茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

ほんわかはうす上棟。

23-10-28 1.jpg

23-10-30 jyouto-.jpg
今日は「ほんわかはうす」の上棟式でした。
毎度のコトですが、建て方が終わるとテンションが上がる。が・・

お施主様が呟いた、
「実感がわいてきた」の声に、身を引き締めて気持ちを奮い立たす!
図面から立体になることでの実感もあるが、家を建てるコトは背負うモノも大きい。
素敵な住まいが、暮らしが出来るように頑張りたい。

この住まいは、延床30坪ちょっとの家ですが、
吹抜けや、格子床、構造材の現し等で、広がりのある設計としました。

23-10-30 jyouto- 2.jpg
上棟式後は、今夜からの雨天に備えブルーシートハウスに。。

23-10-30jyouto-7.jpg
こちらは屋根下地合板施工状況。
留め付けた後、端部を防水テープ処理。

23-10-30 jyouto-5.jpg
屋根下地合板の上に設けた防水紙は、通常のアスファルトルーフィングではなく、
ゴム改質のアスファルトルーフィングを使用。釘穴のシール性能が高くなる。

将来的に太陽光パネルを載せる住まいが今後増えてくるだろうから、
屋根形状・下地仕様も様々な検討をしていきたい。

23-10-30 jyouto-3.jpg
お施主様へ用意した上棟酒の一つ。
家の名前に因んだ選択で、「ほんわか酒」

しかし、施主夫妻が揃って下戸だと今日知る・・
今後は、設計時のヒアリングシートに、
上戸 or 下戸の欄を追加しておこう。。


投稿日時:2011年10月30日 23:58 この記事のページ

白蟻対策は複合技。

23-10-27 1.jpg
「ほんわかはうす」では土台敷きが終了しました。

この住まいは床断熱仕様で、床下は外部空間となります。
この他に、基礎断熱仕様として、床下も内部空間とする造り方もあります。

23-10-27 2.jpg
基礎の外周部を自然系の防腐防蟻塗料で塗り、蟻返しを設置して、土台は注入材。。

薬剤処理した土台を使ったり、自然系の塗料を基礎に塗ったりと
チグハグな印象を持たれるかもしれませんが、
白蟻対策に完璧はありません。
床断熱仕様の住まいの場合、2の手3の手の複合技で対応。
基礎断熱仕様の場合は、薬剤の使用は本末転倒なので、
国産ヒバ等の材種にも気を使うようにしている。

白蟻被害は、瑕疵保険に該当しません。
基礎パッキンや薬剤メーカーからの保証等もありますが、
蟻に喰われたら金を出す、喰われたら再塗装の工事費を助成等、
喰われたらが前提です・・

大切なのは、喰われる前の工夫や仕掛け。

23-10-27 3.jpg
基礎を貫通する配管は内部側は防蟻フォームで埋めます。
外部側は、コーキング後、無収縮モルタルで埋めます。


立地、施主の希望で薬剤を使用しない場合も多いのですが、
温暖化が進み、白蟻の生息範囲も、種類も変化していますので、
サンハウスでは、複合的な手法で白蟻対策を講じています。

投稿日時:2011年10月29日 00:48 この記事のページ

収納の話。

23-10-25 2.jpg 23-10-25 3.jpg
少し前になりますが、半年点検の為「Be living house 」を訪問。
モデルハウスの様に片付いていて、丁寧な暮らしぶりに頭が下がります。

ダイニングテーブルに並んだ動物達。
点検後、お子さんが一つずつ丁寧に説明してくれました。

最近の男の子は、動物派とプラレール派に分かれる感じがします。


リビングは、家族が集い寛ぐ場所です。
その為には、家族が集まれるように造らなくてはいけません。

家族が集まるリビングには、家族の物も集まります。
それらを適切に収納できる空間がとても便利となります。

23-10-25 4.jpg
この住まいには、リビング隣にリビング収納があります。

23-10-25 5.jpg
小屋裏を活用した収納なので天井高はありませんが、
雑多な物、リビングで使う物をしっかり収納できます。


住まいの設計では、収納計画はとても大切です。
収納に拘りを持つコトは良いが、広さばかり考えていると、
最早、物の為の住まいとなります。。

快適に暮らすために本当に必要なモノと、
それらを収納するスペースのバランスが大切。

23-10-25 1.jpg

全ての写真に写りこんでくるお子さん。。
住まいはツールであって、そこでの暮らしが大切。
なので、写りこみは歓迎なのですが、
1年点検時には、もう少しだけさり気なく。。お願いします。

投稿日時:2011年10月27日 17:01 この記事のページ

完成。LEGOの家。

23-10-23 1.jpg
「にゃんダフルハウス」のお打合せ。
ご夫妻とお打合せをすること数時間。
お子さんは飽きてしまう。。
遅いとばかり、LEGOの家を完成させ見せにくる。。


