ」
SE構法で建てる長期優良住宅。
ニョキっと立ちあがっているのはM20のアンカー。

13-06-07 3.jpg
「ホッと☆ハウス」
造作工事が終了し、電気の配線直し立会い。
キッチンが造作なので現場で微調整。

13-06-07 4.jpg
「D様邸新築工事」
筋交いや金物の取付け中。

13-06-07 5.jpg
「Smile-Home」
週末の地鎮祭に向けて地縄確認。
明日は草を刈らないと・・・

サンハウスは、
社長、私、設計補助、事務の4人からなる小さな会社。

表だって出てくるのは私ですが、
4人個々の能力・頑張りで仕事が廻っている。

当り前のことなのですが、
こうも忙しくなってくるとスタッフ皆に感謝せずにはいられない。

投稿日時:2013年6月 7日 23:02 この記事のページ

6月5日。

水曜日は定休日なのですが、、
なかなか上手に休みがとれない。。
13-06-05 2.jpg
午前中、「ふつうのいえ」の着工立会い。
基礎業者さんと、位置や高さの確認、SE構法の注意点、工程の再確認等。

この敷地は、数区画のミニ分譲地。
手前の道路は市道ですが、それと直行する道路は私道。
要は他人様の土地です。

売主である土地の販売業者の社長さんにも立ちあっていただき、
私道に入らない旨の説明とバリケード設置の許可を頂く。

又、建て方時等の工事車両の多い期間の
臨時駐車場を現場近所にご紹介いただきました。
社長様、ご協力ありがとうございました。

13-06-05 3.jpg
「ふつうのいえ」で使用する金物。
基礎と躯体とを連結する目的のアンカーボルト。
一般木造のホールダウン用アンカーボルトΦ16mm程度に比較すると
SE構法のアンカーはΦ20とゴツイ・・これが23本も。。

阪神淡路大震災のときに命を落とされた方の
殆どの方が建物の倒壊が原因で亡くなられています。

直下型の地震では柱脚に強い引き抜きの力が掛かりますので、
アンカーボルトはとても大切。
一方、むやみに設置してもダメで、
構造計算を基に根拠を持たせて配置する。

【SE構法Q&A】

13-06-05 1.jpg
夕方6時からは、嫁さんと2人で県民文化センターへ
辻井信行さんの演奏を聴きに行ってきました。
辻井さんの意向での被災地中心の追加公演とのことで、
茨城にも来ていただいたことに感動。

偶然にも会場で2組のお客様達とお会いする。
私がピアノを聴きに来たことに驚いていたと思う。。

私は音楽の事はよく分からない、、
アンコール前の最後の曲は、
小学生の頃、給食の時間に流れていた曲だと想い出す。

それでも、
アンコール数曲の中で演奏してくれた、
震災直後に創ったというの曲の演奏からは、
こみ上げてくるものがあり、音楽の力を感じました。

投稿日時:2013年6月 6日 18:46 この記事のページ

D様邸上棟。

13-06-04 1.jpg

本日は、
D様邸新築工事の建て方、上棟式でした。

お施主様、ご家族様本日はおめでとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。
大工さん達もお疲れ様でした。

上棟式後、大工さんは再び作業開始。

晴れているとはいえ、梅雨時期なので
進められるだけ進めておく。
夕方には、垂木、野地板等の屋根下地の施工まで終了。

投稿日時:2013年6月 4日 20:04 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」

13-06-03 1.jpg
外壁の1部は杉板貼り。

出雲の杉板。
半年程の天日乾燥の後、人工乾燥を行なった乾燥材。
無垢の木の施工後の狂い、虫食いやカビの発生、強度は含水率が大きく影響する。
杉は写真の様な赤味の方が腐りにくく、強度がよりある。

13-06-03 2.jpg
内部では、キッチンの製作中。
ご家族に合わせた、
世界に一つだけのオリジナルキッチン。

奥の壁側は調理器を設える。
カウンター下や吊戸の収納も充実。
建具で塞がれる収納内部はモイスで湿気対策

手前のアイランド部分は、シンクと作業台、
奥行きが90cmもあるので、
キッチンを囲み家族皆で楽しく料理に参加出来る。
自然にお手伝いが出来る筈。
この脇にダイニングテーブルが配置される。

共に今後、ステンレスのカウンターが設置される。

13-06-03 3.jpg
アイランドキッチン脇には、マガジンラックを造作。
新聞やレシピ本等を収納できる。

こういったものは、
雑貨店等でも洒落た物が充実しているが、
施主の希望は手作り感。余った材料で大工が製作。

勿論、こんなモノでも図面は描く。
描くには諸々と検討もする。
結果、遊び心や職人技を感じられる仕上がり。と自己満足。。


投稿日時:2013年6月 3日 23:32 この記事のページ

「ふつうのいえ」地鎮祭。

サンハウスでは、建築に先立ってご家族様に
「住まいの名付け」をお願いしています。
建築に愛着がもてるように、お打合せ時に迷った時の道標になるように。

本日地鎮祭を行ったこの住まいの名前は「ふつうのいえ」。
建築家がよくやる、狙った家や緊張感のある家でなく、、
もちろん、比較からくる普通でもなく、、

機能的にもデザイン的にも過不足の無い住まい。
ご家族の名付けた「ふつうのいえ」を、
お打合せを介してそんな風に理解して設計しています。

13-06-01 1.jpg

13-06-01 2.jpg

13-06-01 3.jpg

この住まいはSE構法で建てる長期優良住宅
久しぶりのSE構法なので現場も楽しみ。

ご家族様、
今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年6月 1日 23:25 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。