茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

造作キッチン。

2015-hamada-06-1.jpg
「浜田町の家」は造作のキッチンです。

キッチンで一般的なものが、システムキッチン。
特別なものとして、TOYOキッチンさんに代表されるオーダーキッチン。
その他に、大工さんと建具業者さんとでつくる造作キッチンと様々です。
それぞれ一長一短あります。

私の考え方としては、
住まいは、キッチンは、使って何ぼの道具。
何にしろ、キッチンに求められ様々な使い勝手に応えていきたいです。

2015-hamada-06-2.jpg
シンク側には、洗剤用のポケット付。
この加工、便利ですが高価です・・

投稿日時:2015年7月 4日 19:54 この記事のページ

地鎮祭。

uminomieruie-01.jpg

先日、「海の見える家」の地鎮祭でした。
この日は、お子さんの誕生日でもあり、
ダブルでお祝いです!

投稿日時:2015年1月13日 20:32 この記事のページ

水戸市千波町の家。

12月7日に、予約制での完成見学会を開催!
詳細はサンハウスまでお問い合わせください。

senba2014-02.jpg
既存の樹木の多くを残しつつの建替えのためか、
外壁の塗り壁の色が落ち着いた雰囲気だからか、
外観からは、あまり新築感が感じられないのが好き。

今後、板塀を含めた外構工事が進行していくと、
より周辺環境に馴染んでくると思います。

senba2014-01.jpg
室内は、ほぼ完成、家具もちょこちょこ搬入されています。
床は県産材の杉。壁は自然素材の漆喰。天井はシナベニア。
当初天井も漆喰での計画でしたが、
現場進行中にシナベニアへの変更提案をさせていただきました。
理由は、諸々のバランスなのですが、感覚的なことろもあり、
お任せいただいた、お施主様に感謝。

senba2014-03.jpg
木製の玄関ドアは製作です。
玄関タイルは、素敵なヘリボーン貼り!


その他にも見所がございますので、
ご都合がよろしければ是非、ご予約ください。

投稿日時:2014年11月27日 23:46 この記事のページ

木の窓。

mokutate01.jpg
水戸市浜田町の家では、殆どの開口部が木製です。
アルミサッシと比較して、気密性や反りにコスト高等々のデメリットも多いですが、、
それ以上に、数値では計れない魅力もあり、施主の了解の上での採用となります。

mokutate03.jpg
現場内には、開口部を造る為の、沢山の造作材がひしめいています。

mokutate02.jpg
気配りの出来る大工さんが、一つずつ丁寧に加工して、造作していきます。

投稿日時:2014年11月27日 23:31 この記事のページ

手業。

千波町の家も後少しで完成です。
12・7に予約制で見学会を行います。

354.jpg
当初、上の画像の柱と柱の間には、
木の筋交いを入れて耐力壁として塞がれる予定でしたが、
ステンレスの丸棒を筋交いとすることでオープンな耐力壁にすることにできました。
強度的にも大臣認定の取れている部材なので安心です。
隠れる予定だった節だらけの県産材の柱もご愛嬌。。
木造住宅なのに全く柱が見えないのも変ですし・・


336.jpg
足元はこんな感じです。
斜めの丸棒をきちんと通すことって結構大変です。
大工さんの手業が感じられます。
こういうことは、プレハブやハウスメーカーではデキナイ?ヤラナイ。
工期では負けるけれど、、施主に寄り添い、職人を想う家造りは、
設計施工を通してできる術。
そもそも私の知る限りハウスメーカーなる業種は他の先進国にはない。

住まいは、
想い、造るモノだと考えています。

投稿日時:2014年11月24日 20:54 この記事のページ

セルフビルド。

056.jpg
千波町の家では、引き続きお施主様による塗装工事が進行しています。

悩んだ分、手がけた分、
より愛着のもてる住まいになるのではないでしょうか。

あと少しです!頑張ってください!

投稿日時:2014年11月24日 20:45 この記事のページ

M邸 定期点検。

028.jpg

点検のためM邸を訪問しました。
午前中の早い時間の訪問でしたので、
心地良い日差しが室内へ導光されていました。
それにしても、これからのシーズンの薪ストーブは羨ましい。。

夏の暑い時期に、ご主人が一生懸命に薪わりをされていたので、
尚のこと炎が心地良く感じられるのではないでしょうか。

投稿日時:2014年11月24日 20:37 この記事のページ

11月16日。

hatumono2014.jpg
この日の朝は冷え込み
軽トラの荷台に残った雨水も凍っていました。
なんだか初物ぽくて新鮮でしたので撮影。。

2014-11-16-1.jpg
初物にひたった後は、、
塗装のセルフビルドの準備のために7時半には、水戸市千波町の家へ。
壁と天井の殆どが「ルナしっくい」という自然素材の塗料で仕上げています。
塗料は、漆喰と水とを混ぜて現場で作ります。
昨日混ぜてはあるのですが、
施主が塗りやすいように、塗る直前に再度混ぜておきます。

2014-11-14-1.jpg
その後、9時からは、水戸市浜田町の現場にて施主とのお打ち合わせ。
現場は、無垢のカバの木のフローリングを施工中。
広葉樹ならではの強度と耐久性があります。
施主から職人さんへは、味噌汁やお菓子を頂いているようで感謝です。
こう寒くなると温かいものは助かります。
折角の注文住宅、沢山現場へ来て、造る過程も楽しんでください!

お昼には、再び千波の家に顔を出し、施主に缶コーヒーの差し入れ。
ご主人が頑張って塗装をしてくれていました。
差し入れで思い出したのですが、千波町のご家族には、
現場によく団子や饅頭の差し入れをいただきます。
とても美味しいので、施主にお店を尋ねようとして、いつも忘れるので、
備忘録として記載。

2014-11-16-2.jpg
午後からは、OB宅の見学会を行い、2回に分けて数組のお客様をご案内。
お住まいを快くご提供いただきましたお施主様、ありがとうございました。

その後、夕方からは、2組のお客様とのお打ち合わせ。
その後、、週末のお客様への提案図のまとめ。

晩くに帰宅すると、長男がパパとゲームしたいと起きていて、
帰宅後にwiiをする。。これが一番ツライ。。
土日出社で平日の休みも不定期だと、、
子供とも出来る範囲で、しっかり接しないといけない・・

投稿日時:2014年11月18日 18:20 この記事のページ

水戸市 浜田町の家。

2014-11-01.jpg
先日、浜田町の家の上棟式を執り行いました。
法的には2階建てですが、4層からなるスキップフロアのお住まい。

上棟式後は、大工さんたちと、お昼をご馳走になりました。
お施主様、ご準備等々、お疲れ様でした。
また、心配りにも感謝です。

2014-11-01-2.jpg
引き続き、職人さんと共に、頑張ります。

投稿日時:2014年11月 3日 12:54 この記事のページ

水戸市 千波町の家。

2014-11-03.jpg

内装材のルナファーザーを貼り終えました。
このままでもキレイですが、
今後は、ルナしっくいという塗料を塗ります。


ルナファーザーとは、(以下メーカーサイトより転載)
天然素材で製造された「呼吸する壁紙」です。
通気性・吸湿性に優れ、結露やカビの発生を抑えます。
さらに、化学物質を使用していませんので、
ホルムアルデヒドなどの人体に有害な物質の発生もありません。
材料となる紙は再生紙を、木片は端材や間伐材を利用しており、
資源の有効活用にも貢献しています。

投稿日時:2014年11月 3日 12:51 この記事のページ

水戸浜田町の家。

2014-10-20.jpg

ブルーシートで覆われた現場の中にいると、、
アバターの世界観を少しだけ・・あじわえます。。

投稿日時:2014年10月24日 23:18 この記事のページ

水戸 千波町の家。

2014-10-24-1.jpg
キッチンのタイルが貼られ、今日はステンレスキッチンの設置。
骨組みだけのキッチンですが、逃げ隠れできないので施工は大変。。

2014-10-24-2.jpg
内装工事も進行中で、ルナファーザーを貼っています。

投稿日時:2014年10月24日 23:17 この記事のページ

水戸 浜田町の家 建て方。

2014-10-09 1.jpg
台風の合間をみて建て方。

2014-10-12.jpg
また台風が来るので、
現場はこんな感じ。


投稿日時:2014年10月12日 18:18 この記事のページ

水戸 千波町の家 階段造作。

2014-10-12-2.jpg
階段壁の仕上げはシナベニヤ、LDKの天井もシナベニヤ。
壁の石膏ボード下地の箇所は、ルナファーザーを貼る予定。

階段側面の大きく窪んでいるところに、
お客様お手持ちのテレビ台とテレビが納まる。
小さく窪んでるところは、見せる収納。

2014-10-12-4.jpg
この階段は欲張り階段でして、
階段の用途のみならず、余すことなく、、
デットスペースを多方面から収納として活用している。
それでいて、すっきりと仕上がるように、設計も工夫している。

投稿日時:2014年10月12日 18:17 この記事のページ

Tile。

tile2014.jpg

「千波町の家」の現場にて、室内で採用するタイルの打ち合わせ。
様々なサンプルを用いて、お施主様と確認。

迷った分、、完成が楽しみ。

投稿日時:2014年10月 4日 17:59 この記事のページ

水戸市千波町の家 外装工事。

14-09-22-1.jpg
外装工事中です。
外壁は塗り壁で仕上げます、画像は下地のモルタルを塗っているところ。

14-09-22-2.jpg
ラス網と呼ばれるネットに、下地となるモルタルを
下塗り、上塗と2回に分けて塗りこんで行きます。

投稿日時:2014年9月24日 19:50 この記事のページ

水戸市浜田町の家 基礎完成。

14-09-23-1.jpg
坪数的には大きくはないけれど、半地下になっていたりと
かなり複雑な基礎工事でした。

14-09-23-2.jpg 14-09-23-3.jpg
半地下になるので、防水対策も数手間多いです。
セパ穴を無収縮モルタルで押さえ、防水も内外2回塗り。
打ち継ぎ内部には、止水板も設けています。

14-09-23-4.jpg
手前の太いのがM20のアンカーボルト。
これにSE構法専用の金物が設置されます。
奥のが、M12のアンカーボルト。

14-09-23-5.jpg
少し角度を変えてみてみると、
上の画像では1本に見えたM12のアンカーボルトが、この通りだけで15本。。
どんだけ精度良くアンカーボルトが芯に配置されているかが、
写真を見比べて分かる。


投稿日時:2014年9月24日 19:42 この記事のページ

水戸市千波町の家、木工事中。

2014-08-26-1.jpg

たて掛けられた無垢の杉板。
床材として使用します。

杉板には赤白の色巾があるので、大工さんが丁寧に
分別して施工する場所を決めます。

無垢の木の家は、全ての工程に於いて、職人の気遣い、技術が必要です。
これらは当然価格にも反映されます。

既製品の合板フローリングであれば、全て同じ色なので
そのような作業は要りませんので、楽で、安い。

材料・手間共にローコスト主義の方は既製品を。
環境を考え、日本の職人の技術の継承を考え、ホンモノを志向するなら
国産の無垢材!

市場に出回っている木造住宅は、
フェイクの木調の床にフェイクの木調の建具と
木造住宅といっても嘘の木ばかり・・
構造が木造だといっても、その構造材の殆どをビニルクロスで隠してしまう。
まぁ、見せられる程の木材を仕様としていないからだけど・・
壁も床も天井もビニル系に覆われたビニルハウス。

「安く」を求めれば当然のこと。
楽な作業と材料で時短。新築時がMAXの建材で、なんちゃって木の家仕様。流行の設備でアピール・・
流行や発展途上の技術に、文字通り流され、、築後半年には型おくれ・・・
そのころには、諦めというより、住まいへの愛情もなくしているので気が付かない・・

木造住宅に於いて、費用をかける部分は、間違いなく「木」であるべき。
最近のメーカーさんの見積書をみていると、建築費における材木の割合の少ないこと・・

設備や機械は、半年もすれば型おくれ、保証は1年。
無垢の木は、時間と共に魅力を増していきます。

折角の木造住宅を建築するのであれば、
少しでも本物の木を使ってあげたい。

投稿日時:2014年8月27日 00:10 この記事のページ

水戸市浜田町の家 基礎工事。

2014-08-26-2.jpg
プールをつくっているわけではありません。。

水戸市浜田町の家の基礎工事中です。
深基礎なのでこんな感じに。

私が取得した時の、一級建築士の製図課題は、
「屋内プールの有る~」とかいった課題だったと思う。
10年以上前のこと・・

写真を見てたら、その頃のことを思い出しました・・

投稿日時:2014年8月26日 23:48 この記事のページ

水戸 千波町の家。

14-08-07-1.jpg
水戸 千波町の家、
暑い中、職人さん達の頑張りで、工事も順調に進行しています。

14-08-07-2.jpg
千波だけあって、西側の窓からは、花火がよく見える。

温熱的には、西側の窓は最小限にすること理想なのでしょうが、
この敷地は、もともと奥様の実家があった所。
当然、様々な思い出もあり、お子様へ残したい想いもあるご様子。

奥様からそんな話を聞いたときに、
豊かな暮らしを支えるべく住まいとは何なのか?
数値で測れるものだけではない気がしています。


投稿日時:2014年8月16日 07:21 この記事のページ

水戸 浜田町の家 浄化槽設置。

2014-08-06.jpg
建物本体の工事に先立ち、浄化槽の設置を行いました。

2014-08-06-2.jpg
砂利部分は、他人様所有の私道なので、当たり前のようには通行できない。
浄化槽は、敷地北側に寄せての設置なので、
住まいを建築してしまうと、後々の浄化槽の施工が面倒。
というか、掘れば、これだけの残土は出るので先行設置が正解。

2014-08-06-3.jpg
今後は、基礎工事が始まる。
それにしても暑い・・現場にて30分位の養生作業でも汗が滴る・・

投稿日時:2014年8月 8日 07:21 この記事のページ

水戸 浜田町の家 地盤改良工事。

224.jpg

007.jpg

地盤調査の結果次第では、
地盤改良工事が必要となります。
浜田町の家の現場も、2日に亘り改良工事を行いました。

土地をお探しのお客様にとって、
学区によっては、土地探しに苦労されると思いますが、
この辺りも、住宅用地としての出物も少ない様子。

お施主様の方でも、
田畑を埋め立てた場所ですので、改良工事を見込んでの土地購入。

最近では、
ネットでも大まかな確認ができます。
地盤安心MAP (地盤ネット)。

売主様の許可をいただいて、
土地購入前の地盤調査がおススメ。

投稿日時:2014年8月 8日 07:11 この記事のページ

水戸 Sさんの家 植栽工事。

2014-07-31-1.jpg
Sさんからは、一任された植栽工事。
メインの大きな木は、ジューンベリー。

当初は、カツラの木を予定していましたが、
とある造園業社さんの畑に立つジューンベリーに一目惚れ・・
しかし、、ある程度の予防はできますが、ジューンベリーには毛虫がつきます・・。

一任されていても、、
「ゴキブリはOKだけど、毛虫はNG」
と言っていたSさんに了解を得てから変更。。

2014-07-31-2.jpg
私からご提案させていただいたSさんの家の植栽レシピ。
【高中低木】
・ジューンベリー株立       1本。
・アオハダ株立          1本。
・ナツハゼ株立          1本。
【下草】
・アベリア・ヒメシャリンバイ各13ポット。
・ワイルドストロベリー 3ポット。
・ローズマリー5ポット。
・ジャノメエリカ1ポット。
・コモンタイム5ポット。
・キチジョウソウ4ポット。
・アジュガ3ポット。
・コバノズイナ 2株。
・セイヨウイワナンテン 1株。

私に一任頂いた場合、
下草は難しいが、
高中低木は、必ず造園業者さんや農家さんへ出向き、直接買い付けてくる。
今回も、県内6社程廻り選択。

樹種も大切だけど、樹形も大切。現地でしか分からない木々の印象も大切にしている。
なので、今回のように現地での浮気もある。。(カツラ→ジューンベリー)

そして、私は植栽に関しては素人なので、植木職人や生産者の意見が最優先。

2014-07-31-3.jpg
青竹の控えが見えます。

折角のキレイな株立ちの木なので、
現場にて、職人さんに、この控えを無くす方法はないものかと相談。
一方で、先日、水戸で吹きまくった大風等への不安もあり・・

職人さんいわく、「2年したら根っこがしっかりするから取っちゃって良い」とのこと。
「まぁ、2年もすれば青竹が腐っちゃうけどね」とも。
そう、住まいも庭も、現時点が完成ではないので、これでよしとする。

2014-07-31-5.jpg
沢山の実をつけているナツハゼの株立。

2014-07-31-4.jpg
地窓を介しての常緑樹。
アベリアとヒメシャリンバイ達。
近い将来的には、地窓の高さ位までの生育を期待しています。

当初、施主のメンテ上のご負担を考慮して、
生育が遅く、丈夫な0.5m位のサルココッカを予定していましたが、
商品としては苗木しかなく、来年の美容室オープンまでに生育が間に合わない。
なので予定を変更して、生育旺盛で、花期が長く、強い、上記2種に変更しました。
頑張って成長して欲しい。。

投稿日時:2014年7月31日 20:18 この記事のページ

水戸 Sさんの家。

2014-07-22-1.jpg
お引渡し致しましたSさんの家は、
1階が美容室で2階が住居スペースの併用住宅。
それでも、住宅街に立地するので、延床で36坪程度に抑えました。

鏡の前に椅子が配置されます。(4台のカットスペースを確保。)
ここから、地窓を介して、これから植栽されるアベリアとヒメシャリンバイを臨む提案。

2014-07-21-2.jpg
シャンプー機器背面の収納。
このあたりは、いつもの住宅の仕様と同じ、塗装は変えています。

シャンプー機器廻りの照明計画として、
シャンプー機器に仰向けになられたお客様が、眩しさの不快感を抱かぬように、
間接照明として、天井に主な照明器具を設けていません。

お店のオープンが来春なので、2台のシャンプー機器を、その頃搬入します。
今時のシャンプー機器は、床と平行に倒れるフルフラットの機器が高級機となりますが、
フルフラットで洗髪すると、洗髪後に立ち眩みをおこす方がいることや、
車椅子のお客様もいるとのことをふまえて、フルフラットのタイプは1台、その他を1台選定。
¥1000カットの私には無縁の世界ですが・・。

