茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

サンハウスAED講習会。

aeds 1.jpg
サンハウスにてお客様やご近所様とのAED講習会を開催しました。
今日学んだことの復習としてココに記したいと思います。

23-12aeds.jpg aed22.jpg
手順1)傷病者の発見、意識の確認、呼びかけ。
手順2)気道確保、呼吸の確認。

POINT:呼吸の確認では、傷病者に呼吸による胸の上下運動があるか、
     傷病者の口元に耳を傾けて息吹や音を、見て聴いて感じて確認。

aeds3.jpg aeds7.jpg
手順3)意識かつ呼吸が無い場合は、大声で人を集めて119番通報とAED手配依頼。
手順4)人工呼吸を2回行う。
     
POINT:人工呼吸前に、傷病者の顎を持ち上げて(気道確保)鼻をつまむ。
     鼻をつままなければ、人工呼吸した息は鼻から抜けてしまう。
     顎を上げなければ息そのものが入らない。
     
手順5)心臓マッサージ

POINT:胸骨を押す。
     間違っても、心臓は左胸にあるからと左胸を押さない。
     押すと肋骨が簡単に折れてしまう。

     傷病者の症状や年齢にもよるが、
     肋骨が折れても基本的には心臓マッサージは続行する。
     血流を停めないことの方が大切。
     救急隊が到着するまで心臓マッサージは続ける。

     子供への心臓マッサージは写真右上のように、
     片手で圧迫し胸が3cm沈む程度に押す。(大人の場合は両手で5cm位)


一般家庭では、ここまでが覚えておきたい救命処置です。
AEDのある家庭など稀だから家庭での事故の場合は、
心臓マッサージが中心となる。そして119番。
何より救命はスピードが大切。

aeds5.jpg aeds4.jpg
手順5)AEDの使用。

POINT:箱を開けて音声に従い操作する。
     貴金属は極力外すが、救命行為のスピード優先。
     通電スイッチを押す時は傷病者から離れる。

     電気ショックを与えた後は再び心臓マッサージ。
     その後は、機械の音声に従う。

23aeds11.jpg aeds6.jpg
救助者は多い方が良い。
AEDの箱を開けている間も心臓マッサージは続けられるし、
救命隊の誘導もできる、救助する側のミスも防げると思う。
何より救助側の安心感が違うと思う。

今回ご参加いただいた皆様はサンハウスで建築された
お客様中心で、サンハウス徒歩圏内の方々。
皆さん熱心に受講されていました。
今日1日は、世界で一番救命意識の高い町内になったと思う。。

皆様お寒い中、お疲れ様でした。

講師をしていただいた堀口様、ありがとうございました。

投稿日時:2011年12月 8日 00:31

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。