茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

4月29日。

13-04-29 1.jpg
午前中、サンハウスで「ぼくらのおうち」のご家族様とお打合せ。
詳細の大枠が決定してきた感じ。

打合せ後現場へ進行確認へ。鉄筋工事の粗方が終了しており、
予定通り明日検査。来月の上棟へ向けて進行中。

市報に載るくらいの素敵な敷地。。
通学路でもあるので安全への意識を徹底したい。


13-04-29 2.jpg
その後、「ふつうのいえ」の敷地へ。
この時期は伸びる伸びる雑草が・・。
6月の着工へ向けて、長期優良住宅の申請準備中。

13-04-29 3.jpg
そして「ホッと☆ハウス」。
大工さんが造作工事を進めています。
写真は玄関クローク。板張りの壁仕上げ。
サッカーボールやコートフック等が好きに設けられ便利。
多少の汚れも雑巾で手軽に清掃できるのもメリット。
玄関入ったら木の香り。そんな効果にも期待。

13-04-29 5.jpg
「D様邸」
基礎工事も終盤、来月の上棟予定。

13-04-29 4.jpg
「House-Cozy」
3時頃から、
明日の引き渡しへ向けて諸々ダメ工事に。
植えた当初はなかったアオハダの新緑が日に日に育っている。
大きなデッキが羨ましい。BBQとかとても憧れる。。

この住まいもそうですが、
デッキ等の外部で食事する為には、キッチンがデッキ近くにあるコトが理想。

大きなデッキには水道もあるので、
これからの時期、子供用プールにも良い。

程良く囲われた外部スペースなので、天体観測にも良いかも。

などと、、空想してばかりで工事が進まない。。

投稿日時:2013年4月30日 00:38 この記事のページ

House-Cozy見学会終了。

2日間に亘り開催致しました「HOUSE-Cozy」見学会が終了しました。

両日ともに天気に恵まれず残念でしたが、
今回も多くの皆様にサンハウスの家造りを
ご体感いただけたことを嬉しく思っております。

寒い中お越しいただいた皆様、
ありがとうございました。

お施主様、大切な住まいをご提供いただき、
ありがとうございました。

予約制と告知していても当日参加の問合わせが多く、、
断れないのはサービス業のサガ。。

サンハウスは社長、私、設計補佐、事務の4名の小さな会社です。
技術者は3人とも1級建築士です。
年間5,6棟の家造りをサポートさせていただいております。

小さな会社の経営的な判断は、
評点と、完成保証の登録事業者かどうか。
評点は目安ですが、会社選定の際には
必ず比較検討材料としてお調べください。
また、制度上、完成保証の事業者登録は
経営的にしっかりしていないと登録ができませんので
これもまた一つの目安になります。

建築的には、
自社設計・自社施工に拘り、
身の丈に合った住まいを施主と一緒に考え造る。
そんな会社です。

具体的な個別相談も受け付けておりますので、
お気軽にご連絡ください。
ご来社の際は、必ず、ご予約の上でお願いします。。。。

どうぞ、よろしくお願い致します。


投稿日時:2013年4月22日 00:20 この記事のページ

ぼくらのおうち着工。

13-04-12 1.jpg
先週末、いよいよ着工しました。
とはいっても遣り方のみで本格的には来週初旬から動き出す。
今月中には配筋検査まで行ないたい。

備忘録として、
施主にコンクリート打設日を伝える。
お子様がミキサー車見学をご希望。

投稿日時:2013年4月16日 01:55 この記事のページ

House-Cozy。

13-04-15 1.jpg
週末、施主と探したアオハダが植えられ、
無垢の杉床にはご家族皆で塗装を施しました。

写真右奥のダイニング側はガッツリと陽が入るが、
リビング側は大きな庇が出ているので建築的に遮熱できている。
なので、ブラインドを閉じないでアオハダを楽しめる。

夏季の日射遮蔽方法と、冬季の日射からの採熱方法は
建築的に相反するけれど、建築的工夫やブラインドやオーニング等で
調整しながら、上手に外部と繋がるような住まいがサンハウスの住まい。
機械に頼り過ぎない暮らしを理想としています。

13-04-15 2.jpg
キッチンの隣にはダイニングテーブル設置されました。
フルオープンのサッシを開けると、
外部と繋がりとても心地良いです。

13-04-15 3.jpg
リビングに併設された和室。
床を少し上げていますのでベンチとしても丁度良い感じ。

13-04-15 4.jpg
広い和室ではないので押入は吊押入れとして、扉はスッキリと開き戸。
布団等の毎日の出し入れを考慮すると引違い戸の方が便利ですが、
この住まいの和室はリビングの延長という考え方。
和室床の高さを活用した大きな引出収納もお子さんのおもちゃ入れに重宝。