2014-07-21-3.jpg
こちらは、シャンプー台の正面となる壁。

日光杉の白太を贅沢に使用。
中間にニッチを設けて、杉板の無垢無垢しさを抑えている。
壁の向こう側は、着付け室。

2014-07-21-8.jpg
3.5帖の畳部屋。着付けのスペースとなります。
小上がりとなっていて、天井高は約2.1mと低く抑えています。

2014-07-21-6.jpg
2階の住居部分。
自然素材等で、いつもの仕様。

【Sさんの家】
設計:野辺 木田
現場管理:野辺

投稿日時:2014年7月31日 20:02 この記事のページ

7月14日。

14-07-14-1.jpg
「千波町の家」の構造材搬入。
茨城県産の杉を仕様とした 自然素材の住まい。

敷地は広いけれど、搬入経路は狭いので、交通誘導もする。
今後、現場へ入る職人達の仕事がしやすいようにと納材位置を細々指示し荷受け。
納材後、時期が時期だけにシートで養生。
朝から汗だく。。

14-07-14.jpg
養生シートの山ごとに、何が包まれているかを表記。
何が何処にあるかが分かれば。大工さんが、むやみに養生を剥す必要はない。
時期が時期だけに・・

投稿日時:2014年7月15日 00:08 この記事のページ

水戸市浜田町の家 地鎮祭。

14-07-05.jpg

先週末に地鎮祭を行いました。
快晴とはいきませんでしたが、梅雨の合間に恵まれました。
お施主様、ご家族様、今後ともよろしくお願い致します。


地鎮祭に向けて草刈りをしていると、
4種類くらいのカエルと遭遇。近所にはザリガニも沢山いる。
そう、周囲は田んぼなので先ずは地盤改良工事からスタート。

投稿日時:2014年7月 8日 06:21 この記事のページ

Sさんの家の窓際。

2014-06-27-01.jpg
気持ちの良い開口部まわり。

少し高めの壁の素材は、自然素材の杉赤身。
木製デッキの上部には、軒がかかり、雨や強い陽射しを遮ります。
空を望めてオープンながらも、囲われた感があり落ち着いたスペース。

外気が心地良い時には、窓を開けて半戸外を楽しめる居場所となります。


投稿日時:2014年6月28日 17:26 この記事のページ

水戸「千波町の家」。

senba-2.jpg

2014-06-senba1.jpg

senba--4.jpg

天気に左右されつつも無理せずに工事進行中。
来月、上棟予定。


そろそろ、県の補助金の抽選会のご案内も届いた頃でしょうか?
頑張ってくださいね。

地元の木で建てる住まいなので、木材利用ポイントの恩恵も得られます。

投稿日時:2014年6月24日 07:00 この記事のページ

美光色。

vivit-01.jpg
「Sさんの家」は美容室との併用住宅。
役所の完了検査も終えて、来月には外構工事も終了します。

写真は少し前になりますが、
ガラス職人のご夫妻に鏡を設置してもらっているところ。
奥さんが鏡に映った自分を見て「いつもよりキレイだ」と。
ご主人は「今日は化粧しているからだろ」と。

でも正解は、照明器具と照明プランのお陰。。
(肌の色を美しく見せる照明)


美容室は非日常の空間かもしれませんが、
路面店やテナントの、ガラス張りでギラギラした雰囲気は好きでなく、

自然素材と無垢の木で、いつものサンハウスの家造りで、
落ち着きのある空間を目指しました。

完成までもう少しです。
因みに、美容室のOPENは来年です。

投稿日時:2014年6月21日 06:32 この記事のページ

水戸 着工待ち現場。

2014-hamada01.jpg
水戸市内に建つ住宅。
先日契約が済み8月頃から着工。

2014-mito-01.jpg
こちらも水戸市内。
遅れ気味なので、、早く進めたい。。

2棟ともに、SE構法(耐震住宅)で建築。

先日閣議決定された国土強靭化計画。
サンハウスの役割は、災害に強い家造り。とその啓蒙。

投稿日時:2014年6月21日 06:21 この記事のページ

最近。

2014-04 w1.jpg
外装リフォーム工事①。

2014-04 w2.jpg
外装リフォーム工事②。

2014-04 w3.jpg
OB宅へ書棚の設置工事。

2014-04 w4.jpg
OB宅へキッチン背面収納の設置工事(完了写真)。

2014-04 w5.jpg
エコキュート移設工事(完了写真)。

2014-04 w6.jpg
リフォーム工事現調。

最近、新築以外の細かな工事を
まとめて進めています。

投稿日時:2014年5月18日 12:03 この記事のページ

4月24日。

14-04-24 1.jpg

14-04-24 2.jpg
「Sさんの家」
完成までもうすこしです。

14-04-24 3.jpg

14-04-24 4.jpg
「千波町の家」
造成工事中です。
敷地内の八重桜の木は今が見頃。
一般的なソメイヨシノよりは、少し遅れて開花するそうです。

投稿日時:2014年4月25日 09:01 この記事のページ

千波町の家 地鎮祭。

14-04-08.jpg

「千波町の家」の地鎮祭を行ないました。

地鎮祭の後にはお施主様ご家族とご近所へご挨拶廻りへ。
建て替えなので、ご近所さんからも「待っていたよ」の声もちらほらと。
春らしいお日柄もあり、同行させていただいた私まで
そんな温かい和に入れたような、気持ちの良い日でした。

お施主様、ご家族様、ご近所様、今後ともよろしくお願い致します。


【ご連絡】
新年度早々にインフルエンザにかかり、、1週間程寝ていました。
お約束の急なキャンセルやメールの返信の遅延等、
諸々ご迷惑をお掛けしましてすみませんでした。

投稿日時:2014年4月 8日 08:43 この記事のページ

2014。

もう直ぐ4月。サンハウスも新年度となります。

14-03-27 1.jpg
「千波町の家」
4月中旬から造成工事→杭工事→基礎と進行。
敷地に桜の木のある家です。

14-03-27 2.jpg
「おかえりなさいのいえ」
先日、ご家族と夕食をご一緒させていただきました。
楽しい時間ありがとうございました!
週末にVE案提案。

14-03-27 3.jpg
「仮称)水戸の家」
外壁は杉板。塗るか塗らぬか・・さてどうなる。

投稿日時:2014年3月27日 23:06 この記事のページ

Sさんのいえ。

S-14-03.jpg
分譲地内に建つ「Sさんのいえ」は2階リビング。

一般的には南面の窓は大きくとるけれど
住宅街ではお隣の窓と被りカーテン締切の窓となってしまうこともある。

写真はリビング南面の窓からの見晴らし。
バルコニーの壁を高く設けてお隣の窓からの視線を塞いでいる。
高さを高くした分、圧迫感を出さないように無垢の木を仕上げとしている。

S-14-03 1.jpg
外部に使用している無垢材は国産杉の赤味(天然乾燥材)。
杉の部材には赤白あるけれど、芯に近いほど赤味が強くなる。
木は外側に大きくなる。芯に近いほど年を重ねていて
当然ながら外側の白の部位より耐久性、強度も高い。

S-14-03 2.jpg
一方、室内は無垢材を採用しつつも野暮ったくならないように、
贅沢に杉の白太を使っている。

投稿日時:2014年3月 6日 11:00 この記事のページ

ふつうのいえ 引渡し。

2013-12-15 0.jpg
先日「ふつうのいえ」のお引渡しをさせていただきました。
この住まいは、SE構法で建てる長期優良住宅。
フラット35の金利面でも、税制面でも優遇されます。

2013-12-15 1.jpg
LDK。
お部屋の中央に照明用のダクトを設置して、
今後設置されるダイニングテーブルと共にカラフルなトルボーが3つ程ぶら下がる。

2013-12-15 2.jpg
お引渡し時の記念撮影。
木の床に白い壁。住宅は主張なく控え目位の仕上げが丁度良く感じます。

2013-12-15 3.jpg
床の塗装は施主施工。
皆さんで丁寧に塗られていました。
オークの床も程良い質感に。

2013-12-15 4.jpg
2階のホール。
明るく、暖かく、楽しい場所。
低めのロフト奥には壁一面の本棚も。

2013-12-15 6.jpg
水廻り。
この住まいの水廻りは2階に配置されています。
洗面コーナー、脱衣室、浴室と無駄なく使いで良く繋がっています。

お施主様、ご家族様、長きに亘りお疲れ様でした。
今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

投稿日時:2013年12月16日 15:46 この記事のページ

Sさんのいえ 建て方。

2013-12-6 1.jpg

2013-12-6 2.jpg
少し前になりますが、Sさんの家の建て方工事を行ないました。
寒いですが・・天気も良く、無事に終了。

投稿日時:2013年12月16日 15:45 この記事のページ

12月1日。

2013-12-01 1.jpg
「ふつうのいえ」
もうすぐ完成。

この現場の周囲は建築ラッシュ。。
お施主様からいただいた大量の缶コーヒーをウチの職人さんはモチロン、
近くの現場の職人さんにもお裾分け。

2013-12-01 2.jpg
「Smile-Home」
ご家族で珪藻土塗り。

奥さんが仕上げた箇所を、お子さんがイタズラ?その繰り返し。。
でも、みなさん楽しそう。

2013-12-01 3.jpg
「Sさんのいえ」
来週建て方。


その他のお打合せも諸々進行中です。

投稿日時:2013年12月 1日 20:57 この記事のページ

ふつうのいえ。

23-11-04 1.jpg

23-11-04 2.jpg

2階のホール。
ご家族が多目的に使用できる、第2のリビング的なスペース。

光りが入り、風が通る。
気持ちの良い居場所です。

投稿日時:2013年11月10日 23:23 この記事のページ

Smile-Home。

23-11-09 1.jpg

設計当初、施主の希望は1階へのリビング配置。

その後、OB宅見学会で、
2階リビングのお住まいを見学していただき
2階リビングもありかもと。

サンハウスからの最終提案は1.5階リビング。
4層からなるスキップフロアの住まいです。

住いの理想は平屋だと思う。

でも、敷地の大きさや、家族構成から2階建てが一般的。
理想は平屋なので、LDKも1階が一般的。

でも、敷地の立地や周辺環境によっては、
2階リビングやスキップフロア等での
上階へのリビング配置も選択肢となります。

投稿日時:2013年11月 9日 23:15 この記事のページ

「Sさんのいえ」地鎮祭。

23-11-07 1.jpg

午前中、雨の中での地鎮祭。

シートを敷き、テントも用意していたので、濡れることはなかったのですが、
3m四方のテントの中で、皆が集ったので少し窮屈。。

でも、3m四方と言ったら、5.5畳弱のスペース。決して狭いスペースではない。
敷地にポツンとテントのみ設営しているので、スケール感覚がずれる。。

当たり前ですが、テントには壁もないので
尚更に周辺環境にテント内がノマレル。。

距離感を掴もうとした際に、視界に入る周囲の環境が影響して
小さいモノがより小さく強調されて感じる。

大きさ、広さ、長さ等の感覚は複合的な要素で大きく変わる。
その要素を建築的に引き出せれば、小さくても広がりのある住まいになるだろうし、
他方では、無駄な広さのある住まい、面積の割には小さく感じる住まいにもなってしまう。。

個人的には、
大は小を兼ねる的な、
反対に、小さいコトこそが最も美しい的な、
両極端な考えは好きではない。

適当を探すのが私の仕事です。
Sさんの家も、そんな点を意識して設計提案しています。

Sさん、本日はおめでとうございます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年11月 7日 22:47 この記事のページ

ぼくらのおうち 引渡し。

23-10-25-09.jpg
外壁はブラウン色のガルバリウムを縦張り。
屋根はシルバーのガルバを横葺き。
その屋根には太陽熱利用システムのパネル。太陽の熱でお湯をつくります。

23-10-23 1-1.jpg
LDK。床や天井は無垢材。壁は100%自然素材の珪藻土。
珪藻土施工、床塗装等は施主ご家族も工事に参加。
自然素材の住まいは、必ずメンテナンスが必要となるので
その予行練習にもなる。

23-10-25 11.jpg
共働きのご夫妻と、お子さんたちの住まい。
キッチンが司令塔の位置となり、全てを把握する。

お子さんが小さいときは、家族の行動はいつも一緒。
住まいの要所をマトメて子供に目が届く範囲で家事が完結する。
玄関からキッチンが近いのも実生活では便利。

23-10-25-33.jpg
リビングと繋がるウッドデッキには、多目的に利用できるベンチも設けました。
座ったり、背もたれにしたり、元気なお子さんの靴、座布団類を天日干し等にも。

23-10-23 5.jpg
キッチン上部(北側)に、電動開閉の天窓を設けて採光と排熱に活用。

壁の断熱は羊毛断熱材ウールブレス100mm、天井は200mmを充填。
サッシはLIXILのサーモスⅡHでLOW-Eガラス。
ペレットストーブに太陽熱利用システムを搭載。


先日、引渡しさせていただきました「ぼくらのおうち」。
夫婦共働きのご夫妻が、家事にかけられる時間は少ない。

・家事のしやすい家
・掃除しやすい家
・子供の成長に適した家

施主からの内的要望から、以上をキーポイントとして考慮しながら、
施主ご家族と一緒にプランを調整し、自然素材の家造りをおこないました。

この住まいが、「ゆたかな暮らし」の一助になれば幸いです。

お施主様、ご家族様、
ありがとうございました。

投稿日時:2013年10月30日 10:13 この記事のページ

着工待ちの住まい。(水戸市内)

23-10-24 33.jpg
「おかえりなさいのいえ」

敷地の選定に苦慮されていましたが、確定し、
今日の午前中にお住まいのお打合せさせていただきました。
その後、現場にて解体工事の進行確認。

23-10-24 44.jpg
「そうさくのいえ」

プランはお打合せ済みで、
お見積りの調整中。
敷地は2つの道路に接する角地。
一方の道路の境界確定が未済なので急務。
年内には確認済証を受け取る段取り。

23-10-24 55.jpg
「仮称)千波町のいえ」

敷地は高台でして、いわゆる崖地です。
造成の専門家に設計を依頼して、崖対策案をいくつか提示。
お住まいのお打合せも進めているので、
年内位にまとめて、年明けに確認申請提出としたい。


上記案件は全て増税前の駆け込みではなく消費税は8%。
職人不足、価格高騰の現時点で5%の飴に夢中になり
メーカーの言いなりに進めて、知らぬところで職人を叩いて家造りを進めるのでなく、

ランニングコスト、ライフサイクルコスト、住宅ローン金利優遇等での
価格提案の方が健康的と考える。
すまいの給付金も活用したい。

23-10-24 66.jpg
「Sさんのいえ」
確認済証も取得したので、11月初旬に地鎮祭。

投稿日時:2013年10月24日 14:33 この記事のページ

外構工事。

23-10-23 6.jpg
先日見学会を行ないました「ぼくらのおうち」では
芝を張り始めました。

元々敷地に植えられていたクヌギの木。
移植したせいか、少し元気がなく感じるが、なんとか成長して欲しい。

この住まいは、
屋根も外壁も雨樋も金属であるガルバ材。
新たに設けたウッドフェンスやウッドデッキ、
お庭に植えられている木々や芝が、シンプルな素材の住いと調和します。

投稿日時:2013年10月22日 19:55 この記事のページ

外部工事。

各現場とも外装が露わになってきました。

23-10-04 2.jpg
「Smile-Home」

23-10-04 1.jpg
「ふつうのいえ」

2013-09-30 1.jpg
「ぼくらのおうち」
外構工事が進行しています。
デッキが造られ、今後はウッドフェンスを施工していきます。

2013-09-30 3.jpg
こちらが提案時のパース。
最終的には芝が張られます。

投稿日時:2013年10月 4日 12:48 この記事のページ

Sさんのいえ。契約。

2013-09-26 6.jpg

先程、「Sさんのいえ」の契約を締結致しました。
Sさん、今後ともよろしくお願いします。

投稿日時:2013年9月26日 20:56 この記事のページ

ぼくらのおうち。

2013-09-26 3.jpg
先日、お施主様達4名と私とで、床の塗装を行ないました。
塗料は自然塗料のOSMO社のもの。
参加人数が多かったのと、速乾タイプを使用したので、
1日で2回塗りができました。
皆様、お疲れ様でした。

2013-09-26 1.jpg

2013-09-26 2.jpg
「ぼくらのおうち」では、外構工事が進行中でして、
来月20日位に予約制での見学会を開催予定です。

投稿日時:2013年9月26日 18:15 この記事のページ

Smile-Home。

2013-09-26 5.jpg

smile-homeの現場では、
大空間のLDKの天井に仕上げとなるシナベニアが貼られました。

まだ木下地が見えていてゲンバゲンバしていますが、
空間全体の仕上がりとしては、プレーンな雰囲気に仕上げる予定。

投稿日時:2013年9月26日 18:07 この記事のページ

「ふつうのいえ」

2013-09-08 1.jpg

2013-09-12 1.jpg

「ふつうのいえ」のプランは、
1階はLDKが中心で、
お風呂や脱衣室、寝室は2階に配置されています。

快適に暮らす住いの基本は、
パブリックスペースとプライベートスペースを分けるコト。

お風呂や脱衣室、寝室等は、プライベートなエリア。
それに比べて対面キッチンもあるLDKは比較的パブリックなエリア。

2階建ての住まいでは、
プライベートな場所とパブリックな場所とを
階で分けた方が、片付けやすく暮らすことができると思う。

勿論、プランに正解はないけれど、「ふつうのいえ」の現場に来ると
そんな風に感じます。

投稿日時:2013年9月26日 18:00 この記事のページ

ふつうのいえ。

23-08-30 1.jpg
「ふつうのいえ」も盆明けからは大工さんが一人。
この大工さん、盆休みも返上で頑張ってくれていました。

現在は、石膏ボードを貼り始め、
家具にも少し手を出しているところ。

平積みされている材料が石膏ボード、厚さにもよりますが、
1枚が10kg以上あります。例えるなら2,3歳児の体重。。
そんな石膏ボードを1棟あたり150枚位使い、壁に貼ったり天井に貼ったりします。

