茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

3月31日(PM)。

sakura03-31.jpg
仮称)K-K様邸。

お客様には大変お待たせ致しましたが、
新しいお住まいのご提案をさせていただきました。

模型もお持ち帰り頂きました。
壊す位にいじり回してくだされば本望です。

じっくりご検討ください。


投稿日時:2013年3月31日 19:03 この記事のページ

3月31日(AM)。

pre03-.jpg
本日お打合せさせていただきました「Smile-Home」。
SE構法で建てる長期優良住宅です。

お隣の住まいもサンハウスで設計施工した住まいなので、
お互いの住まいの配慮がしやすい。

お施主様、ご家族様、
今後、細かなお打合せが続きますが、
どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年3月31日 19:00 この記事のページ

ガリガリ君。

garigarikun.jpg
噂のコーンポタージュ味。

アイスの中につぶつぶコーンが入っていたり、
かなり個性的。

変な表現ですが、
料理のような楽しいアイスでした。

投稿日時:2013年3月31日 18:54 この記事のページ

3月26日。

enku-.jpg
円空展へ。
円空の彫る仏像の印象は、主観ですが、
過ぎず、逆らわず、狙わず。
ボクトツとした、シンプルな作りが特徴。
それでも人を魅了する「特別」を感じてみたかった。

sakura03-26.jpg
上野駅から博物館までは徒歩で10分位。
道中の上野公園は桜が満開でした。

sakura03-26 2.jpg
桜、新緑、青空のコントラストがキレイ。

一般的に木々は、葉が付き、花が咲き、実がなる。
桜や梅の木は、葉の無い冬木から一気に花が咲く。
そのように品種改良されているのでしょうが、
このメリハリが春の到来を強く感じさせてくれる。

se 03-26.jpg
さて、、、
SE構法を使用する為には、SE構法の登録店での施工が必須で、
更に登録店は、SE構法管理技士の免許を持たないと扱えません。

この管理技士は、
3年毎に更新の講習を受講する必要があります。

今回は、その為の上京!!
午後1時~5時までしっかり勉強して来ました!!

桜や円空はあくまで講習会のついでであって・・・
ちょっとした合間を利用しての見学でして・・・
円空のついでに講習会・・ではありません・・

次回の上京時には、研修やら勉強会のついでに、
中村好文展に行こう!

投稿日時:2013年3月27日 23:15 この記事のページ

シンボルツリーを探しに。

cozy03-26.jpg
「House-Cozy」の内観パースです。

cozy 03-26-2.jpg
こちらは実際の現場写真。

住まいの敷地は、利便性の良い大通りに面しています。

人や車の視線や騒音から暮らしを守るコト。
一方、大通りである南面道路を生かした明るい住いを目指し、
光や風を遮ることなく、
囲いつつも外部環境を取り込む住いとして設計しています。

少し前になりますが、ご家族とシンボルツリーを求めて
出掛けてきました。

cozy-tree 2.jpg
この時期、お目当てのアオハダに緑は無く、
樹形で想像しつつ探しました。

cozy-tree 1.jpg
ご家族と選んだのがコチラ。
5mを超える大きめのアオハダです。

「House-Cozy」の玄関から、寝室から、LDKから臨めるこのアオハダは、
季節によりその表情を楽しめ、夏は日射対策に、冬は落葉し、
室内への採光採熱に期待できます。

※「House-Cozy」は4月下旬に、予約制で見学会を開催します。
多分・・このアオハダの植樹も終了していると思いますので、
お楽しみに!

投稿日時:2013年3月27日 00:06 この記事のページ

仮称)Y邸。

昨日お打合せさせていただきましたY邸。
SE構法で建てる長期優良住宅です。

Y様との出会いから1年ちょっと、
土地選定段階からのお付き合い。
少しずつ着実に進行しています。

y-tei 03-23 1.jpg
素足の人物データが無い為、お父さんは土足。。

y-tei 03-23-2.jpg
打合せ日当日、1時間位の突貫工事で作った模型・・
少しでも雰囲気をつかんでいただければ。

投稿日時:2013年3月24日 22:23 この記事のページ

3月21日。

今日は、
08年に建築させていただいたお客様宅へ訪問。
サンルームの増設のご相談を受け、
現調させていただき後日提案に。

花粉の多いこの時期、
サンルームがあれば便利。

一昨日から、、私も花粉症・・。

hot 03-21 1.jpg
その後、「ホッと☆ハウス」の現場へ。

大工さんと窓廻り、納まりの大枠の打合せ。

この住まいは垂木構造にしました。
無垢の木を現しにしているけれど、
垂木のラインで空間がシャープな表情に。

cozy 03-21 1.jpg
その後、「House-Cozy」の現場へ。

この住まいは2階リビング。
大通り沿いの立地なので、囲いつつも外部との繋がりは確保。

来月、予約制で見学会を開催致します。

03-21 hitachi.jpg
その後、配管の詰まり解消のご依頼をいただいているお客様宅へ。
築40年位の住い。新しい配管ルートをご説明する。
来週月曜日施工。