リビングにはソファも設置されるが、
私見ですが、3人掛けのソファに常に
きちんと家族3人が座るわけなく、、
誰か1人が横になり占領してしまうので、、(我が家では私が)
こういった和室がリビング脇にあると便利。寝転がってTVがみれたり、
小さなお子さんの昼寝場所にもなる。

オシドリ家族にも憧れるけれど、、
気配を感じつつ、程々の距離感で繋がる家族関係が心地良い時期もあると思う。

HouseCozyでは、
和室、リビング、ダイニング、キッチン、PCスペース等に
その時々にそれぞれの居場所を設けた設計となっています。

投稿日時:2013年4月16日 01:29 この記事のページ

完成見学会のご案内(20日・21日)。

house cozy openhouse1.jpg

~「House-Cozy」内覧会開催 ~

お施主様のご厚意により開催させていただきます。

日時:4月20日21日  AM10:00~PM3:00
10時~、11時~、13時~、14時~、15時~
各回45分位です。

今回の内覧会は各回2~3組までの御予約制(先着順)と
させていただいておりますので、
上記からご希望の日時を第2候補まで決めていただき
メール又はお電話でお申込みをお願いします。
Mail:info@sunhouse.bz
電話:029(257)6566

場所:東海村
現地地図等の詳細は、ご予約確定後に
こちらからご連絡を差し上げます。

ご不明点等は、お気軽にサンハウスへお問合わせ願います。
どうぞ、よろしくお願い致します。

物件概要:
2階リビングの住まいです。
地元の杉や珪藻土等の自然素材を
基本仕様としつつ、シンプルに整えました。
使い勝手や快適性に配慮した住いです。

設計、現場担当共:一級建築士 野辺裕章

※※引渡し前の大切な住まいですので、ご配慮の程よろしくお願いします。
  (元気な・・お子様は外でスタッフとお待ちいただくか、抱っこ等)
  (こちらで用意するスリッパ、手袋着用をお願いします)
  (肩掛けカバン等の荷物はお預けいただくか、車内へ置いてきてください)
  

投稿日時:2013年4月11日 23:33 この記事のページ

エアコン取付け。

13-04-10 4.jpg
House-Cozyのエアコンの設置工事に立会いました。
お客様の選択した商品は、R32で突出しているダイキン社製。

最近の高効率エアコンには、
自動お掃除機能付きが増えたので、高い位置への設置も可。
但し、自動でお掃除したゴミを溜めておく場所の清掃は必要。
それでも1シーズン1回も掃除すれば十分。

住いの冷房はエアコンが主流ですが、暖房の面でも
光熱費、CO2排出量が少なくて済むのはエアコン。
(高効率エアコン)

光熱費的に高いのは、
電気床暖房>温水式床暖房>蓄熱暖房、都市ガスファンヒーター
>灯油ファンヒーター>高効率エアコン

CO2排出量が高いのは、
電気床暖房、蓄熱暖房>灯油ファンヒーター
>温水式床暖房>都市ガスファンヒーター>高効率エアコン

でも、快適性は床暖や蓄熱暖房、それに薪ストーブが優位。。


13-04-10 1.jpg 13-04010 2.jpg

設置場所が高いと取付けも大変そう。

投稿日時:2013年4月11日 19:35 この記事のページ

4月9日。

13-04-09 1.jpg
今日は朝から「D様邸」の現場確認。
来週初旬に鉄筋検査。

この住まいは建て替え。
新居完成までの仮住まいもサンハウスで斡旋。

その後、
「仮称)S様邸」のお施主様と銀行にて住宅ローンの打合せ。

火災保険の見積も行員さんにしていただいたけれど、
火災+地震+水災+家財の25年で100万超え。。
当然、他プラン、他社の保険の検討も必要。
地震保険は今後更に高騰するので悩ましい、、


一旦事務所へ戻り、週末に使う「House-Cozy」の
床塗料関係の発注を済ませる。
OSMOで揃えて¥69543。明日の昼着。

13-04-09 2.jpg
その後、「House-Cozy」の現場へ。鉄骨業者さんと手摺の取付け。
私が手伝うことで若干ですが・・費用を抑えられる取り決め。。
鉄骨手摺は今後、塗装屋さんがブラックで塗装する。