23-08-30 2.jpg
写真手前は2階のホールというより、第2のリビング的なフリースペース。
写真奥は子供室。
LEGOも沢山広げられそう。

23-08-30 3.jpg
寝室は畳敷きの小上がり。
小上がり下部は引き出し収納。
写真左の造作はクローゼット。
天井には照明用のダクトレールが埋め込まれる。

投稿日時:2013年8月31日 00:24 この記事のページ

これも現場の仕事。

23-08-29 1.jpg
現場に営業用、SE工法ブランディング用のシートをはりました。
でも、職人さん達に不評なこのシート。。
「目立たね~。」とのこと。。
個人的には嫌いではないのですが、、

23-08-29 2.jpg
毎日現場を巡回する車はマイカーではあるのですが、
完全な業務用車。。

いろいろな道具が積んであります。
最近は草刈り機と鎌をよく使います。

車で移動中、
駆け込み需要の影響か、あちこちで工事現場を見かけます。
それらの現場での草刈りの状態をみて、
勝ったとか、負けたとか、、一人で一喜一憂しています。。

投稿日時:2013年8月30日 23:55 この記事のページ

Smile-Home。

23-08-27.jpg
「Smile-Home」の現場。
大工さんが一人なので進捗もそれなりですが、
暑い中、丁寧に工事を進めていただいています。

この住まいは4層からなるスキップフロア。
個性的な住まいに感じられるかもしれませんが、
スキップありきでの提案ではなく、
ご家族の住まいへの希望と周辺環境を考慮しての提案です。

敷地は、面積が50坪の真四角の分譲地。
住まいの外部との繋がり(開く閉じる)を意識して
ご設計させていただいています。


これだけの大空間でも
耐震等級3の長期優良住宅です。

投稿日時:2013年8月28日 22:37 この記事のページ

ぼくらのおうち 内装工事中。

23-08-26 1.jpg
来月には完成予定の「ぼくらのおうち」。
住まいの完成後には引き続き外構工事の予定。

23-08-26 2.jpg
室内では、珪藻土の施工中の左官屋さんが一服中。
職人さんの工事範囲は明日には終了するので、
今週末は施主施工範囲の作業となる。
メンテにも繋がるので施主が工事に参加するのは良いことだと思う。
お施主様、ご家族様頑張ってください!
写真左奥には今後ペレットストーブのSS-2が設置される。
色は赤。
個人的にも赤のストーブを置いていただきたかったので、
施主と意見が合うと嬉しい。

23-08-26 3.jpg
無垢の木を構造や仕上げにつかいつつもシンプルな内装に。
細部の納まりで見え方も変わってくるので
その辺りを注意して設計しました。

投稿日時:2013年8月27日 12:31 この記事のページ

「Smile-Home」祝上棟。

8月3日 Smile-Homeが上棟しました。
SE構法で建てる長期優良住宅です。

23-08-11 1.jpg
お昼はお施主様よりお弁当を差し入れしていただき現場にて皆で会食。

23-08-11 2.jpg
当日は屋根下地まで終了。
暑い中、、大工さん達お疲れ様でした。
私自身は先週1週間は風邪をこじらせふらふらでして、、
この日も情けない限り。。

23-08-11 3.jpg
SE構法のピンも家族皆で打ち込んでもらいました。


今日は11日。
上棟式から約1週間過ぎました。
お施主様と10時~3時まで詳細のお打合せ。
お疲れ様でした。

明日は躯体の自社検査。

アホな政策のあおりで、現場大工の常駐は1人。
それでも少しずつですが丁寧に現場は進行しています。

投稿日時:2013年8月11日 19:01 この記事のページ

昼寝。

23-08-11 001.jpg

8月10日。

午後1時前に現場へ行くと。
職人が倒れている??
否、食後の昼寝中。。

この日の水戸の最高気温は34.8℃。。連日35℃前後が続いています。
現場の体感的な暑さはより厳しいです、、

職人にしてみれば午後からの仕事へのリフレッシュ作業。
休憩時間の昼寝も大切な仕事です。

勿論、休憩明けの1時からはしっかり作業してもらいました。
それにしても暑い日々。頑張れ職人!


投稿日時:2013年8月11日 18:28 この記事のページ

ぼくらのおうちの外壁。

23-08-11 01.jpg
「ぼくらのおうち」の外壁はガルバのブラウン色。

サンハウスでは、ガルバの外壁は黒や白が主流ですが、
やわらかなブラウン色もキレイ。

破風部分は濃茶で今後塗装。
これは外構の板塀と色を揃える予定。

23-08-11 02.jpg

23-08-11 03.jpg
室内では内装工事中。
キッチン周囲の床はタイル。ホワイトのタイル。
こちらもとてもキレイ。

投稿日時:2013年8月11日 18:22 この記事のページ

「Smile-Home」土台敷き。

23-07-30 1.jpg
結局昨日の土台敷きは延期して、、
本日施工しました。

23-07-30 2.jpg
この住まいはSE構法。4寸の桧の集成材に
防蟻処理した土台。長期優良住宅の仕様。

23-07-30 3.jpg
床合板を敷き詰めて、最後に養生して本日の作業が終了。

今週末上棟予定。

投稿日時:2013年7月30日 22:15 この記事のページ

「ふつうのいえ」祝上棟。

今日7月28日は「ふつうのいえ」の上棟式!
建て方から2週間弱経っているので
現場は、多少家っぽくなっています。。

23-07-28 3.jpg
家族で記念撮影!

23-07-28 4.jpg
SE構法のピンを家族皆で打ち込みました!

23-07-28 5.jpg
2階上部ロフトで記念撮影。
2つの大きな天窓が採光はもちろん、通風排熱に便利。

23-07-28 6.jpg
この時期の現場はSE構法らしさが分かりやすい。
明日はAPW330が搬入される。

23-07-28 7.jpg
上棟式後は簡単に現場打合せ。
とは言っても、、あっという間に3時間弱のお打合せ。。
主に電設や照明のお打合せ。お疲れ様でした。

この住まいは床にナラ(オーク)材を採用するので、
サンプルを用意。ナラといってもグレードが沢山あり、
施主と一緒に選んだのが節や色斑のない巾広材。1番高い奴。。
最終的には塗装を施すのでサンプルより落ち着いた風合いになります。
何故か現場にあったミニカーで傷のつき具合も確認。。


お施主様、ご家族様本日はおめでとうございます。
また、急なお打合せもありがとうございました。

明日以降も現場は少しずつ進行していきますので
どうぞ沢山現場に通って家造りを楽しんでください。
よろしくお願いします!

投稿日時:2013年7月28日 21:38 この記事のページ

「Smile-Home」

戻り梅雨というのでしょうか、
天気が安定しないので職人や材料の手配も2転3転4転・・・

明日から土台敷きを予定している「Smile-Home」。
なので今日の午後からは、
基礎の清掃と専用の掃除機で溜まった水の除去に。

23-07-28 1.jpg
清掃前

23-07-28 2.jpg
清掃後

15時の予報では明日は曇りノチ晴れ。
現在21時半時点の予報では明日は雨。。
お昼の予報とまた違っている。。

それでも万が一を期待して準備だけはしておいたが。。
1日の中で、朝昼夕夜と天気予報が全て変わる。。
直前まで予報できないらしい。
21時半時点で明日の水戸は雨。。また延期かな・・

疲れた、、明日も早いので今日は帰ろう・・。

投稿日時:2013年7月28日 21:33 この記事のページ

「ふつうのいえ」建て方。

23-07-16 1.jpg
7月16日。
今日は「ふつうのいえ」の建て方工事でした。
この住まいは、SE構法で建てる長期優良住宅です。

構造計算を実施している住まいで耐震等級は最高の等級3。
それでも一般木造と比較すると柱の数が少なく大空間が得られる。
部材が少ないと建て方も早く、今日は屋根下地まで終了。

23-07-16 2.jpg
朝から熱心に建て方を見学されていた施主ご夫妻。
大工さんが休憩中には、折角なので現場へも入っていただきました。
お施主様、現場への差し入れ等、ありがとうございました。

23-07-16 3.jpg
大工さんも暑い中お疲れ様でした。

23-07-16 4.jpg

23-07-16 5.jpg

23-07-16 6.jpg

23-07-16 7.jpg

投稿日時:2013年7月17日 09:03 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」竣工写真①。

今日は、引渡し前の掃除をしてきました。
午後からは床の塗装。。セルフビルドの契約でしたので
塗りかたの説明だけして帰るつもりが・・・
ケーキも食べちゃったし、、、自家栽培の立派な夏野菜もいただいたし、、
その分だけ・・お手伝い。。

塗装前ですが、竣工写真として以下を撮影。

23-07-22 2.jpg
キッチンは製作。シンクと食洗機を埋め込みアイランド型としました。
施主と諸々検討もしましたが、それが全て実現できるコトが製作キッチンの長所。

23-07-15 1.jpg
大気が不安定とのことで今日は晴れたり曇ったり降ったり・・・
おかげで様々な雰囲気の写真が撮れました。

23-07-22 3.jpg
薪ストーブの場所は、床を少し下げて土間仕上げ。
ストーブの機種は、新型のアンコール

23-07-22 4.jpg
この時期に石油ファンヒータ等が部屋に置かれていたら
体感温度が上がりそうですが、、
薪ストーブのある空間からは、凛とした独特の空気感が感じられます。

23-07-22 5.jpg
洗面脱衣室としないで脱衣室とは分けた造作の洗面コーナー。
施主との打合せでカウンターは少し高めに製作。
鏡は左右にスライドできます。背面の壁はモイスで湿度調整。
タオル掛けはサイズを特注して
鉄にオイルワックス仕上で¥3800。送料が¥1050・・・。

23-07-22 6.jpg
洗面コーナー奥のトイレ(タカラスタンダード)。
便器が全周フチ無形状で清掃性が良さそう。
腰壁に貼ったホワイトのホウロウも清掃性抜群。

最近のトイレの上位機種は節水型ですし
お客様に好きなモノを選んでいただいています。

「ホッと☆ハウス」はトイレだけでなく、
お風呂もエコキュートもタカラ社の商品。

こういった機器や既製品の商品の故障や不具合は、
メーカー対応になることが多い。
特に大きな拘りがなければ1社にまとめておくと
電話1本(1社)で全てが解決する。と震災直後に感じました。


投稿日時:2013年7月15日 21:55 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」竣工写真②。

23-07-09 4.jpg
2階の子供室から家族のワークスペースを撮影。
お子さんは3人。子供室は将来分けるカタチ。
取り合えず梁にブランコを。。

23-07-22 7.jpg
家族のワークスペース。
2階なので出しっ放しで
お絵描き、編み物、プラモデル製作、グローブの手入れ、少しお勉強・・
何でも好きに使ってくれ。。

23-07-22 8.jpg
そうは言っても、収納も大切・・なので引出し付き。
背面の白い腰壁はホワイトボードの様なモノ。
マグネットも付くので色々貼り付けて欲しい。

23-07-09 7.jpg
最近は教科書もA4サイズが使われてきたようなので、
それらがスッキリ収納できるような本棚を足元に設置。

23-07-09 8.jpg
明日はお引渡し。

お施主様、ご家族様、諸々お世話になりました。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年7月15日 21:32 この記事のページ

SE金物。

23-07-13 02.jpg
今日は「ふつうのいえ」のSE金物を設置。
木造住宅には金物工法と呼ばれている工法は沢山ありますが、
殆どの工法はプレカット工場で金物が設置されてくるので、
トラックで現場に運ばれてくる際に、
構造材や金物どうしがブツカリ各々に傷がつく。

SE構法は基本的には現場にて大工が金物を取り付ける。
手間はくうが、効率以上に品質が大切。

現場的には、
安全→品質→効率の順が基本。

お昼休みに勉強に来た他現場の大工さんもSE金物にビックリしてました。
「○○○(他社)や△△△(他社)の金物工法は・・・。」
大工さんだけでなく、
職人さんは全般的に専属で1社の仕事しかしないというわけでなく、
様々な住宅会社、設計事務所、ハウスメーカ-での
現場経験があるだけに造り手の立場からの意見を持っている。
この意見こそが住み手に聞いてもらいたい本音でもあるのですが・・・

Q SE構法は 他の金物工法とどこがちがうの?←外部サイトへ。


23-07-13 03.jpg
ゾウさん??新しくなったSE金物は何だか可愛らしい。。

23-07-13 04.jpg
顔の様にみえませんか??

投稿日時:2013年7月13日 19:36 この記事のページ

上棟。

23-07-13 01.jpg

本日Y様貸家が2棟同時に上棟しました。
お祝の品々を沢山頂きまして恐縮です。

今後少しずつ現場が進行していきます。
賃貸物件となりますが、
建築の法律的には、貸家も戸建ての住宅扱い。
いつも通りしっかり施工していきたいと思います。

お施主様、
今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年7月13日 19:33 この記事のページ

「ふつうのいえ」土台敷き。

23-07-12 1.jpg
今日から現場には大工さんが入り土台敷き。

23-07-12 2.jpg
断熱材も敷き込みます。

23-07-12 3.jpg
養生して本日の作業終了。
明日は、SE金物の取付けへと進行します。

投稿日時:2013年7月12日 23:45 この記事のページ

「Smile-Home」

23-07-11.jpg
基礎工事が略完了しました。

「Smile-Home」はSE構法で建築します。
8月初旬に上棟予定。

今以上に暑くなるんだろうなぁ・・・


投稿日時:2013年7月12日 23:43 この記事のページ

「ぼくらのおうち」

23-07-11 3.jpg
「ぼくらのおうち」のLDKは勾配天井。
仕上げは、無垢の木を貼っていきます。

写真で見ると高所作業と言うほどではないかもしれませんが、
実際に足場に載ってみるとかなり神経をつかう。
2人の大工さんで1枚1枚丁寧に施工。

23-07-11 2.jpg
貼り終えた感じがこんな雰囲気。
とてもキレイ。

床は国産杉板で貼られいて、壁は自然素材の珪藻土を予定している。
さて、天井をどの程度濃く塗装すべきか・・・

23-07-11 5.jpg
検討材料として、一つ上の写真に
床の杉板と壁の珪藻土の素材をを貼りつけた合成写真を作成。
天井のイメージはクリア(透明)のオイルフィニッシュで
木材の塗料吸いこみ分程度の重みを出すように調整。

ペレットストーブ、照明器具、家具、
ファブリック等で差し色は幾らでも調整できるので
天井は低コントラストとして、
LDK全体としては包容力を持たせたプレーンな感じでも良さそう。

23-07-11 4.jpg
キッチンカウンターやテレビ台も造作され
大工工事も後少しで終了です。
来週からはガルバの外壁が施工される。


投稿日時:2013年7月11日 23:10 この記事のページ

7月10日。

23-07-10 1.jpg
「Y様貸家」
2棟現場です。今日から土台敷き、13日に2棟とも上棟予定。
この現場は、はじめてお仕事をお願いする大工さん。
名刺には2級建築士とある。
大工さんで建築士免許を取得している方は少ない。
期待値が高い!

23-07-10 2.jpg
「ふつうのいえ」
昨日、構造材の搬入。
現場で立ち会い、建て方がスムーズに進行できるように
部材の置き位置や順序を指示。

23-07-10 3.jpg
搬入された耐力壁用の構造用合板。
構造用合板は1級と2級とがあり、一般的に出回っているのは2級。
SE構法ではより性能の高い1級を採用している。

釘を打ち込む位置にマークが記されているので施工する大工も監理する私も楽。
楽をしたいという訳ではなく、、SE構法は失敗なくできるよう考えられている。

23-07-10 4.jpg
本日朝から防蟻処理工事。

23-07-10 5.jpg
現場を一旦離れて、

所用で不動産会社や他の現場を廻り、
再度ふつうのいえの現場に。

この晴天で散布した薬剤も乾いていたが
夕立を恐れ一応養生。
週末に土台敷き、来週建て方。

投稿日時:2013年7月10日 23:48 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」

23-07-09 1.jpg
昨日クリーニングしていただき、
今日はダイニングテーブルも搬入され、完了検査も終え
もう少しで完成。

構造材は国産の杉材ですが、床はラーチを採用。
針葉樹の中では硬さもあり、経年変化では独特の艶っぽさが感じられる。
壁は自然素材の珪藻土中心に1部モイスなどを使用。

23-07-09 2.jpg
薪ストーブが設置されることもあり、
南面は窓を大きく取り、外部環境を積極的取り込みました。

大きく軒が出ているので夏の日射対策は万全。
一方、深い軒の影響で室内が重たくならないようにと
高さや水平ラインを意識して設計したり、

屋根下地となる化粧垂木を室内~室外まで通して現すことで
感覚的に室内外の境界を曖昧にしてみたり。

23-07-09 3.jpg
14日に開催されます「ホッと☆ハウス」完成見学会のご予約状況ですが、
午後2時~、午後3時~に空きがありますので、
ご都合がよろしければ是非ご予約ください。

投稿日時:2013年7月10日 07:12 この記事のページ

7月2日。

23-07-02 1.jpg
「ホッと☆ハウス」
LDKと繋がるデッキも国産材、ウッドロングエコを塗装。
腰掛けもつくりました。

23-07-02 2.jpg
「ぼくらのおうち」
天井は今後無垢板が施工されて、
シンプルな空間が引き締まると思います。

23-07-02 3.jpg
「D邸」
今後床材を施工。

23-07-02 4.jpg
「ふつうのいえ」
基礎が完成し、先行して外部配管を施工。

23-07-02 5.jpg
「Smile-Home」
コンクリート打設。
養生に使っているカラフルなのは100均の布団ばさみ。。

投稿日時:2013年7月 2日 23:41 この記事のページ

SE構法で建てる長期優良住宅。

13-06-28 1.jpg
「ふつうのいえ」
基礎工事が終了しました。7月上棟。

13-06-28 2.jpg
「Smile-Home」
鉄筋の検査も問題なく終わり。8月上棟。


2棟共にSE構法で建てる長期優良住宅です。
性能表示制度でいう最高等級3の強度を持つ住まいです。

投稿日時:2013年6月30日 12:37 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」。

23-06-27 1.jpg
外壁はガルバと無垢の杉板の仕様。
画像では黒のガルバにみえますが濃茶。
屋根は壁より明るい茶色のガルバ。
杉板は、後々施主自身がメンテしやすいように手の届く範囲のみに採用。

総2階+下屋のシンプルでシンメトリーな外形。
敷地や、周囲に馴染むように高さを抑えたり、
外壁の素材やお色を施主と一緒に選択し
モダンな雰囲気になり過ぎないよう考慮しました。

23-06-27 3.jpg
内部では自然素材珪藻土の塗壁工事。

23-06-27 2.jpg
ワークスペースには新築記念にご家族の手形。


「ホッと☆ハウス」では、
7月中旬(多分14日・・)に見学会を開催予定(完全予約制)です。
詳細が確定しましたらこのブログで発表させていただきます。

投稿日時:2013年6月27日 23:31 この記事のページ

自然素材系断熱材。

13-06-22 01.jpg
「ぼくらのおうち」の僕が
真新しい室内履き(現場用)でおうちのチェック。

13-06-06 1.jpg
この住まいの断熱材には施主の想いから羊毛断熱材を採用。
自然素材系の断熱材。
13-06-22 02.jpg
床も壁も天井も。

13-06-06 2.jpg
建材らしからぬふわふわ感。。

この断熱材に囲まれて毎日作業している大工さんからも性能的に好評。

投稿日時:2013年6月22日 19:07 この記事のページ

6月19日。

2013-06-20.jpg

「Smile-Home」の工事が始まりました。
設計GL等の確認後、基礎業者さんが丁張作業。

水杭の間隔、水貫の高さ、筋違貫の位置、等等・・
全てが教科書通りの堅い仕事施工なので監理する私も安心。

投稿日時:2013年6月20日 01:15 この記事のページ

「Smile-Home」地鎮祭。

13-06-09 2.jpg

「SmileHome」が地鎮祭をむかえました。
この住まいもSE構法で建てる長期優良住宅

今後、詳細な打合せへと進み、選択選択・・・の連続で
決めることが沢~山ありますが、迷ったら全てお任せください。。
どうぞ、家造りを楽しんでください。
一緒に笑顔あふれる素敵な住まいにしましょう!