帰社後、
事務ゴトをこなしていると新しいお客様がご来社。
お客様と話をしていると、住いへの夢が伝わり、
こちらが幸せになる。

投稿日時:2013年3月22日 00:06 この記事のページ

御守り。。

kobalabo.jpg
先日、埼玉の小林建設さんの新しいモデルハウスを
見学させていただきました。

お忙しい中、
ありがとうございました。

coba.jpg

coba3.jpg

サンハウスは父が創業し、30年になります。
私がサンハウスへ入社して7年位になりました。

私が入社する以前のサンハウスでは、
住宅建築にはそれ程関心が無く、、
店舗、美容室、G.S、診療所、アパート等の
設計施工が主な仕事でした。

私の設計事務所及び工務店勤務時代は
住宅建築の業務が殆どでしたし、
サンハウスに入社しても続けたいと強く考えていました。

その為のノウハウを入社前にも学んだつもりではいましたが、
実際は全くもって未知な挑戦でした。

そんな時代に当時読みあさっていた住宅雑誌「住宅建築」の
連載で小林建設さんが取上げられており、誌面から想像する
取組に感銘を受け、「こんな会社素敵だな」と目指す方向性を
意識させられた思い出があります。

未だもってマダマダですが・・・
とにかく頑張っていこうと思います。
写真は当時購入した「住宅建築」。
この号は私にとって御守りの様なモノです。

投稿日時:2013年3月19日 07:23 この記事のページ

銃刀法無違反。

yoshi3.jpg
先週の金曜日。
長男の退院が決まりました。。

入院生活の終了で私も一安心。
ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。

toy01.jpg

toy02.jpg


入院中の「何か欲しいものあるか?」の私の問いに、

病床から「剣が欲しい・・・」「鉄砲が欲しい・・・」

その結果の銃刀達。。

当時は辛そうな長男を元気づける為に購入したけど・・

元気になった彼にこれらは危険すぎるので没収。。

投稿日時:2013年3月19日 07:12 この記事のページ

ホッと☆ハウス上棟。

j-h1.jpg
先日、「ホッと☆ハウス」が上棟しました。
お施主様、ご家族様おめでとうございます!

完成に向けて、皆で頑張りますので
よろしくお願い致します。

昼食、お土産までお気遣いありがとうございます。

j-h2.jpg
簡素的ですが、ケジメとして上棟式を行ない、
餅もまき、施主、職人、サンハウスとで乾杯!

サンハウスからはいつもの上棟酒、
私からはアイスワインを献上。

可愛い盛りのお子さんが3人いて、
毎日が大変だと思いますが、
さっさと寝てもらい、、
ご夫妻だけの時間にキンキンに冷やして
お召し上がりください。

Stoveでも眺めながら・・

投稿日時:2013年3月14日 14:14 この記事のページ

mokei 対決。

先週末お打合せさせていただいた「Smile-Home」。

ss-01.jpg
こちらは提案用のサンハウスで用意した模型。

ss-02.jpg
こちらは施主の奥さんのお手製。
1階と2階が分かれるのでイメージしやすい。

サンハウスが模型を造る目的の一つは、
施主との相互理解を図るため。

車や建て売り住宅、マンション等は、
見た物を購入するが、

サンハウスでの家造りは施主との共築が基本。
一緒に考え、学んで、導くのがサンハウスの進め方。

お施主様、ご家族様、一緒に頑張りましょう!

投稿日時:2013年3月14日 14:08 この記事のページ

病。。

私の話ですが、
昨年末から体調が今一でして・・
少し前に大きな病院で看てもらったら肺炎で入院とのこと・・
入院は無理なので、近所の病院に通院で直すことに・・
今でも通院は続くが、喫煙できるまで回復。。

先週、今度は長男が肺炎で入院・・
長男は3才。付き添いが必要とのことで、
朝~夜までは嫁が付き添い、夜から朝までは私が付き添う生活に。

yoshi1.jpg
点滴のガラガラを器用に引いて歩く長男。

yoshi2.jpg
この点滴が曲者でして、
小さな子供の場合、手の甲の血管に差しこむ・・
看護師3,4人で馬乗りになり長男を押えこみ作業・・
「痛い、助けて、」と大声で泣き叫ぶ長男・・
これのストレスか深夜度々、突然大声をあげる・・