13-04-09 3.jpg
夕方から、「ホッと☆ハウス」の現場でお客様との打合せ。
写真は2階の杉床。1階には松のフローリングを貼る。

13-04-09 4.jpg
その後、もう1度「House-Cozy」の現場へ雑仕事に。
電気も入り、明日はクリーニング。
引渡しまで後少し。

投稿日時:2013年4月10日 01:11 この記事のページ

ぼくらのおうち。

13-04-07.jpg
「ぼくらのおうち」

サンハウスでは、建築されるご家族に
住いの名付けをお願いしています。

少しでも家造りに参加していただきたく、
家造りが進行する中で、迷った時の道標となるように。
又、愛着がもてる家造りになりことを願って。


先週末、久しぶりにお打合せさせていただいた「ぼくらのおうち」。
実施図面をどっさりとお渡しさせていただきました。
図面を基に少しずつ具体化されていきます。

地盤調査の結果も問題なく、
許認可も下りていますので、
いよいよ週末着工、5月中旬から下旬に上棟。

太陽光ではなく太陽熱利用の給湯システムや
ペレットストーブを搭載。敷地内には井戸も。

1種類のエネルギーに頼らない、
ある意味バランスの良い住いです。


投稿日時:2013年4月 9日 07:16 この記事のページ

Be living house 2年点検。

13-04-06 1.jpg
6日の夕方、Be living houseの2年点検に訪問。

13-04-06 2.jpg
床下の状態も良好。

13-04-06 3.jpg
今月で引渡しから2年。
震災の翌月にお引渡しさせていただきました。

当時は、震災の影響もあり、
この住まいでの完成見学会は中止としましたが、
引渡し後に何度も「OB宅の実物件見学会」の会場として
大切なお住まいを提供していただきました。

上の写真はその時の様子。
奥さんやお子さんが住み心地を説明してくれています。
こういったリアルな意見がこれから建てるご家族には貴重。

完成見学会やモデルハウス見学では絶対に得られない
実生活での住心地や、お客様目線での家造りの回顧録的意見が伺えます。

Be living houseのご家族様、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。
鹿児島、お気をつけて!

投稿日時:2013年4月 8日 00:41 この記事のページ

「Smile-Home」契約。

本日、「Smile-Home」の建築契約でした。
お施主様、ご家族様今後ともよろしくお願い致します。

順次の建築にはなりますが、
増税の影響、サンハウスのキャパの問題もあり、
お引渡しは年末。。


以下、ご家族がそれぞれに作った模型の写真です。

13-04-06 s1.jpg
奥様の造った模型。

お打合せ当初は1階にLDKを配置するプランがご家族の希望でしたが、
Be living houseの見学後、ご家族は2階リビングに魅せられて、、、
私からの最終提案は、周辺環境等の立地を生かした1,2階LDK折中案に。。

写真右は2階リビング案の模型で、写真左は最終案の模型。
プランを基に奥様の方で製作。

13-04-06s2.jpg
こちらはご主人製作の最終案。

13-04-06s3.jpg
こちらはお子さんが製作した数十年後のリフォーム案??

投稿日時:2013年4月 6日 20:56 この記事のページ

4月5日。

13-04-05 1.jpg
「ホッと☆ハウス」
土日の天気が大荒れの予報。

足場のシートはメッシュタイプですが、
強風時には帆のようになり、強く足場を引張り危険です。

念の為にシートをたたんできました。

13-04-05 2.jpg
「HouseCozy」
こちらは土曜日の朝一で足場解体予定。

日曜日に予定されていたLDKのエアコンの設置は
後日に変更となりました。


投稿日時:2013年4月 6日 20:47 この記事のページ

塗装。

13-04-04 1.jpg
雨が降ったり止んだりでなかなか塗れませんでしたが、
製図の合間にHouse-Cozyで使用する格子材に塗装をしました。

ウエスタンレッドシダー(米杉)という木。
デッキ材ではポピュラーな材種で、
比較的安価で加工しやすい。

ポピュラーとは言っても、
米杉にもいろいろあり、、あるのです。。

今回の材料は、
乾燥材。
1m以内に直径2cm以上の(離れ節)が3個までとする。
材の表裏どちらか一面において、角部分の丸みや欠けのないものとする。
等々・・
こんな米杉はポピュラーとは言えないかもしれない・・。

13-04-04 2.jpg
丁度30枚。1回目の塗装が終了。

週末の天気が悪そうなので、
来週2度塗りをする予定。


投稿日時:2013年4月 4日 22:29 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」。

13-04-01.jpg
本日、現場にてお施主様とのお打合せ。
照明計画を中心に電気工事の大枠を説明する。

写真中央の太いモノは24cm角の柱。
絞り丸太が似合う空間でもないので、
あえて、角柱での提案。

13-04-01 2.jpg
外では板金職人さんが工事中。
ガルバの屋根も粗方葺きあがる。色はワイン。
細かな役物等は、明日の天気が悪そうなので
後工事にしてもらう。

投稿日時:2013年4月 1日 23:56 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。