投稿日時:2013年6月 9日 22:04 この記事のページ

6月7日。

今日は各現場の確認、打合せに行ってきました。
13-06-07 1.jpg
「ぼくらのおうち」
杉の床板を施工中。
木材利用ポイント対象物件。

13-06-07 2.jpg
「ふつうのいえ」
SE構法で建てる長期優良住宅。
ニョキっと立ちあがっているのはM20のアンカー。

13-06-07 3.jpg
「ホッと☆ハウス」
造作工事が終了し、電気の配線直し立会い。
キッチンが造作なので現場で微調整。

13-06-07 4.jpg
「D様邸新築工事」
筋交いや金物の取付け中。

13-06-07 5.jpg
「Smile-Home」
週末の地鎮祭に向けて地縄確認。
明日は草を刈らないと・・・

サンハウスは、
社長、私、設計補助、事務の4人からなる小さな会社。

表だって出てくるのは私ですが、
4人個々の能力・頑張りで仕事が廻っている。

当り前のことなのですが、
こうも忙しくなってくるとスタッフ皆に感謝せずにはいられない。

投稿日時:2013年6月 7日 23:02 この記事のページ

6月5日。

水曜日は定休日なのですが、、
なかなか上手に休みがとれない。。
13-06-05 2.jpg
午前中、「ふつうのいえ」の着工立会い。
基礎業者さんと、位置や高さの確認、SE構法の注意点、工程の再確認等。

この敷地は、数区画のミニ分譲地。
手前の道路は市道ですが、それと直行する道路は私道。
要は他人様の土地です。

売主である土地の販売業者の社長さんにも立ちあっていただき、
私道に入らない旨の説明とバリケード設置の許可を頂く。

又、建て方時等の工事車両の多い期間の
臨時駐車場を現場近所にご紹介いただきました。
社長様、ご協力ありがとうございました。

13-06-05 3.jpg
「ふつうのいえ」で使用する金物。
基礎と躯体とを連結する目的のアンカーボルト。
一般木造のホールダウン用アンカーボルトΦ16mm程度に比較すると
SE構法のアンカーはΦ20とゴツイ・・これが23本も。。

阪神淡路大震災のときに命を落とされた方の
殆どの方が建物の倒壊が原因で亡くなられています。

直下型の地震では柱脚に強い引き抜きの力が掛かりますので、
アンカーボルトはとても大切。
一方、むやみに設置してもダメで、
構造計算を基に根拠を持たせて配置する。

【SE構法Q&A】

13-06-05 1.jpg
夕方6時からは、嫁さんと2人で県民文化センターへ
辻井信行さんの演奏を聴きに行ってきました。
辻井さんの意向での被災地中心の追加公演とのことで、
茨城にも来ていただいたことに感動。

偶然にも会場で2組のお客様達とお会いする。
私がピアノを聴きに来たことに驚いていたと思う。。

私は音楽の事はよく分からない、、
アンコール前の最後の曲は、
小学生の頃、給食の時間に流れていた曲だと想い出す。

それでも、
アンコール数曲の中で演奏してくれた、
震災直後に創ったというの曲の演奏からは、
こみ上げてくるものがあり、音楽の力を感じました。

投稿日時:2013年6月 6日 18:46 この記事のページ

D様邸上棟。

13-06-04 1.jpg

本日は、
D様邸新築工事の建て方、上棟式でした。

お施主様、ご家族様本日はおめでとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。
大工さん達もお疲れ様でした。

上棟式後、大工さんは再び作業開始。

晴れているとはいえ、梅雨時期なので
進められるだけ進めておく。
夕方には、垂木、野地板等の屋根下地の施工まで終了。

投稿日時:2013年6月 4日 20:04 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」

13-06-03 1.jpg
外壁の1部は杉板貼り。

出雲の杉板。
半年程の天日乾燥の後、人工乾燥を行なった乾燥材。
無垢の木の施工後の狂い、虫食いやカビの発生、強度は含水率が大きく影響する。
杉は写真の様な赤味の方が腐りにくく、強度がよりある。

13-06-03 2.jpg
内部では、キッチンの製作中。
ご家族に合わせた、
世界に一つだけのオリジナルキッチン。

奥の壁側は調理器を設える。
カウンター下や吊戸の収納も充実。
建具で塞がれる収納内部はモイスで湿気対策

手前のアイランド部分は、シンクと作業台、
奥行きが90cmもあるので、
キッチンを囲み家族皆で楽しく料理に参加出来る。
自然にお手伝いが出来る筈。
この脇にダイニングテーブルが配置される。

共に今後、ステンレスのカウンターが設置される。

13-06-03 3.jpg
アイランドキッチン脇には、マガジンラックを造作。
新聞やレシピ本等を収納できる。

こういったものは、
雑貨店等でも洒落た物が充実しているが、
施主の希望は手作り感。余った材料で大工が製作。

勿論、こんなモノでも図面は描く。
描くには諸々と検討もする。
結果、遊び心や職人技を感じられる仕上がり。と自己満足。。


投稿日時:2013年6月 3日 23:32 この記事のページ

「ふつうのいえ」地鎮祭。

サンハウスでは、建築に先立ってご家族様に
「住まいの名付け」をお願いしています。
建築に愛着がもてるように、お打合せ時に迷った時の道標になるように。

本日地鎮祭を行ったこの住まいの名前は「ふつうのいえ」。
建築家がよくやる、狙った家や緊張感のある家でなく、、
もちろん、比較からくる普通でもなく、、

機能的にもデザイン的にも過不足の無い住まい。
ご家族の名付けた「ふつうのいえ」を、
お打合せを介してそんな風に理解して設計しています。

13-06-01 1.jpg

13-06-01 2.jpg

13-06-01 3.jpg

この住まいはSE構法で建てる長期優良住宅
久しぶりのSE構法なので現場も楽しみ。

ご家族様、
今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年6月 1日 23:25 この記事のページ

5月30日。

まだ5月なのに、、昨日梅雨入り。。
長期予報によると、
今年の6月は曇りや雨の日が多く、梅雨らしい梅雨になりそうとのこと。
今週末の上棟を予定しているD様邸の上棟も延期決定・・・

「ぼくらのおうち」
建て方~1週間。
筋交い、サッシも入り、外部の防水紙も貼り終わりました。
内部を濡らさないように工事が進んでいる。

13-05-30 1.jpg
天窓は電動で開閉できるので、
夏期の通風・排熱に便利。

天窓の下はキッチンになります。
この日の天気は雨でしたが、雨降りの日でも照明要らず。

13-05-30 2.jpg
こちらは2階ホールの窓。
住まい全体の窓はSAMOSⅡHを採用。
断熱性能も高いが、シンプルなフォルムも美しい。

投稿日時:2013年5月31日 11:21 この記事のページ

ぼくらのおうち上棟式。

13-05-26 1.jpg
5月26日。
本日は「ぼくらのおうち」の上棟式でした。

13-05-26 2.jpg 13-05-26 3.jpg
社長の祝詞に始まり、お子さんにも四隅を清めていただきました。

13-05-26 4.jpg
お施主様の希望もあり四方餅を撒いたり、

13-05-26 9.jpg 13-05-26 5.jpg
午後からは、施主家族や大工さんには屋根に上がっていただき
盛大にお菓子、お金、おもちゃ等を撒きました。

2013-05-26-11.jpg

13-05-26 6.jpg
サンハウスでは、通常簡易的な上棟式が殆どでして、
このように沢山の方々にお集まりいただく上棟式は新鮮。
ご家族の記憶にもしっかり残る1日になったと思います。

規模や形式は様々ですが、上棟式を行なうことで、施主も私共も
「建築のいよいよ感」がでてきて良いケジメになります。

因みに、優秀な工務店では祭祀用のオリジナルな法被を持っているが、
サンハウスにはそんなモノは無く、、急造の五色の法被というかハッピ。。
一応五色の吹き流しに合わせてみたが、
いかがわしい店の呼び込みみたいと好評。。

13-05-26 7.jpg 13-05-26 8.jpg
お施主様の準備(物や駐車場手配等)は大変だったでしょうが、
そのおかげで皆さん、段ボールや袋に沢山の祝いの品をお待ち帰りされていました。

めでたいコトを分かち合う場面ってそうそうないことなので、
機会を設けていただいたお施主様、ご家族様には感謝です。

本日はおめでとうございます。
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿日時:2013年5月26日 23:56 この記事のページ

「ぼくらのおうち」建て方。

13-05-21 3.jpg
一昨日予定していた建て方工事が雨で順延となり昨日実施。
上棟式は後日の予定。

お施主様、
お弁当や、お茶菓子等ありがとうございました。

昨日は、多少の風はありましたが、とても暑い一日、、
大工さんお疲れ様でした。

13-05-21 4.jpg
この時期の雨天を考慮してこの現場は根太工法。
床の下地や床下の断熱は、
外部が塞がり床下が乾燥してから施工する。
この住まいの断熱材は施主の希望もあり壁床天井ともウールブレス。

13-05-21 5.jpg
未来の施主が見守る中、建て方工事は無事に終了。

投稿日時:2013年5月22日 13:04 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

13-05-13 5.jpg
「ホッと☆ハウス」
外装工事が遅れている。
仕上がりは、ガルバと杉板の組合せとなる。

13-05-21 1.jpg
内部では、造作工事中。

13-05-21 2.jpg
2階のホールは、ご家族皆のワークスペース。


大きなカウンターの下部には細々したモノが片付くように
引出し収納が今後の工事で設置されます。
その下は、本棚やプリンター等の機器のスペース。

動線の途中といいますか、
ホールや廊下のような家族の共用のスペースに、
少しゆとりや遊びを付加すると楽しい場所になると思います。

投稿日時:2013年5月22日 13:01 この記事のページ

4月29日。

13-04-29 1.jpg
午前中、サンハウスで「ぼくらのおうち」のご家族様とお打合せ。
詳細の大枠が決定してきた感じ。

打合せ後現場へ進行確認へ。鉄筋工事の粗方が終了しており、
予定通り明日検査。来月の上棟へ向けて進行中。

市報に載るくらいの素敵な敷地。。
通学路でもあるので安全への意識を徹底したい。


13-04-29 2.jpg
その後、「ふつうのいえ」の敷地へ。
この時期は伸びる伸びる雑草が・・。
6月の着工へ向けて、長期優良住宅の申請準備中。

13-04-29 3.jpg
そして「ホッと☆ハウス」。
大工さんが造作工事を進めています。
写真は玄関クローク。板張りの壁仕上げ。
サッカーボールやコートフック等が好きに設けられ便利。
多少の汚れも雑巾で手軽に清掃できるのもメリット。
玄関入ったら木の香り。そんな効果にも期待。

13-04-29 5.jpg
「D様邸」
基礎工事も終盤、来月の上棟予定。

13-04-29 4.jpg
「House-Cozy」
3時頃から、
明日の引き渡しへ向けて諸々ダメ工事に。
植えた当初はなかったアオハダの新緑が日に日に育っている。
大きなデッキが羨ましい。BBQとかとても憧れる。。

この住まいもそうですが、
デッキ等の外部で食事する為には、キッチンがデッキ近くにあるコトが理想。

大きなデッキには水道もあるので、
これからの時期、子供用プールにも良い。

程良く囲われた外部スペースなので、天体観測にも良いかも。

などと、、空想してばかりで工事が進まない。。

投稿日時:2013年4月30日 00:38 この記事のページ

ぼくらのおうち着工。

13-04-12 1.jpg
先週末、いよいよ着工しました。
とはいっても遣り方のみで本格的には来週初旬から動き出す。
今月中には配筋検査まで行ないたい。

備忘録として、
施主にコンクリート打設日を伝える。
お子様がミキサー車見学をご希望。

投稿日時:2013年4月16日 01:55 この記事のページ

House-Cozy。

13-04-15 1.jpg
週末、施主と探したアオハダが植えられ、
無垢の杉床にはご家族皆で塗装を施しました。

写真右奥のダイニング側はガッツリと陽が入るが、
リビング側は大きな庇が出ているので建築的に遮熱できている。
なので、ブラインドを閉じないでアオハダを楽しめる。

夏季の日射遮蔽方法と、冬季の日射からの採熱方法は
建築的に相反するけれど、建築的工夫やブラインドやオーニング等で
調整しながら、上手に外部と繋がるような住まいがサンハウスの住まい。
機械に頼り過ぎない暮らしを理想としています。

13-04-15 2.jpg
キッチンの隣にはダイニングテーブル設置されました。
フルオープンのサッシを開けると、
外部と繋がりとても心地良いです。

13-04-15 3.jpg
リビングに併設された和室。
床を少し上げていますのでベンチとしても丁度良い感じ。

13-04-15 4.jpg
広い和室ではないので押入は吊押入れとして、扉はスッキリと開き戸。
布団等の毎日の出し入れを考慮すると引違い戸の方が便利ですが、
この住まいの和室はリビングの延長という考え方。
和室床の高さを活用した大きな引出収納もお子さんのおもちゃ入れに重宝。

リビングにはソファも設置されるが、
私見ですが、3人掛けのソファに常に
きちんと家族3人が座るわけなく、、
誰か1人が横になり占領してしまうので、、(我が家では私が)
こういった和室がリビング脇にあると便利。寝転がってTVがみれたり、
小さなお子さんの昼寝場所にもなる。

オシドリ家族にも憧れるけれど、、
気配を感じつつ、程々の距離感で繋がる家族関係が心地良い時期もあると思う。

HouseCozyでは、
和室、リビング、ダイニング、キッチン、PCスペース等に
その時々にそれぞれの居場所を設けた設計となっています。

投稿日時:2013年4月16日 01:29 この記事のページ

エアコン取付け。

13-04-10 4.jpg
House-Cozyのエアコンの設置工事に立会いました。
お客様の選択した商品は、R32で突出しているダイキン社製。

最近の高効率エアコンには、
自動お掃除機能付きが増えたので、高い位置への設置も可。
但し、自動でお掃除したゴミを溜めておく場所の清掃は必要。
それでも1シーズン1回も掃除すれば十分。

住いの冷房はエアコンが主流ですが、暖房の面でも
光熱費、CO2排出量が少なくて済むのはエアコン。
(高効率エアコン)

光熱費的に高いのは、
電気床暖房>温水式床暖房>蓄熱暖房、都市ガスファンヒーター
>灯油ファンヒーター>高効率エアコン

CO2排出量が高いのは、
電気床暖房、蓄熱暖房>灯油ファンヒーター
>温水式床暖房>都市ガスファンヒーター>高効率エアコン

でも、快適性は床暖や蓄熱暖房、それに薪ストーブが優位。。


13-04-10 1.jpg 13-04010 2.jpg

設置場所が高いと取付けも大変そう。

投稿日時:2013年4月11日 19:35 この記事のページ

4月9日。

13-04-09 1.jpg
今日は朝から「D様邸」の現場確認。
来週初旬に鉄筋検査。

この住まいは建て替え。
新居完成までの仮住まいもサンハウスで斡旋。

その後、
「仮称)S様邸」のお施主様と銀行にて住宅ローンの打合せ。

火災保険の見積も行員さんにしていただいたけれど、
火災+地震+水災+家財の25年で100万超え。。
当然、他プラン、他社の保険の検討も必要。
地震保険は今後更に高騰するので悩ましい、、


一旦事務所へ戻り、週末に使う「House-Cozy」の
床塗料関係の発注を済ませる。
OSMOで揃えて¥69543。明日の昼着。

13-04-09 2.jpg
その後、「House-Cozy」の現場へ。鉄骨業者さんと手摺の取付け。
私が手伝うことで若干ですが・・費用を抑えられる取り決め。。
鉄骨手摺は今後、塗装屋さんがブラックで塗装する。

13-04-09 3.jpg
夕方から、「ホッと☆ハウス」の現場でお客様との打合せ。
写真は2階の杉床。1階には松のフローリングを貼る。

13-04-09 4.jpg
その後、もう1度「House-Cozy」の現場へ雑仕事に。
電気も入り、明日はクリーニング。
引渡しまで後少し。

投稿日時:2013年4月10日 01:11 この記事のページ

ぼくらのおうち。

13-04-07.jpg
「ぼくらのおうち」

サンハウスでは、建築されるご家族に
住いの名付けをお願いしています。

少しでも家造りに参加していただきたく、
家造りが進行する中で、迷った時の道標となるように。
又、愛着がもてる家造りになりことを願って。


先週末、久しぶりにお打合せさせていただいた「ぼくらのおうち」。
実施図面をどっさりとお渡しさせていただきました。
図面を基に少しずつ具体化されていきます。

地盤調査の結果も問題なく、
許認可も下りていますので、
いよいよ週末着工、5月中旬から下旬に上棟。

太陽光ではなく太陽熱利用の給湯システムや
ペレットストーブを搭載。敷地内には井戸も。

1種類のエネルギーに頼らない、
ある意味バランスの良い住いです。


投稿日時:2013年4月 9日 07:16 この記事のページ

「Smile-Home」契約。

本日、「Smile-Home」の建築契約でした。
お施主様、ご家族様今後ともよろしくお願い致します。

順次の建築にはなりますが、
増税の影響、サンハウスのキャパの問題もあり、
お引渡しは年末。。


以下、ご家族がそれぞれに作った模型の写真です。

13-04-06 s1.jpg
奥様の造った模型。

お打合せ当初は1階にLDKを配置するプランがご家族の希望でしたが、
Be living houseの見学後、ご家族は2階リビングに魅せられて、、、
私からの最終提案は、周辺環境等の立地を生かした1,2階LDK折中案に。。

写真右は2階リビング案の模型で、写真左は最終案の模型。
プランを基に奥様の方で製作。

13-04-06s2.jpg
こちらはご主人製作の最終案。

13-04-06s3.jpg
こちらはお子さんが製作した数十年後のリフォーム案??