最近は熱も下がってきたし、少し食欲もでてきた。

後少しと信じて、
頑張れ長男。
頑張れ嫁。
頑張れ俺。
ついでに次男も。


※そのような事情で誠に申し訳ございませんが、
電話、メール等の返信や応対に少しお時間をいただくことをご了承願います。

投稿日時:2013年3月14日 13:58 この記事のページ

3月7日。現場廻り。

1303-07 1.jpg
「House-Cozy」
鉄骨造作工事中。4月末お引渡し。

1303-07 2.jpg
「ホッと☆ハウス」
来週上棟。

1303-07 3.jpg
「笠原町D邸」
解体終了。月末基礎工事スタート。

201303-07 4.jpg
「ぼくらのおうち」
43条許可済、今後確認申請。4月基礎工事スタート。

投稿日時:2013年3月 8日 23:43 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

201303-05.jpg

土台敷きも順調に進行中。

投稿日時:2013年3月 5日 17:27 この記事のページ

House-Cozy。

2013003-04.jpg

造作工事も略完了しまして、
内装工事へ進行します。

お施主様のご厚意で
4月には見学会開催の運びへ。
感謝感謝です!

完成に向けて頑張ります!

投稿日時:2013年3月 4日 22:43 この記事のページ

認定低炭素住宅勉強会。

teitanso.jpg

少し前になりますが、
認定低炭素住宅の勉強会へ参加して来ました。

現在の政策として、
2020年までの省エネルギー基準の段階的な
義務化に向けた準備が進められている。

その義務化の前段階としての省エネ誘導基準が
認定低炭素住宅。
住宅分野の施行は今年の10月頃(まだ未定らしい・・)

現行での温熱等級は、品確法による等級4という基準が最高で、
この基準での施工をサンハウスでは
一般的で最低基準の断熱性能としている。

そもそもこの温熱等級4とは、平成11年の省エネ基準の数値。。
その後、改正省エネ基準という名には変わったが
現在まで実質の大変はなし。

現在、住いを建築する際に構造や設備、意匠に関わる法律はあるが、
温熱(断熱)に関する法律はない。無断熱でも建築は可能。

これを2020年までの省エネ基準義務化に向け、
諸々の施策が設定される。

国としては、
ゼロエネ住宅とかLCCM住宅までの性能レベルを
段階的に増やしたい考え。

ハイスペックの住まいは当然高額で、社会経済を見極めながら・・
目標値としては2030年までに新築の半数をゼロエネにしたいらしい。

カッコ良さげな名称のゼロエネ住宅とは、
太陽光、蓄電池、高効率給湯等、機械による省エネがメインの発想。。
下記手法の①や②を重点としている。

【ゼロエネ住宅へ向けた手法】
①太陽光発電や太陽熱利用でエネルギーを創る。電池に貯める。
②省エネ家電の利用。
③建築的工夫。(断熱気密、採風、採光、採熱、遮熱)
④暮らし方の工夫。
(追い炊きを頻繁にしない、風呂は2日に1回。。
・雨水利用、着衣性能・着衣量での調節等々)


個人的には、
③や④の工夫での省エネ対策が好きだし、
そこを追求することが私の仕事だと考えている。


未来を想うと、
科学や技術に頼るのは仕方のないことかも知れないけれど・・

おばあちゃんの知恵袋的な工夫や、
黒板五郎のような生活に夢も見る、、、


投稿日時:2013年3月 3日 01:36 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

hot 03-02 1.jpg
月曜日に土台敷きを予定しているホッと☆ハウス。
昨日は夜からまとまった雨が降った。

基礎が雨でプールになっていないか心配でしたが
思った程でなく一安心。(上記写真)

hot 03-02 3.jpg
残っていた雨水を現場用の掃除機で除水。
掃除機のタンクは20ℓの容量。
これを10杯位。

サンハウスでは床下を屋外空間として設計しています。
なので、そのうち乾くといえばその通りなのですが、、

hot 03-02 2.jpg
一通りの除水後は、ほぼ乾いた状態に。
明日も天気が良さそうなので、
安心して月曜からの土台敷きをむかえられる。

hot03-02 4.jpg
構造材や小部材の搬入も終わり、
いよいよ木工事スタート!

投稿日時:2013年3月 2日 23:52 この記事のページ

ぼくらのおうち 地鎮祭。

h-boku 01.jpg

本日、「春一番」が吹く中での地鎮祭。

式の最中は、施主からカメラを預かり、
カメラマンに徹することが多いが、
今日は初のビデオ撮影の大役を授かる。。

カメラの場合は、場の雰囲気やモノの素材感が
伝わるように撮影するけど、

ビデオの場合は、しぜんとサプライズを期待してしまっている・・
特に問題も無く式は終了したが。。

本格的な工事は建築の許認可後となりますが、
今後、少しずつ現場は動いていきます。

お施主様、ご家族様よろしくお願い致します。

投稿日時:2013年3月 1日 21:26 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。