投稿日時:2013年4月 6日 20:56 この記事のページ

4月5日。

13-04-05 1.jpg
「ホッと☆ハウス」
土日の天気が大荒れの予報。

足場のシートはメッシュタイプですが、
強風時には帆のようになり、強く足場を引張り危険です。

念の為にシートをたたんできました。

13-04-05 2.jpg
「HouseCozy」
こちらは土曜日の朝一で足場解体予定。

日曜日に予定されていたLDKのエアコンの設置は
後日に変更となりました。


投稿日時:2013年4月 6日 20:47 この記事のページ

塗装。

13-04-04 1.jpg
雨が降ったり止んだりでなかなか塗れませんでしたが、
製図の合間にHouse-Cozyで使用する格子材に塗装をしました。

ウエスタンレッドシダー(米杉)という木。
デッキ材ではポピュラーな材種で、
比較的安価で加工しやすい。

ポピュラーとは言っても、
米杉にもいろいろあり、、あるのです。。

今回の材料は、
乾燥材。
1m以内に直径2cm以上の(離れ節)が3個までとする。
材の表裏どちらか一面において、角部分の丸みや欠けのないものとする。
等々・・
こんな米杉はポピュラーとは言えないかもしれない・・。

13-04-04 2.jpg
丁度30枚。1回目の塗装が終了。

週末の天気が悪そうなので、
来週2度塗りをする予定。


投稿日時:2013年4月 4日 22:29 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」。

13-04-01.jpg
本日、現場にてお施主様とのお打合せ。
照明計画を中心に電気工事の大枠を説明する。

写真中央の太いモノは24cm角の柱。
絞り丸太が似合う空間でもないので、
あえて、角柱での提案。

13-04-01 2.jpg
外では板金職人さんが工事中。
ガルバの屋根も粗方葺きあがる。色はワイン。
細かな役物等は、明日の天気が悪そうなので
後工事にしてもらう。

投稿日時:2013年4月 1日 23:56 この記事のページ

3月31日(PM)。

sakura03-31.jpg
仮称)K-K様邸。

お客様には大変お待たせ致しましたが、
新しいお住まいのご提案をさせていただきました。

模型もお持ち帰り頂きました。
壊す位にいじり回してくだされば本望です。

じっくりご検討ください。


投稿日時:2013年3月31日 19:03 この記事のページ

3月31日(AM)。

pre03-.jpg
本日お打合せさせていただきました「Smile-Home」。
SE構法で建てる長期優良住宅です。

お隣の住まいもサンハウスで設計施工した住まいなので、
お互いの住まいの配慮がしやすい。

お施主様、ご家族様、
今後、細かなお打合せが続きますが、
どうぞよろしくお願い致します。

投稿日時:2013年3月31日 19:00 この記事のページ

シンボルツリーを探しに。

cozy03-26.jpg
「House-Cozy」の内観パースです。

cozy 03-26-2.jpg
こちらは実際の現場写真。

住まいの敷地は、利便性の良い大通りに面しています。

人や車の視線や騒音から暮らしを守るコト。
一方、大通りである南面道路を生かした明るい住いを目指し、
光や風を遮ることなく、
囲いつつも外部環境を取り込む住いとして設計しています。

少し前になりますが、ご家族とシンボルツリーを求めて
出掛けてきました。

cozy-tree 2.jpg
この時期、お目当てのアオハダに緑は無く、
樹形で想像しつつ探しました。

cozy-tree 1.jpg
ご家族と選んだのがコチラ。
5mを超える大きめのアオハダです。

「House-Cozy」の玄関から、寝室から、LDKから臨めるこのアオハダは、
季節によりその表情を楽しめ、夏は日射対策に、冬は落葉し、
室内への採光採熱に期待できます。

※「House-Cozy」は4月下旬に、予約制で見学会を開催します。
多分・・このアオハダの植樹も終了していると思いますので、
お楽しみに!

投稿日時:2013年3月27日 00:06 この記事のページ

仮称)Y邸。

昨日お打合せさせていただきましたY邸。
SE構法で建てる長期優良住宅です。

Y様との出会いから1年ちょっと、
土地選定段階からのお付き合い。
少しずつ着実に進行しています。

y-tei 03-23 1.jpg
素足の人物データが無い為、お父さんは土足。。

y-tei 03-23-2.jpg
打合せ日当日、1時間位の突貫工事で作った模型・・
少しでも雰囲気をつかんでいただければ。

投稿日時:2013年3月24日 22:23 この記事のページ

3月21日。

今日は、
08年に建築させていただいたお客様宅へ訪問。
サンルームの増設のご相談を受け、
現調させていただき後日提案に。

花粉の多いこの時期、
サンルームがあれば便利。

一昨日から、、私も花粉症・・。

hot 03-21 1.jpg
その後、「ホッと☆ハウス」の現場へ。

大工さんと窓廻り、納まりの大枠の打合せ。

この住まいは垂木構造にしました。
無垢の木を現しにしているけれど、
垂木のラインで空間がシャープな表情に。

cozy 03-21 1.jpg
その後、「House-Cozy」の現場へ。

この住まいは2階リビング。
大通り沿いの立地なので、囲いつつも外部との繋がりは確保。

来月、予約制で見学会を開催致します。

03-21 hitachi.jpg
その後、配管の詰まり解消のご依頼をいただいているお客様宅へ。
築40年位の住い。新しい配管ルートをご説明する。
来週月曜日施工。

帰社後、
事務ゴトをこなしていると新しいお客様がご来社。
お客様と話をしていると、住いへの夢が伝わり、
こちらが幸せになる。

投稿日時:2013年3月22日 00:06 この記事のページ

ホッと☆ハウス上棟。

j-h1.jpg
先日、「ホッと☆ハウス」が上棟しました。
お施主様、ご家族様おめでとうございます!

完成に向けて、皆で頑張りますので
よろしくお願い致します。

昼食、お土産までお気遣いありがとうございます。

j-h2.jpg
簡素的ですが、ケジメとして上棟式を行ない、
餅もまき、施主、職人、サンハウスとで乾杯!

サンハウスからはいつもの上棟酒、
私からはアイスワインを献上。

可愛い盛りのお子さんが3人いて、
毎日が大変だと思いますが、
さっさと寝てもらい、、
ご夫妻だけの時間にキンキンに冷やして
お召し上がりください。

Stoveでも眺めながら・・

投稿日時:2013年3月14日 14:14 この記事のページ

mokei 対決。

先週末お打合せさせていただいた「Smile-Home」。

ss-01.jpg
こちらは提案用のサンハウスで用意した模型。

ss-02.jpg
こちらは施主の奥さんのお手製。
1階と2階が分かれるのでイメージしやすい。

サンハウスが模型を造る目的の一つは、
施主との相互理解を図るため。

車や建て売り住宅、マンション等は、
見た物を購入するが、

サンハウスでの家造りは施主との共築が基本。
一緒に考え、学んで、導くのがサンハウスの進め方。

お施主様、ご家族様、一緒に頑張りましょう!

投稿日時:2013年3月14日 14:08 この記事のページ

3月7日。現場廻り。

1303-07 1.jpg
「House-Cozy」
鉄骨造作工事中。4月末お引渡し。

1303-07 2.jpg
「ホッと☆ハウス」
来週上棟。

1303-07 3.jpg
「笠原町D邸」
解体終了。月末基礎工事スタート。

201303-07 4.jpg
「ぼくらのおうち」
43条許可済、今後確認申請。4月基礎工事スタート。

投稿日時:2013年3月 8日 23:43 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

201303-05.jpg

土台敷きも順調に進行中。

投稿日時:2013年3月 5日 17:27 この記事のページ

House-Cozy。

2013003-04.jpg

造作工事も略完了しまして、
内装工事へ進行します。

お施主様のご厚意で
4月には見学会開催の運びへ。
感謝感謝です!

完成に向けて頑張ります!

投稿日時:2013年3月 4日 22:43 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

hot 03-02 1.jpg
月曜日に土台敷きを予定しているホッと☆ハウス。
昨日は夜からまとまった雨が降った。

基礎が雨でプールになっていないか心配でしたが
思った程でなく一安心。(上記写真)

hot 03-02 3.jpg
残っていた雨水を現場用の掃除機で除水。
掃除機のタンクは20ℓの容量。
これを10杯位。

サンハウスでは床下を屋外空間として設計しています。
なので、そのうち乾くといえばその通りなのですが、、

hot 03-02 2.jpg
一通りの除水後は、ほぼ乾いた状態に。
明日も天気が良さそうなので、
安心して月曜からの土台敷きをむかえられる。

hot03-02 4.jpg
構造材や小部材の搬入も終わり、
いよいよ木工事スタート!

投稿日時:2013年3月 2日 23:52 この記事のページ

ぼくらのおうち 地鎮祭。

h-boku 01.jpg

本日、「春一番」が吹く中での地鎮祭。

式の最中は、施主からカメラを預かり、
カメラマンに徹することが多いが、
今日は初のビデオ撮影の大役を授かる。。

カメラの場合は、場の雰囲気やモノの素材感が
伝わるように撮影するけど、

ビデオの場合は、しぜんとサプライズを期待してしまっている・・
特に問題も無く式は終了したが。。

本格的な工事は建築の許認可後となりますが、
今後、少しずつ現場は動いていきます。

お施主様、ご家族様よろしくお願い致します。

投稿日時:2013年3月 1日 21:26 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

hot-1.jpg

少し前ですが、基礎が完成しました。
手前に見える配管は、薪ストーブの給気用。

今月末辺りから、木工事がスタートする。

投稿日時:2013年2月 9日 19:19 この記事のページ

House-Cozy。

co-1.jpg
内部では造作工事がスタート。

co-2.jpg
リビングに併設される和室は30cm程床が高い。
その高さを生かして引出し収納を設ける。

小さなお子さんのオモチャ等の収納は、
リビング等の遊ぶ場所の近くにあると
自分でお片付けしやすいと思う。

写真右側に見える白いのは断熱材、
向こう側にユニットバスが設置されているので、
少なからず吸音に期待。

co-3.jpg co-4.jpg
施主が探してきてくれた信楽焼の手洗器。

給排水の金物は、当該水道部の検査で
JIS規格でないとダメ等の制約もあるので、
事前に購入したいモノの相談を受けてからの
購入をお願いしている。

施主支給としたことで、
契約価格より5万位減額を実現。
報告するこちらも嬉しい。

造作工事中のこの時期の現場は、
現場が住いに成りつつあるのが実感できるので楽しい。
お施主さんもお見逃しなく!

投稿日時:2013年2月 9日 19:04 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ。

hi-1.jpg
所用で「ひなたぼっこのいえ」に。
シンプルな外観は個人的にも好み。

停まっているシルバーのフリードは施主の車。
昨年、嫁さんの車選びで真似させていただきました。
住いの外観とも合っています。

余談ですが、
設計のご依頼をいただく際、
私の方では、密かに施主の身に付けているものや
車からも施主の好み、家造りのヒントを探っています。。

hi-2.jpg

ひなたぼっこのいえの周辺は街灯も少なく夜間は暗い。
格子前にも植栽が欲しい、それを充たすライトとして
LEDのスパイク型ライトの準備は万端。

温かい時期になりましたら植樹してください。

あと、
3月15日までに、申告の方も忘れずにお願いします。


投稿日時:2013年2月 9日 18:48 この記事のページ

House-Cozy。

13-01-21 2.jpg

House-Cozyは大通りに面した敷地に立地するので
2階リビングでの提案。

2階リビングのプランはどうしても
庭との繋がりが難しくなるので、
大きなデッキスペース等を設けるようにしている。

更にこの住まいではデッキに吹抜け部分を設けて、
庭との繋がりが楽しめるようにしている。

写真では、まだ養生されていて採光が限られているけど、
現場で感じる室内の開放感は心地良い。

投稿日時:2013年1月22日 17:55 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

13-01-21 1.jpg

明日の打設に先立ち、
アンカーやホールダウン金物の確認。
特に問題はなく、明日のコンクリート打設に臨む。

投稿日時:2013年1月22日 17:51 この記事のページ

House-Cozy。

24-12-27 4.jpg

先日、上棟しました!
安全・品質第一、工期第二で・・今後も頑張ります。

上棟式では、お弁当や差し入れありがとうございました。

投稿日時:2012年12月28日 14:50 この記事のページ

ホッと☆ハウス。

24-12-27 3.jpg

地盤改良工事も終わり、基礎工事が始まりましたが、
年内はここまで。

先日の打合せで、引出しを開け過ぎたせいか
ご夫婦が悩んでいる様子・・

施主の言いなりに造ればそれはそれで簡単ですが、、
かと言って私の言うことが絶対解でもなく、、

まあ、一緒に悩んで一緒に造っていきましょう!

投稿日時:2012年12月28日 14:39 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ。

外構工事も一段落。
24-12-27 1.jpg
シンボルツリー等の植栽が入るとより雰囲気が出ます。
住まいも庭も暮らしに合わせて
ゆっくりいじっていただければと思います。

24-12-27 2.jpg
施主家族皆風邪・・
お身体を大切に。

投稿日時:2012年12月28日 14:31 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ引渡し。

24-11-30 1.jpg
今日は「ひなたぼっこのいえ」の引渡し。

最初の提案は昨年の10月、
諸々ご迷惑もお掛けしましたが、
お施主様、ご家族様、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い致します。


外構工事も先々週から進めています。
敷地は四角ですが、
駐車場は道路と垂直にしないで斜めに駐車の計画。
奥行き感?が感じ良いアプローチとなる。予定・・
余白は植栽で整えたい。

写真では土の法面がむき出しですが、中央に枕木の階段を設け、その他は芝生を貼る。
当初は土留めを予定していましたが、地盤状況、コスト面から芝生の法面に変更提案。

日当りや水はけ、メンテナンス性、見た目を考慮し、一般的な高麗芝ではなく、
住友林業緑化のウィンターフィールドを採用する。


24-11-30 2.jpg

家具の提案もしているけれど、
写真のダイニングテーブルはサンハウスの撮影用、、
新しい家具が届くまでの間、ご家族にはコレで我慢していただきます。。

外構工事もあるので、もう暫く現場通いは続きますが、
一先ず住まいは完成。

投稿日時:2012年11月30日 22:14 この記事のページ

House-Cozy配筋検査。

24-11-30 01.jpg
今日は朝7時半~鉄筋工事の自社検査。。

24-11-30 02.jpg
午後からは同現場で瑕疵担保の配筋検査。
特に問題なく、同日にコンクリート打設へと進行。

投稿日時:2012年11月30日 22:06 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ。

24-11-24.jpg
明日25日は、オープンハウス。
何とか見学できるカタチにはなりました。。

ご予約いただいている皆様、
よろしくお願い致します。

投稿日時:2012年11月24日 18:20 この記事のページ

ホッと☆ハウス地盤改良工事。

地盤改良工事が終了しました。

施工当日の朝は、位置や高さの指示確認の為
必ず立ち会うようにしている。

24-11-23 1.jpg
施工中の状況。

24-11-23 2.jpg
施工後の状況。

投稿日時:2012年11月24日 18:06 この記事のページ

House-Cozy着工。

24-11-21 1.jpg

基礎工事がスタート。
外周と、深く十字にえぐれているとこが地中梁のライン。

隣地との離れ、芯墨、根切り底の高さ、根切りの寸法、砕石厚、砕石転圧状況を確認。

投稿日時:2012年11月21日 22:30 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ。

住まいの建築の際には、様々な選択に迫られます。

24-11-19 1.jpg

あれこれ希望を詰め込みすぎて足し算を重ねた結果、
或いは複雑にすればするほど、
大切なトコにしわ寄せが生じたり、中途半端になったり、
予算オーバーになったりと、、。

ご家族の暮らしに必要なモノは?
足し算の家造りではなく、引き算の家造りが大切。
豊かさはそこから生まれると感じています。


「ひなたぼっこのいえ」にはバルコニーが無い、客間も無い。
でもプレイルームがある・・

シンプルに、コンパクトに、だけど豊かに暮らせるようにと
設計してみました。

「これが良い」という強い嗜好のデザインよりは、
「これで良い」という主張のない余地余白のあるデザインの方が、

長きに亘り、ご家族の暮らしに寄り添えると考えます。

24-11-19 3.jpg
本日、洗面脱衣室のカウンターに塗装を施した様子。
カウンターは国産の杉材を接いだモノを使っています。
柾目がキレイ。この上に洗面器が設置されます。


24-11-19 2.jpg
杉板の床にも塗装を施してきました。
亜麻仁オイルをベースとした自然塗料。

塗装後は手がオ・イ・リーでしたが、
帰宅後のシャンプーで手も頭もすっきり。。

投稿日時:2012年11月19日 23:57 この記事のページ

「ホッと☆ハウス」地鎮祭。

24-11-15 1.jpg

24-11-15 2.jpg

15日は「ホッと☆ハウス」の地鎮祭でした。

地鎮祭とは、
その土地の神様から土地利用の許しを得る儀式。
なので、当家や地元の氏神様にお願いするのが正道。

だけど、
意外とその土地の氏神様がどこなのか絞れない、
氏神様の捉え方も解釈によりことなる、
お客様の信仰する宗教や宗派の違い、

上記理由からサンハウスでは、
ご家族に確認はとりますが、懇意にしてる神社に依頼して
形式的な出張地鎮祭が殆ど。

地鎮祭の意味を理解して、各々の立場で祈願すれば良いと思う。

地鎮祭を行うと、
家造りの実感、ドキドキ感、イヨイヨ感が出てきます。

勤めていた頃、建売や売建も何十棟も担当してた時期がありましたが、、
地鎮祭を執り行ったことはありませんでした・・・。
売買と請負の違いかもしれませんが、
住宅を商品ととらえてしまう感覚は少し寂しい気がします。

今回は、施主指定の氏神様へ地鎮祭を依頼。
長いお付合いがあるようで、施主とは親戚みたいにみえる。

今後、
工事が少しずつ進行していきます。
お施主様、ご家族様、今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2012年11月16日 23:34 この記事のページ

「House-Cozy」地鎮祭。

24-11-01 1.jpg
今朝は早くから地鎮祭。
秋晴れに恵まれ、気持ちのいいスタートとなりました。
素敵な住まいが完成しますように頑張りたいと思います。

24-11-01 2.jpg
お子さんも皆の真似して乾杯。

投稿日時:2012年11月 1日 22:25 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ。

24-10-28 1.jpg
室内の珪藻土塗りも本日で終了。

24-10-28 2.jpg
外装工事も後少し。

工事も終盤、丁寧に進めたい。

投稿日時:2012年10月28日 22:08 この記事のページ

ぼくらのおうち。

仮称TY邸改め「ぼくらのおうち」。
お子さんに、可愛らしい住まいの名付けをしていただきました。

24-10-27 1.jpg

24-10-27 3.jpg
沢山検討しましたが、ご家族が悩んだ以上に
素敵な「おうち」になりますよう
頑張りたいと思います。


投稿日時:2012年10月27日 23:14 この記事のページ

耐震構法 SE構法。

2012 10 se 1.jpg

↑拡大表示

イメージ動画。(WMV)

SE構法は、単純に構造に注目されがちですが、

全棟構造計算 長期優良住宅
全棟性能保証 大空間・大開口
CADCAMシステム 専用金物 フラット35S

これらのキーワードに紐解かれ、
構造だけでなく、安心・安全・省エネ・お得な仕組みです。

上記の画像等は、SE構法の新しい宣伝ツール。TVCMもやるみたい。
諸々のデザインは原研哉さん。
たまたまですが現在、原さんの本を読み進めています。
就寝前1、2分ですが・・

24-10-23 01.jpg

増税や景気の先行きから
今後の住宅建築はこれまで以上に
外部環境(自然)と暮らし(価値観)を整理できなければ
もったいない住まいとなってしまう。

その辺りのヒントが詰まった素敵な本です。

投稿日時:2012年10月24日 23:12 この記事のページ

10月19・20・21日

10月19日。
風邪でダウン・・
お休みをいただきました・・

10月20日。
「House-Cozy」のご近所へ挨拶廻り、着工は11月。
帰社後図面作成。

24-10-20 1.jpg
午後から「ひなたぼっこのいえ」の現場打合せ。
お施主様ご家族に珪藻土を塗っていただきました。

帰社後図面作成。
昨日の分を取り戻す心構えでしたが、
ご近所OB宅のご主人達から「近くで飲んでるから」との誘いの着信が度々あり・・
お客様から誘って頂けるのはありがたいのだが、
仕事が残っているので、勿論ソフトドリンクでの参加・・
帰社後図面作成。

24-10-20 2.jpg
10月21日。
3件のお客様とお打合せ。
図面作成。

明日は、SE工法の勉強会で東京へ行きます。
少しでも皆様のお役に立てますようしっかり学んできます。

投稿日時:2012年10月22日 00:36 この記事のページ

10月15日。

24-10-15 1.jpg
「ホッと☆ハウス」の地縄を張りました。
ご実家の土地の一角を分筆して敷地とします。

08-12 stei2.jpg
平屋の様な2階建て。

投稿日時:2012年10月15日 23:54 この記事のページ

10月14日①。

今日は早朝から「ひなたぼっこのいえ」の確認へ。

23-10-14 3.jpg
玄関へ続く深い軒。
現在塗装工事中。配色に悩みましたが、良い感じに仕上がりそう。
最近の不安定な天気に塗装屋さんも気をつかい現場に入ってくれている。

23-10-14 4.jpg
この仕上がりなら施主も喜んでくれる筈。

23-10-14 1.jpg
室内では大工工事が終了して内装工事へ。
珪藻土で施工される。
地元の木、本物の木、自然素材ををつかった住まいです。

23-10-14 2.jpg
造作の洗面カウンター。
杉板とモイスの組み合わせ。
今後オリジナルの鏡戸が入り洗面器が載る。

住まい、造作も含めてしっかりと私が設計して直接職人に指示を出す。
似非モノのとは違う。現場を知らずに住宅設計はできない。

投稿日時:2012年10月14日 23:33 この記事のページ

M邸引渡し。

23-m-02.jpg
昨日は晩くまで現場で手直しや確認作業。。

23-m-01.jpg
明日からはココで施主ご家族の暮らしが始まる。

23-m-03.jpg
そして今朝、引き渡し直前のM邸。
施主を迎えるべく爽やかな秋晴れ。
凛とした室内の空気感が心地よい。

23-m-04.jpg
引渡し後、NTT。家電屋。薪、家具等の業者がバタバタと新居になだれ込む。
立派な仙台箪笥も所定位置に。

23-m-05.jpg
一段落後、ご近所に引越しの挨拶回りに同行。
夕刻からは新居の清祓式。

お施主様、本日はお疲れ様でした。
どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2012年10月13日 22:47 この記事のページ

造り付け。

「ひなたぼっこのいえ」
23-10-03 1.jpg
造作工事がもうすぐ終了です。
テレビ台も完成して、
その上部の壁が凹んでいる部分にはエアコンを設置します。

23-10-03 2.jpg
キッチン背面の作業台。
ここにオリジナルの引出しや、建具が納まってきます。

23-10-03 3.jpg
2階の子供室。

造作工事は経験の豊富な大工でないと出来ない工事です。
むやみやたらと造り付けにするのは考えものですが、

シンプルに、本物の素材で、
手作り感のある造作家具は単純に素敵だと思うし、
施主が愛着を持てる住まいかどうかにも大きく関わってくると思う。

ハウスメーカーやローコストメーカーでは有り得ない仕様ですが、
施主の暮らしの為に設計し、
本物の素材や職人の技術が感じられる住まいに
私は住みたいし造りたいと思っています。


投稿日時:2012年10月 3日 23:18 この記事のページ

もうすぐ完成。

M邸があと少しで完成します。

mtei 10-01 2.jpg
55型のテレビも設置して、施主より先にサッカー観戦。

今回はテレビだけでなくスピーカー類も壁掛け。
大迫力です。
mtei10-01 3.jpg
テレビの裏側。
テレビより壁掛け金物の方が厚い。。

mtei10-01 4.jpg
外部ではタイル屋さんが広い面積を丁寧に仕上げていきます。

mtei10-01 5.jpg
先週末にはお施主様ご夫妻と床の塗装。
オスモのオイルフィニッシュ仕上げ。
暑い中、お疲れ様でした。

もうすぐ完成。

投稿日時:2012年10月 1日 19:51 この記事のページ

太陽光。

9-17 1.jpg
「M邸」
現在、外構工事の最中。
先日、太陽光システムの動作確認をしました。

9-17 2.jpg
モニターには具体的な発電量等がリアルタイムで表示されます。

9-17 3.jpg
「ひなたぼっこのいえ」
こちらも屋根上に太陽光のパネルが施工されました。

現在の太陽光発電システムを経済性だけで考えると
掛かった費用の元をとるのに10年~15年はかかるので、
新築時に設置するのが理にかなっていると感じる。

投稿日時:2012年9月17日 23:38 この記事のページ

現場近況。

09-11 1.jpg
「M邸」
クリーニングが終了して、
写真では完成間近に見えるけれど、
細かな残工事が結構あり、その辺りを慎重に進めたい。
今後、床の塗装を施すことで雰囲気は一段と変わってきます。

09-03 2.jpg
MA邸改め、「House-Cozy」。
地縄を張り終えて、施主に確認してもらう。
現在、実施図面と申請書類等の作成中。

09-03 3.jpg
「ひなたぼっこのいえ」
現場では造作工事が始まる。
工事前に現場にて奥様へ説明。

夏休みが終わり、
お子さんの相手から解放された親御さんも多いでしょうが、
就学前の子供さんを持つ方々には関係のない話・・・

打合せ中、
長男くんはどこかへ行ってしまい・・
次男くんは騒ぐだけ騒いであっさり寝てしまいました。

お疲れ様です。

投稿日時:2012年9月12日 09:58 この記事のページ

M邸 現場近況。

08-30 mtei.jpg

内装工事の大体が終了。
今後、住まいの完成に向けて、現場は慌ただしくなるので、
丁寧に工事を進めたいと思います。

投稿日時:2012年8月30日 23:13 この記事のページ

ひなたぼっこの家 現場近況。

08-29 1.jpg
2階では勾配天井の下地工事が終了して、
杉の床板の施工中です。

この住まいは、軒をしっかりと出した住まいなので
夏季の日射侵入は遮られる。

外部とのコントラストが、落ち着いた室内を感じられます。

08-29 2.jpg
1階では断熱材の施工も終了し、UBも施工されました。
来月からは造作工事が始まります。

投稿日時:2012年8月30日 01:26 この記事のページ

8月21日。

「M邸」
08-20 m1.jpg
内部造作の塗装工事が建具残しで終了。
明日からは内装工事。
但し、電設工事で手直しがある為、明日朝一で電気業者と打合せ。

08-20 m2.jpg
外部では、給排水工事が進行中。


「仮称MA邸」
08-20 ma1.jpg
先日、ご契約をさせていただいたMA邸。
本日お昼頃、道路切下げ工事の為の現場確認。
敷地がきれいに除草されている。お施主様、お疲れ様です。


「ひなたぼっこのいえ」
08-20 t1.jpg
内部では、杉の床板が施工されています。
今後、壁断熱、天井下地工事へ。

08-20 t2.jpg
まだまだ暑い日が続きそうなので、大工さんに南部鉄器の風鈴をプレゼント。
軒先に吊るしてきました。。


「ホッと☆ハウス」
夕方からお客様宅での打合せ。
工期が少しきつい。。

08-21-s2.jpg
帰り際、お土産にいただいた夏野菜。
ギュッとしていて美味しそう。

08-21-s3.jpg
帰宅後、浅漬けにしていただく。良い塩分補給に。

きゅうりはもっと薄く、ナスはもっと大きくカットすれば、
もう少し見た目が良くなりそう・・と反省。


投稿日時:2012年8月22日 00:12 この記事のページ

2ndプレゼン。

先日、2棟の住まいの2ndプレゼンをさせていただきました。
前回の平屋案から2階建てに変更しマトメました。

2棟共、お客様に気に入っていただき一安心。
両棟共、盆明けから具体的に動き出します。


「ホッと☆ハウス」
08-12 stei1.jpg

08-12 stei2.jpg
薪ストーブが置かれる、落ち着いた木の家です。


「仮称TY邸」
08-12 ttei1.jpg

08-12 ttei2.jpg
ペレットストーブが置かれる住まい。太陽熱温水利用も検討中。
外壁はガルバ。画像ではダークブラウンですが、ワイン(濃赤)になる予定。

お施主様、素敵な住まいの名付けよろしくお願い致します!


投稿日時:2012年8月12日 18:41 この記事のページ

仮称)M・A邸

08-12 mtei.jpg

少し前にご提案させていただいた仮称MA邸。
その後、大きな変更は無く、盆明けに契約。10月着工予定。

盆明けより、実施図面に追われる。。


そう言えば、お施主様、住まいの名前がまだです。
素敵な住まいの名付けをお願い致します!

投稿日時:2012年8月12日 18:16 この記事のページ

M邸近況。

「M邸」

08-12 m1.jpg
足場が取れて、住まいの外観が露わに。
今後の外構工事での植栽が、プレーンな建物への差色になりそう。

12-07-31 2.jpg
屋根には太陽光パネル4.19Kwが載りました。

メーカーのシュミレーションでは、
年間発電量が、4,565Kwh/年。
年間発電金額が、163,020円/年。

08-12 m2.jpg
内部では造作工事が完了し、
盆明けからオスモを主体とした塗装工事がスタート。

床の塗装だけはセルフビルド。
お施主様、頑張ってください!

投稿日時:2012年8月12日 18:06 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ近況

「ひなたぼっこのいえ」

08-12 t1.jpg
防水紙施工状況。

シンプルな外観。
敷地周囲が畑なので、外壁にはガルバを施工予定。

12-07-31 4.jpg
防水紙の施工前に、構造材として、ダイライトを施工。

08-12 t3.jpg
玄関へのアプローチ部分。
構造材を現しにしています。

08-12- t2.jpg
シンプルな杉の軒裏がキレイ。

08-12-t4.jpg
内部では、サッシも入り、盆明けから大工さんが床を貼り始める。

構造材が現しの住まいなので、電気や給排水の配線、配管ルートはシビア。
当然、設計時に検討しているけど、しっかり現地にて打合せ。
盆明けから電設工事もスタートする。

投稿日時:2012年8月12日 18:00 この記事のページ

7月21日。

12-07-21 1.jpg
今日は、「ひなたぼっこのいえ」の建て方、上棟式でした。
杉の木を仕様とした住まいです。

12-07-21 2.jpg
大工さん8人で組み上げました。

12-07-21 3.jpg
現しになる1階の天井は、この状態で完成。

今後、職人さんと力を合わせて頑張っていきたいと思います。
お施主様、ご家族様、よろしくお願い致します。

投稿日時:2012年7月23日 23:34 この記事のページ

7月17日。

12-07-17.jpg
午前中は土台敷きを前に基礎の清掃。
周りが畑なので、基礎内に土が飛んでくる。掃除機と洗浄機を使って清掃。

12-07-17 2.jpg
その後、
「ニャンだふるはうす」にデッキ工事の確認へ。
麦わらの大工さんが塗装しているのはウッドロングエコ。

12-07-17 3.jpg
浴室の目隠しも施工完了。
プランターなどをぶら下げて、プチ坪庭になる予定。

この住まいの浴室は南向き。
一般的には、浴室の日当りは気にしないけれど、

やはり清潔感があり。お手入れが楽。
冬場、太陽光で蓄熱された浴室の暖かさにも期待。

12-07-17 4.jpg
「ニャンだふるはうす」のご家族とは土地探しからのお付合い。

この敷地は、
北側道路接道の旗竿敷地ですが、だからこそオープンな南庭が設けられる。

お子さんが夢中なミニバスのコートは難しいが、ブルペン位はいけそう・・な広さ。
お施主様は家庭菜園スペースと薪置き場を希望。


家造りの全体の予算を土地、住まい、その他、諸経費にどのように振り分け、
そこから土地選定のアドバイスをすることは、私の仕事だと思っている。

この敷地だからこそ、こんな住まいが出来て、
あんな暮らしができるといったコトに繋がるのだから。


12-07-17 5.jpg
「M邸」
造作工事が進んでいます。
現場がキレイ。大工さんが、こまめに掃除してくれています。


夜、スタッフとサンハウス祭りの打合せ。
今年は9月2日です。是非ご参加ください。

投稿日時:2012年7月23日 23:22 この記事のページ

にゃんダフルハウス完成①

ny01.jpg
本日、
「にゃんダフルハウス」のお引渡しをさせていただきました。

写真は昨日の夜撮影。
気忙しい毎日ではありますが、いざ引渡しとなると寂しいものです。

諸々の作業後、
住まいに一人残り、お施主様との出会い~この住まいの今後を想像してみる。

サンハウスは自社設計施工の住宅会社。
長期に亘り住まいの今後を施主と共に守っていきたい。

引渡しが終わりでなく、これからが始まり。

お施主様、ご家族様、
今後とも、よろしくお願い致します。

ny02.jpg
「リビング」
タタミコーナー奥の床は1部タイル貼りになっており、
薪ストーブが置かれる。

間接照明が、珪藻土壁の表情を日中とはまた違った雰囲気に感じさせます。

照明計画は、隅々まで照らすというよりは、
必要な場所に必要な明かりを、といった感じで、程々を心掛けています。

但し、灯りの感じ方は個人差があるので、
一つのスイッチで全灯するのでなく、回路を分けたり調光器具で対応が
サンハウスのやり方。

ny03.jpg
人間の為の階段もありますが、、猫の為の階段もあります。。
吹抜け上部にシーリングファンを設けて室内環境を調整。

ny04.jpg
「ダイニング」
ダイニングテーブルは、これからの搬入ですが、正面のキッチン作業台に寄せて配置。
テーブル直上に取付けるペンダントライトは施主が熟考中。

ny05.jpg
「キッチン作業台」
手元が隠れる大きなカウンター。
お子さんと一緒に料理やお菓子作りに便利。
作業台内部には、食器、ダストボックス、調理家電が収納されます。
キッチンの床はサーモタイル。

この住まいのキッチンは、
ダブルアクセス型の配置、左右両側からキッチンに入れます。
これなら家族が積極的に家事に参加(お手伝い)できそう。

投稿日時:2012年6月30日 23:58 この記事のページ

にゃんダフルハウス完成 ②

ny06.jpg
「洗面室」
共働きご夫婦にお子様3人。
施主ご家族の、現生活上の不便から、
洗面器を2台を設けました。
朝の混雑解消に期待。

上部には天窓。
鏡戸の中は収納。


ny07.jpg
「脱衣室」
この住まいは、洗面室と脱衣室を別に設けています。

外枠は造作しておいて、
内部には市販の収納ケースが3×3の9個納まる。

タオルや着替え等を上手に収納できると思う。
設計時にVE案として提案。

脱衣室の壁、天井はMOISS。
風呂上がりの湿気対策等に期待。

ny08.jpg
脱衣室洗濯機置き場の上部収納。

扉で内部は隠せる。
一番下の棚には毎日使う洗剤等を置き、この部分は扉の長さを割愛。
洗剤を使う度に、扉の開閉をするのは不便な気がするので。

お施主様、ご家族様、土地選定から数年、
建物は完成しましたが、暮らしはこれから。
今後とも、よろしくお願い致します。

「にゃんダフルハウス」
設計(基本実施共)・現場管理  野辺裕章

投稿日時:2012年6月30日 23:37 この記事のページ

6月24日。

0625 1.jpg

0625 2.jpg

先週末、新しいお住まいの提案をさせていただきました。
大通り沿いの敷地なので、プライバシーを考慮。
お客さまからの希望もあり2階リビングでの提案。

外部環境の取り込みと遮断を検討した
室内にいても、心地良く外(季節)を感じられる住まいです。

プランは気に入っていただいたので一安心。
新しい問題も出てきたが、その辺りは建築計画につきもの。

住み手の意図を把握し、
住まいの完成に向けて纏めて行く力は持ち合わせている。

家族での意見交換も大事ですが、
不安点はとにかく投げかけてください。
一緒に解決していきましょう。
お任せください!


0625 3.jpg
提案後、1年点検の為に「和風のいえ ゆったりさん」へ。
室内に入ると、木の香りに癒されます。

点検は問題なく終了。

カーポートの樋の詰まりも高圧洗浄機で清掃。


その後、
週末にお引渡しの「にゃんダフルハウス」へ。
左官屋さんが一人作業中。

この住まいとも後少しでお別れ。


投稿日時:2012年6月25日 21:28 この記事のページ

東京へ。

sus k1.jpg

sus k2.jpg

先週末、
「ひなたぼっこのいえ」のお施主様とキッチン見学の為に東京へ。
私は以前に見学済ですが、お施主様には初めて現物確認していただきました。
奥様に気に入ってもらえたので、このSUSキッチンに確定しそう。

大手メーカーさんでもステンレスのシステムキッチンはあるけれど、
デザイン的には好き嫌いが分かれるところ。

今回のキッチンは、非常にシンプルですが素材感があり個人的にも好み。
搬入されるのが楽しみです。


cubic.jpg

その後の予定があったので、
直ぐ水戸に帰りましたが、駅構内の雑貨屋さんで、
子供用に懐かしのルービックキューブを購入。

2×2でしたので子供でも簡単に遊べるかと思いましたが、
全面揃えるのは私でも無理でした。。

投稿日時:2012年6月22日 15:08 この記事のページ

にゃんダフルハウス 工事追い込み。

0618 1.jpg
リビングテレビ台は造作。
上部棚には扉が付き、下部カウンター内部上段にはAVデッキ、
下段には市販の硬質パルプボックスが並ぶ。
造作家具はゴチャゴチャとさせないで、
シンメトリーを意識するとシンプルに素敵に仕上がる。と思う。。

背面には配線が上手に隠れる工夫もしてある。


0618 2.jpg
この住まいはSE工法で建てる長期優良住宅。
構造計算を実施して、大空間に構造的な根拠をもたせている。

今日は雨でしたが、
吹抜けや格子床からの採光はLDKを明るく包みます。

リビングとダイニングを緩やかに仕切る階段。
邪魔にはならないが目立つ配置なので、無垢の桧無節材を使用。
お子様には、しっかり本物の木を感じて成長して欲しい。

0618 3.jpg
ダイニングの壁は板貼りとして1部ニッチに。
ここにA3横2枚、A4縦3枚が余裕を持って貼れる。

3人のお子様が暮らす家なので、学校から貰ってくるプリント類も多い筈。
コルクボードの話もあったが、壁全体の色見がぼんやりしてしまう点と、
長期の機能性からクロスに両面テープで貼ってもらうことを提案。

0619 4.jpg
寝室には、マガジンラック横に壁掛けのテレビが付く、
スッキリ見せたいので、先行してお施主様にテレビと金物を搬入していただく。
今後電気屋さんと一緒に施工する。

0618 5.jpg
この住まいは、玄関からLDKに向かうのが主動線ですが、
玄関→クローク→食品庫→キッチンの裏動線もある。

写真では棚が丸見えですが、
木箱にロールスクリーンが格納されて目隠しとなる。


「にゃんダフルハウス」は、月末にお引渡し。
今週の現場は仕上げ工事の追い込みとなる。


見学会は予定していないので、
完成後の写真も随時UPしていきます。

投稿日時:2012年6月19日 19:25 この記事のページ

1st プレゼン。

hiraya12 02 1.jpg hiraya12 02 2.jpg
仮称)A邸

hiraya12 01.jpg hiraya12 01 2.jpg
仮称)B邸

少し前ですが、
2軒のお住まいのご提案をさせていただきました。
たまたまですが2軒とも平屋でのご提案。

結果として、次回は2軒とも2階建ての提案となる。。
お打合せ段階で、平屋での話をもりあげてしまい、固執過ぎた点が反省点。

何日も徹夜し生み出した案でもあるので、残念ではあるが、
これは個人的な感想。

私の設計スタイルは、施主の話を聞くコト、その意図を掴むコト。
何に拘られて、何を気にしているかを掴み設計していく。
設計に時間は掛かるが、後で後悔させない為に時間は掛ける。。

力のある建築家であれば、
あなたの住まいはこれです。と提案できるだろうが、、私の技量では無理。。
意見はするが、決して施主に無理強いはしない。あなたの家だから。

時間は掛かるが、施主参加型で進めたいと考えている。
1stプレゼンの施主意見をくみ取り、建築のプロとしてマトメて
次回の2ndプレゼンに望みたい。


暫くお待ちください。

投稿日時:2012年6月19日 19:23 この記事のページ

M邸現場打合せ。

mtei 2012 06.jpg

17日の日、
お施主様にスイッチやコンセントの位置等の確認をしていただきました。

小さなお子さんにとっては、
退屈な時間であり、私のIphoneの子供向けアプリ等で遊んでもらっていましたが、
長く楽しめる様なものではなく、、現場のお掃除等をして時間を潰していただきました。。

是正内容は、18日に電気屋さんに直していただきました。

投稿日時:2012年6月19日 19:22 この記事のページ

珪藻土仕上。

sakan-12-06 1.jpg

sakan-12-06 2.jpg

「にゃんダフルハウス」での現場風景。
左官屋さんが、珪藻土を塗っています。

テクスチャーの微妙な仕上がりを確認しながらの施工ですので
部位によっては、日中でもライトを照らしながら、丁寧に施工していました。

投稿日時:2012年6月19日 19:21 この記事のページ

5月21日。

-21 01.jpg
今日は、「にゃんダフルハウス」にてお施主様と打合せ。
その後、職方さん達へ連絡事項等の伝達。

-21 02.jpg
「ひなたぼっこのいえ」
本日基礎型枠設置。明日天気次第で打設。

-21 03.jpg
リフォーム工事宅へ、建具手直しの確認に。
木屑が付いている、、職能以前の問題。私に時間が無いので、
明日事務員さんに清掃へ行ってもらうことにする。
すみませんでした。

-21 04.jpg
「M邸」防蟻工事が終了し、
明日は朝から瑕疵保険の構造検査立会。

投稿日時:2012年5月22日 00:15 この記事のページ

M邸上棟式。

-20 01.jpg
本日、20日はM邸の上棟式でした。

簡易的な式でしたが、
工事の安全と、ご家族の幸せを祈願するケジメの日となりました。

今後も、微力ながら工務に尽力したいと思います。

-20 02.jpg

お施主様からは、沢山の頂き物があり恐縮です。
私からは、「こころに春をよぶお酒 宮寒梅」を献上。
立夏も過ぎ、今日も暑い日でしたので、
冷やして召し上がってください。

それでは、
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿日時:2012年5月20日 12:22 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ配筋検査。

-18 0101.jpg
先週末の金曜日、
朝から「ひなたぼっこのいえ」の瑕疵保険の配筋検査でした。
検査は問題なく終了。

先日のヒョウでこの地域の被害が大きかったと聞いていたので
防湿シートが破れてないか心配でしたが、無傷で一安心。

-180102.jpg
同日、雨の中、水道の取り出し工事も実施。
月内に基礎を完成させて来月中に上棟の予定。


投稿日時:2012年5月20日 11:56 この記事のページ

住んでいる方の意見。

-13 05.jpg
先週末は、OB宅の見学会を開催しました。
ご参加頂いた皆様の家造りの参考になれば幸いです。

ネットやモデルハウス、完成見学会等の業者主導の見学会とは違い、
実感が持てた見学会だったと思います。


写真は北島選手。ではなく、、
ご案内宅のお子様の宝物。特別に見せていただきました。
幼稚園時代のかけっこのメダルだそうです。

お住まいをご提供していただいたお施主様、
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。


投稿日時:2012年5月20日 11:55 この記事のページ

M邸建て方~屋根下地工事。

-11  01.jpg
M邸の建て方工事が終了してました。

-11 02.jpg
屋根下地合板。
いつもは12mmですが、今回は15mm。。

-11 03.jpg
屋根下地合板の上に設けた防水紙は、通常のアスファルトルーフィングではなく、
ゴム改質のアスファルトルーフィングを使用。釘穴のシール性能が高くなる。
雨漏りし難くなる。

この住まいの屋根には、
太陽光パネルも載る。講習会で学んできたが、
屋根にバンバン穴を穴を開けて施工するのが主流なので止水には気を使う。

ゴムアスも、15mm合板への変更も見積外ですが、
少しの気遣いで住まいの性能も職方の意識も良い方向へ向かう。

震災後、何十棟もの旧家の屋根に上り工事した経験上、
これまでの当り前を少し疑っている。。

-11 04.jpg
通常、防水紙は工事用のホチキスで、20cm~30cm間隔で留めます。
シール性能の高い防水紙を使用していますが、
ホチキスを打った箇所の上から更に防水テープを貼り付けました。
これも、その辺のメーカーではやらない作業。
サンハウスでは、経験や学習したコトと、コストバランスも考慮しつつ
実務に生かしていきたい。勿論、止水性能は更によくなる。


現在、
数棟の住まいの設計中ですが、作業にツマルと体を動かし
こういった単純作業をこなしてみると気分転換にもなります。

投稿日時:2012年5月13日 12:13 この記事のページ

にゃんダフルハウス近況。

-9 n.jpg
少しだけ先が見えてきたけれど、
まだまだ大工の造作工事が続きます。

残すは、
キッチンの作業台や、小上りの畳コーナー、そしてキャットタワー。。

今日も奥様から現場に差し入れを頂きました。
ごちそうさまです。

最近では大工さん達も、
奥様の姿を見ない日には「今日は来ないのかな?」と
寂しそうな物言いをしてます。。


投稿日時:2012年5月 9日 23:41 この記事のページ

M邸近況。

-9 m.jpg

M邸では本日足場も施工され、
11日(大安)の建て方を待つ。

床がテカテカしているのは、雨に備え透明のビニル材で養生しているから。

昨日は暑かったので、
現場で働く大工さんに「東京スカイツリーアイスバー」を差し入れ。
どの辺がスカイツリーなのか疑問だが、、
味は好み。

投稿日時:2012年5月 9日 23:38 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ近況。

「ひなたぼっこのいえ」では、GW前から基礎工事が進行中。
-9 t1.jpg
高低差のある敷地なので、無理なく周囲に馴染ませたい。
来週配筋検査の予定。

奥様の話ですと、見学会で「ほんわかはうす」を気に入ってくれてたので
仕様は意識しつつも、更にご家族に馴染ませるように工夫をしていきたい。

-9-t2.jpg
オーダーして作ってもらった柱脚金物が、今日サンハウスに届く。
錆止め塗装の上に、黒で塗装仕上げしている。
玄関ポーチに使用。

投稿日時:2012年5月 9日 23:35 この記事のページ

木工事追い込み。

「にゃんダフルハウス」では大工さんが造作工事中。
家具類を造り上げていきます。

-25 6.jpg
ジャストカットされた既製品でなく、無垢材を基本とした仕様なので、
造作工事中は大量のカンナ屑や木端がでる。

-25 7.jpg
本物の木を感じられる住まいは素敵だと思う。。

-25 10.jpg
この住まいは金属の外壁ですが、1階部分は今後、塗壁施工となる。

-25 20.jpg
造作施工時の現場は変化を感じられ楽しい。
施主と一緒に考えた案が形になっていく。

上の写真は脱衣室の収納ですが、
外枠だけ造り、中には引き出し式の収納ケースが3×3の9個納まる。

脱衣室の壁と天井の仕上げは、モイス。-25 30.jpg
こちらは洗面室。
施主の希望通り、2つの洗面器が並びます。

正面には鏡戸が設置されます。
洗面室には天窓が付いているので明るい。

-25 40.jpg
ダイニングのアクセントウォール。
床と同じパインで仕上げています。

ニッチになっている部分は図面が貼られているが、、
ご家族の掲示板になります。

-25 50.jpg
2階も先が見えてきた感じです。

投稿日時:2012年4月25日 23:01 この記事のページ

基礎完了。

-25 mtei.jpg

見和M邸では基礎工事が完了しました。
連休明けから大工さんが現場入りの予定です。

この住まいは長期優良住宅。
構造見学会の開催が義務化されているので、
5月末~6月初旬頃開催予定。

投稿日時:2012年4月25日 22:56 この記事のページ

造作材がやってきた。

6-01.jpg
「にゃんダフルハウス」の造作家具等で使用する材料が
1部ですが搬入されました。
造作工事は大工さんの腕の見せ所でもあります。

6-02.jpg
早速、大工さんが木を見極めながら格子床をつくっていきます。

6-03.jpg
外部では、外壁工事が始まりました。
玄関の横だけ塗壁仕上、その他は金属の外壁を張っていきます。

投稿日時:2012年4月 6日 23:24 この記事のページ

ひなたぼっこのいえ地鎮祭。

t-04 1.jpg
先日、仮称)T邸改め、「ひなたぼっこのいえ」の地鎮祭が執り行われました。
宮司さんの都合もあり、何と朝の7:30~の地鎮祭。。
お施主様、ご家族様お疲れ様でした。

t-04 2.jpg

基礎工事に先立ち、柱状改良という地盤改良工事が終了。

来週から本格的に基礎工事が始まります。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2012年4月 6日 23:02 この記事のページ

見和M邸地鎮祭。

m-04.jpg
先日、水戸市内にて地鎮祭が執り行われました。
安全に、着実に工事が進められるように努めたいと思います。

お施主様、ご家族様今後ともよろしくお願い致します。

tento.jpg
当日は雨が危惧されたのですが、、逆に暑いくらいの晴天。
念の為アマゾンで用意していた簡易テントの準備も杞憂に終わりました。。
よかったよかった。

投稿日時:2012年4月 6日 23:01 この記事のページ

にゃんダフルハウス近況。

-20 hs1.jpg
断熱材が施工されて、電気工事が進んでいます。

この住まいはケーブルテレビを入れるので、
基本的に電話線やアンテナは不用。

-20hs2.jpg
パインの床材も今日から張り始まりました。

-20hs3.jpg
先日、お施主様と一緒にペレットストーブの見学へ行ってきました。
実際に使用、販売、施工されている方の意見は大切。
長所、短所が整理できたと思います。

投稿日時:2012年3月20日 18:00 この記事のページ

仮称)T様邸造成工事。

-20 t1.jpg

先日からT様邸の造成工事が始まりました。
少しずつ、新しい現場が動き出しました。

投稿日時:2012年3月20日 17:58 この記事のページ

水戸市内リフォーム工事。

-20 m1.jpg
工期が遅れてご迷惑をお掛けしてしまっています。
職人の数的確保と段取りが原因。
全ては私の責任。

それでもおっつけるでなく、着実に進めたい。

大工が抱えているのが、お客様が見つけてきた手洗器。
造作工事として、ゴムの集成カウンターに埋めこむ形となります。


-20 m2.jpg
2階の断熱改修も終了し、
今後は既存床の上にフローリングを張り、内装を仕上げて行く。

投稿日時:2012年3月20日 17:53 この記事のページ

ほんわかはうす外構工事。

-20 h1.jpg
ほんわかはうすの内覧会が終了して2週間が経ちました。
ブログの更新は途絶えていましたが、、
おかげ様で忙しく仕事をさせていただいておりました。

ほんわかはうすは10日に引渡しが終了し、
外構工事も略終了。

色がついている様に見えるウッドフェンスは
ACQ加圧注入材。この上にキシラデコール塗装を施し、
バルコニーの手摺と色見を合わせる予定。

これはお客様との共同作業としたいが、
お互い忙しく時間が合わなそう・・。

最終的には野辺施工になる予感。

お施主様ご家族様、今後ともよろしくお願い致します。

投稿日時:2012年3月20日 17:50 この記事のページ

現場近況。

-22 12.jpg
昨日の写真ですが、
「にゃんダフルハウス」に屋根が葺かれました。
黒のガルバ材。今日は窓も入りやっと室内ができました。

-22 22.jpg
こちらも昨日の写真。
水戸市内のリフォーム現場。
北側玄関を車庫に近い南側に移動、玄関の戸も引戸タイプに。

-22 33.jpg
内玄関には1帖分のクロークを造作。
最終的には、吊折戸がついて内部の目隠しとなる。

-22 44.jpg
棚が出来た翌日には、はやくも収納されている。
住まいながらのリフォーム工事は、モノをあちこちに移動しながらの工事となる。

-22 77.jpg
今週末に見学会を控えている「ほんわかはうす」。
以前塗装した建具が取付けられました。
ごく薄くホワイトで塗装してますので、塗装で抑えつつも木の質感があります。

-22 55.jpg
高さが天井まである引戸なので、スッキリとした印象です。

投稿日時:2012年2月23日 22:07 この記事のページ

DSW。

「ほんわかはうす」では、
ダイニングテーブルを造り付けにしました。

床坐スタイルのダイニングなので椅子はいらない。
床坐と柔らかく温かみのある杉の床材の相性は良い。

TVも壁付けなので台がいらない。
サンハウスでは家具の提案もするが、
この住まいは、LDKには置き家具がいらない。

延床で約30坪とこの地域では小さい住まいだが、
必要な家具を造り付けにすることで、生活してみると
数値以上の広がりを感じられる。

設計時に広さを単純に坪数とか帖数等2次元で捉えるのはよくない・・
大雑把な言い方ですが㎡でなく㎥で考える。

-20 2.jpg
椅子好きとしては、なんとも寂しいので、、
キッチンの対面カウンター部にEamesのDSWを入れる。

DSWのDはダイニング、Sはサイドチェア、Wはウッドを意味する。
その名の通り、キッチンカウンター部のサイドチェアとして軽くて便利。

プラスチックの座面がオモチャっぽくも感じるが、
これだけ無垢の木を仕様としている「ほんわかはうす」との相性も良い感じ。
座り心地も意外と良い。

-20 1.jpg

本物は高価で買えないが、「ほんわかはうす」のいろいろな場所で、
世界の名作チェアのオモチャが飾られています。

投稿日時:2012年2月20日 21:35 この記事のページ

2月19日。

-19 1.jpg
今日の午前中は「にゃんダフルハウス」の構造見学会。
ご予約いただいたお客様をご案内。

この住まいはSE工法で建てる長期優良住宅。
長期のコト、構造のコト、断熱のコト等をご説明する。

お寒い中、ありがとうございました。

-19 2.jpg
見学会後の正午前より、「にゃんダフルハウス」の施主とのお打合せ。
近所のファミレスでお昼をご一緒させていただき再び現場へ。
照明やペレットストーブ、お子様の部屋等を詰めていく。

私にもっともっと設計力があれば、「あなたの住まいはこれです」と図面で済むが、
やはり現地での打合せは必要。現場打合せでは施主側との意思疎通も早い。
今日の打合せで、より良い住まいになりそうな予感。

お施主様、長時間お疲れ様でした。

上の写真は、トップライト(天窓)。斜めの棒は足場部材。
日当たりの悪い洗面室の上部に設置。
北側採光は日中通して強くは無いが柔らかな光を得られる。


-19 3.jpg
その後、住まいの相談で呼ばれていたお客様宅へ訪問後、
見学会を今度の週末に控えている「ほんわかはうす」へ。

明るければ、チラシ用の写真を撮ってしまおうかと思っていたが、
陽が落ちてきたのでやはり明朝撮影に。。

-19 4.jpg
明日の撮影に向けて、キッチン上部の照明器具に貼ってある
メーカー名のシールを剥がす。。

何故にメーカーは自社のステッカーを貼りたがるのか・・
ホワイトの素敵な器具なのに・・

新築の住まいの外壁に「サンハウス」と書かれたら嫌でしょうに・・
カバーの裏側とか日常からは見えない所に貼れば粋なのに。。

投稿日時:2012年2月19日 22:03 この記事のページ

ほんわかはうす完成間近。

-17.jpg

2月25、26、3月3、4日に完成内覧会を控えている「ほんわかはうす」。
折込みチラシの校了日は20日(月)の午前中。。(折込日は25日朝刊)
今週末はOB宅の手直し、構造見学会、その他2件のお打合せで動けず。
それでもなんとか木部の塗装を終了させ20日早朝に撮影に臨む。。

急いで造作や床部を塗装していると、畳屋さんが畳の搬入に来る。
畳屋:「木の良いにおいだ」と深呼吸。

当たり前になっているせいか気にもしなかったが、
思わず深呼吸したくなるらしい。


「ほんわかはうす」は新規分譲地内の住まい、
ご近所では他のメーカーさんも建築中。

昼休みなのか、ぞろぞろと他メーカーさんの職人さんが窓越しに覘きに来る。。
「こりゃ大工さん大変だったでしょう?」と聞いてくるが、
正解は、大工だけでなく全職種大変。。

ありがたいことに、サンハウスの職人は、
大変な仕事の方が言葉と裏腹に職能を発揮してくれる。
きっと職人の本能なのだと思う。技術のある職人は腕をみせたいもの。
それを奪うのが大量生産でのローコスト化。職人が育たない社会って結構怖いコトです・・
よく政治家が「この国のモノ造り・・」と発言するが、向かっている方向は逆方向・・


暫くすると通行人から見学させてと声を掛けられる。。
ご近所の方だとは思うが、塗装したばかりだし、防犯面もあるので、
見学会の告知をして丁重に断る。

なんだかんだで時間を取られながらも・・、夕方作業終了。

昨晩、無理を言って施主から借りてきたTVも壁付け完了。
家造りに想像力は不可欠。内覧会の見学者に、暮らしのイメージしてもらう要素となる。

本当は、キングサイズのベットも寝室に入れたかったが、度が過ぎるので自重。。
お施主様、いつも、いつも、いつもありがとうございます。

明日か明後日、土間サンプルの確認をしておいてください。

投稿日時:2012年2月17日 20:30 この記事のページ

木造らしさ。

-07 2.jpg
「にゃんダフルハウス」はSE工法。
SE工法は基本的に柱と梁で強度を確保する準ラーメン構造。
なので、壁が極端に少ない。一方梁はかなりゴツイ印象。

-07 1.jpg

リビングの天井は、梁を露出させるので、
構造計算をした上で梁の高さを揃えている。

最近は木造住宅でも、木の見えない住まいが多いです。
木造住宅なら木の素材感のある空間が素敵だと思います。


投稿日時:2012年2月 7日 23:09 この記事のページ

珪藻土塗り、セルフビルド。

「ほんわかはうす」では、お施主様による珪藻土塗りが施されました。

-04 2.jpg -04 3.jpg
左官屋さんから教わり、いざ。
後方で腕組をした左官屋さんと私が凝視している環境下、、
見事に塗り上げていきます。

-04 1.jpg
奥さんにコテの握り方をレクチャーするご主人。
サンハウスでの珪藻土塗りは、夫婦の共同作業。。

-04 4.jpg
お約束の手形もムギュッと。

投稿日時:2012年2月 5日 22:23 この記事のページ

塗装。

-05 1.jpg
「ほんわかはうす」で使用する室内建具の塗装をしてきました。
この住まいの室内建具は全て製作建具。そして全て引戸の提案。

デザインは全3種類ですが、今回塗装したのはその中の一つ。
個室の出入口や収納、トイレ等の戸。

植物性OILが基材の塗料なので嫌なにおいも無く作業ができました。

-05 2.jpg
左)素地 右)ホワイト塗装

写真では分かりにくいですが、薄く塗装していますので、
木目が見えてとてもキレイ。

ホワイトに塗装した理由は、保護の目的もありますが、
「ほんわかはうす」では、構造材が露出しているので、
住まいでの過度な木の主張を抑える為。


-05 3.jpg
こちらは少し前に塗装した外部で使用する格子。

桧材に3回塗りで仕上げています。
こちらの塗料は、ホームセンターでも売られているキシラデコールのチーク。
価格的にはタフウッドステインの選択肢もありましたが、
仕上がりの感じはキシラデの方が素材感を損なわない感じがします。

この住まいの塗装工事は、
私の独自?のルートで、私が施工することで、
私の手間代を差引いても施主のコストダウンに役立ったと思う。

住まいへの搬入がとても楽しみ。


投稿日時:2012年2月 5日 19:46 この記事のページ

食品基準の安心塗料&ワックス。

「ほんわかはうす」では順調に工事が進行しています。
この住まいでは、構造材には勿論、様々な部位に無垢の木が使われています。
少し前になりますが、内装工事に先立ちまして塗装をしてきました。

-30 4.jpg
サンハウスのオリジナル洗面台。
四角にくり抜かれたカウンターの上部には洗面器が取付けられます。

窓と同じ大きさの鏡が引戸の様に取付けられて、左右にスライド。。
普段は、収納部を隠します。・・
何だか国語力がなく上手に表現できなくすみません・・。

壁と天井の仕上げはMOISS水掛かりの部位に有効な素材。
脱衣室でもあるので、湿度調整に期待。

-30 5.jpg
洗面器を取付ける前にカウンター部分を塗装。
全体に塗装が施されることで、洗面器で隠れてしまう部分の腐食防止に繋がります。
水廻りは2回塗りの後、更にOILWAXを塗り込みます。

カウンター材は杉の柾目。部材を適材適所に用い、適切な塗装で保護。
まだ塗られていない立上り部の杉板と比較すると、
塗装したカウンターの方が、より美しく感じます。

これまで、造作での水廻りは、引渡し後に再塗装したりと
出戻り工事がいくつかございましたので、、
反省すべきとこは反省して今に至ります。

また、見た目、機能性、メンテナンス性を考慮して設計すべきところ。
カウンターの高さは、施主と打合せし、ミリ単位で調整、施工しています。

ヘアドライヤー、ヘアアイロン、歯ブラシ、電動歯ブラシ、様々な化粧道具等々、
必要になる収納計画も住み手によって異なります。
極力無駄なモノ、無理なコトはしない設計を心掛けています。

-30 6.jpg
珪藻土壁と絡む窓枠(杉)も先行塗装。
こちらも塗装後は、落ち着いた風合いになりました。

今回は、自然塗料で私が塗装しました。
メーカー名は避けますが、植物性OILが基材の塗料なのでシンナー系の嫌な臭いはない。
これなら十分にお施主様でも施工可能なので、細かな部分はセルフビルドとなる。
住み手自身が手を動かすことで、将来、適切なメンテナンスが可能となる。

自然素材の家造りは、適切な頃合いに手を入れてあげることが大切。
風合いや経年変化を楽しみながら、住み手と一緒に時を重ねる住まいとなる。
この辺りは、新築時がMAXの工業化住宅との違いでもある。


~ほんわかはうす完成現場内覧会開催~
  日時:2月25・26日 AM10:00~PM3:00
  場所:ひたちなか市


投稿日時:2012年2月 1日 07:48 この記事のページ

にゃんダフルハウス上棟式。

1月30日。
今日は「にゃんダフルハウス」の上棟式。
この住まいは、
ご夫婦、お子さん、そして猫が暮らす家となります。

-30 1.jpg
大工さんに祝詞を読んでいただき、建物の四方を清めて、皆で乾杯!
お施主様、今後ともよろしくお願い致します。

-30 2.jpg
施主側に用意していただいたお酒。
お清めや乾杯の時に使用しました。飲みやすい・・
余程モノ欲しそうな顔をしていたのか、余った分は私が頂きました。。

-30 3.jpg
私からお施主様に用意したお酒は、
ワンカップではなく、にゃんかっぷ。。

投稿日時:2012年1月30日 23:14 この記事のページ

にゃんダフルハウス建方工事。

-28 1.jpg
今日はにゃんダフルハウスの建て方。
隣家には私から前日、前々日と工事の説明をしてあるが、
住宅街でもあるので丸1日常駐する。夕方には無事上棟。

本日の私の仕事は現場管理ですが、
やはり工事に参加したくなる。。大工さん達の邪魔にならない程度にお手伝い。。

家造りは楽しい!参加すればより楽しい!!

私は、設計事務所と建設業を営んでいる家に育ったから同じ道に進んでいるが、
親が大工だったら間違いなく大工になっていただろう。
大工さんはそれだけ魅力的な仕事。

28-2.jpg
夕方、仕事で昼間は現場に来れなかったお施主様ご家族が現場訪問。
丁度大工さんが帰った後でしたので施主の笑顔に立ち会わすことが出来ず残念。

住まいは作品なんかではない。設計士である私の自己満足ではいけない、
家造りは、お金もしっかり頂くが、、施主の喜びが1番の報酬。
この辺りは現場で汗を流した者でしか分からないコト。

それにしても、
夕方のお子さんのハシャギぶりが建方工事以上に、今日1番の近所迷惑だったと思う。。
勿論、それだけ私達は嬉しい!


28-3.jpg
お施主様とは土地探しからのお付合い。
私も何度も拝見して最終決定した敷地は路地状敷地
デメリットもあるがメリットも沢山ある敷地。

敷地のデメリットは建築で物理的にカバーして、メリットは更に活かす。
サンハウスではそんな考えで設計しています。

家造りの際、土地探しから入る方が殆どだと思いますが、
どうしても土地に金額を傾けがちになる。。

暮らしに必要なのは住まいであり、その住まいへの希望を第一優先とすべきです。
施主の予算、暮らしに応じての土地選定が理想だと思います。
予算-土地代=住まいの費用、、、の家造りはNG。

サンハウスでは、
建築に限らず、敷地の選定、資金計画まで常にトータルでサポートしてます。
ウチで建ててください。。


投稿日時:2012年1月28日 20:17 この記事のページ

にゃんダフルハウス土台敷き。

-23 1.jpg
昨日は小雨の中、土台敷きとSE工法の金物取り付けを
大工さん4人で施工しました。

-24-1.jpg
今日は雨は上がりましたが、
基礎部分が昨日の雨で湿っているので乾かす日。。
大工さんも1人。

-24-2.jpg
よくみると鋼製束が浮いている。
基礎の乾き具合を見ながらボンドを用い圧着していきます。

投稿日時:2012年1月24日 23:05 この記事のページ

ほんわかはうす工事進行中。

-22 3.jpg

今日は、現場にてお客様とお打合せ。
珪藻土のテクスチャーや壁紙の確認。
略提案通りスムーズにお打合せ終了。

スムーズに進む理由には2つある。
一つは、施主・造り手のどちらかが妥協しているか・・
もう一方は、両者の家造りの焦点が近いコト。
勿論、今回も後者。

もう直ぐ我が家になる室内で、
走り回るお子さんの笑顔に疲れが飛ぶ。
お客様の笑顔はしっかり職人に伝えたい。

現場は後少し、頑張ろう!!

投稿日時:2012年1月22日 23:42 この記事のページ

リフォーム工事。

-22 2.jpg

現在、水戸市内にて住まいの全面リフォーム工事をしてます。
目的は、施主の既に起こった未来へ向けての住環境改善。

毎度の事だけど、工事は新築以上に難しいと感じます。。

投稿日時:2012年1月22日 23:40 この記事のページ

にゃんだダフルハウス工事進行中。

16日、
構造材の搬入に立ち会う。普段は指示だけで立ち会うことはないが、
にゃんダフルハウスの敷地は旗竿敷地なので、念の為。

事前に運送屋さんに現場確認もしていただいていたが、
当日、トラックが入れない・・諸々手配して半日かけての搬入となりました・・

-16 1.jpg
SE工法の構造材には、Amazonn程ではないが・・
丁寧にビニルがかけられている。

-16 2.jpg
17日、土台廻りは、防蟻処理を施す。
今回は長期優良住宅でもある為、薬剤系。

-16 3.jpg
17日時点での週末の天気予報は雨。。
現時点で構造材に雨がかかっても大した影響は無いが、
念の為にブルーシートで覆う。
途中、シートが足りなくなったので近所のホームセンターへ。
財布に千円札1枚しかないことにレジで気がつく・・キャッシュカードに救われる。。

-16 4.jpg
現場に戻り、養生を続けていたら、お客様が来て、
息子にとウルトラマンのおもちゃを頂く。
帰宅後、息子のはしゃぎ様に引く。。

-22 1.jpg
昨日今日と現場確認。
ブルーシートは風で煽られるとうるさく近所迷惑なので・・様子を見に。
部分的に直すレベルで問題は無し。

明日からは土台敷き。いよいよ現場が大きく動き出す。

投稿日時:2012年1月22日 23:28 この記事のページ

超乾燥時の加湿対策。

-14 1.jpg
「霜柱」
昨年の12月10日朝、サンハウス事務所敷地内で撮影。

しかし、、最近のように乾燥した日が続くと、
零下の早朝でも霜柱は立たないようです。。
地表もカサカサなのですね。

我が家でも加湿機がフル稼働・・。皆様も体調管理にご注意ください。

-14 10.jpg
放湿の簡易な実験をしてみました。
2つの水槽に蓋をしたものを用意。2つとも水槽内の湿度は31%。。
水槽を、同じ室内環境の部屋に見立てています。

moisss keisoudo.jpg
左)珪藻土  右)MOISS
珪藻土とモイスに約1cc(角砂糖一個位の大きさ)の水を
霧吹きで噴射して、水槽内に各々入れます。
→MOISSとは。

-14 8.jpg
丸一日経過した数値を見てみると、
モイスを入れた水槽の湿度は63%。珪藻土を入れた水槽は湿度は46%。
クロスの場合は、殆ど吸放湿は期待できませんので最初の31%のまま。

珪藻土、モイスともに好成績でしたが、
吸放湿の性能はモイスが上のようです。乾燥が続く時期には、
少しだけ霧吹きで珪藻土やモイスの壁に水を噴射してみてください。
クロスのお宅の場合はカーテンに。

水槽とは違い実際の住まいでは、調理、浴室、人体からも放湿されますので、
住まいの乾燥対策として、
先ず温湿度計を用意して視覚で湿度の状態を把握すること。
人は気温には敏感ですが、湿度には鈍感なんだそうです。
就寝時は50%前後が理想数値。

加湿機は便利なのですが、電気や電気代が必要となりますし・・
省エネ?な加湿法としては室内干しや観葉植物、
鍋を囲み一家団欒。。でしょうか。調理も簡単だし、洗い物も少ないし。。

-14 5.jpg
現在工事中の「ほんわかはうす」の寝室。
白い壁は珪藻土ではなく、クロスでもなくMOISS(モイス)の提案。
今後の実測値に期待。

-14 6.jpg
ハンガーパイプでなくハンガー棒。。
無垢のタモ材で造作してみました。


「ほんわかはうす」では2月に完成見学会を開催致します。
ゆっくり見たい方は、ご予約をお願い致します。


投稿日時:2012年1月16日 00:47 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。