実際の住まいでは、決めることがマダマダある。
これからは実施図面に追われる。。
新たな気づきから、修正したり、元に戻ったり・・

少しでも素敵な住まいになれば良い。

投稿日時:2011年10月23日 18:42 この記事のページ

長期優良住宅。

23-10-21.jpg
「にゃんだフルハウス」SE工法で建てる長期優良住宅。
本日、検査機関から長期優良住宅適合証が届きました。
来週早々に役所へ認定申請へ行ってきます。

23-10-21 2.jpg
長期優良住宅の技術審査の書類。
毎度のことだが、この厚みはエコじゃない。。

投稿日時:2011年10月22日 00:36 この記事のページ

ほんわかはうす基礎工事完了。

少しずつですが、着実に、「ほんわかはうす」の現場は進行しています。

23-10-11 kensa.jpg
自社、瑕疵保険の配筋検査も問題なく合格。

サンハウスでは、基礎立上りの
鉄筋端部は溶接又はフック付きとしています。今回は溶接。
基礎立上り部分の鉄筋の仕様で基礎底板の対せん断力に大きく違いが出できます。

基礎へ埋込むHD金物のアンカーボルトは、埋め込み深さに注意。
一般的には36cm以上とされています。
今回の基礎の高さは、立上り部が40cm、地盤面からは45cm。

なぜか検査員はあまりチェックしませんが・・
とても大切なポイントです。

23-10-20 kiso.jpg
基礎完成。

23-10-20 bougi.jpg
基礎が完成したので、本日は防蟻工事をしてきました。
サンハウスの防蟻工事は敷地周辺状況によって違うのですが、
今回は、複合的に防蟻対策。

先ずは、炭を原料とした自然系の防蟻防腐塗料で基礎外周部を塗装。
土台敷きの時には、蟻返しを設置する予定。

23-10-13.jpg
先日訪問したプレカット工場。

グレードを指示しておいても、
無垢材は感覚の違いの個人差がある。

水際でダメな物はダメと指示しておかないといけない。
特にほんわかはうすでは、構造材を露出させる箇所が多いので尚更。
加工、納材されてからでは、行き場のない木が可哀そう。。

今回は、その様な事も無く、無事加工へ。
画像では、逆光で白っぽいですが、赤味がかった美しい杉でした。

投稿日時:2011年10月20日 22:37 この記事のページ

AED講習会開催。

今年8月、サッカー選手の松田直樹さんの突然の訃報に
驚き、悲しんだ人も多かったと思います。
練習中に倒れ心肺停止。その後病院へ搬送されたが・・。

テレビで見る彼の姿は、
常に元気。やんちゃで負けづ嫌いといった印象の方でした・・
ご家族、関係者の皆様には心からお悔やみ申し上げます。

この件は、私自身も考えさせられました。
「もし、AEDが練習場にあったら・・」等のニュースも聞こえてきました。

今回の事態を受けてAEDの設置する動きが広まっています。

私自身、AEDという名前は知っていましたが、
電気ショック的な物としか理解していなく。使い方など・・・
最近では、水戸市内でもAEDの設置個所が増えています。

AEDで助かる命を、AEDがあるのに救えない・・
これでは情けない。

23-08-aed.jpg

先ず私に必要なことはAEDへの理解でした。
早速、8月にAED使用を含む普通救命講習会へ参加し学んできました。

心停止した傷病者には、人工呼吸と心臓マッサージが必要。
しかし、これらだけでは痙攣した心臓(心室細動)を正常に戻すことは困難。
現在、心室細動に対して最も有効とされているのがAEDによる除細動です。

救急車が現場に到着する時間は全国平均で5~6分。
しかし、止まった心臓では、血液の循環ができず、
4分以内に脳障害が発生するそうです。

心肺蘇生法やAEDを学び、
救急隊員が来るまでに適切な処置ができれば、
救える命の可能性が広がります。

心肺蘇生やAEDの講習の受講は、
決して利他的行動ではなく、やがては
自分の身を守ってくれる社会的に必要な行動です。


サンハウスは建築屋ですが、
物事全て、命あってこそ。


~サンハウス普通救命講習会開催~
講師を招いて、心肺蘇生やAEDの使い方を学びます。

日程: 12月7日
時間: 10:00~12:00
場所: サンハウス1階
定員: 10名(要予約)


投稿日時:2011年10月19日 23:16 この記事のページ

仮称)T様邸。

10-pasu01.jpg

23-10 mokei4.jpg

先日、サンハウスから
ご提案させていただいた住まいです。

シンプルだからこそ、職人の手仕事や自然素材の表情が
嘘なく感じられる住まいです。

サンハウスでは、住まいに、家造りに愛着を持って頂けるように、
「住まいの名付け」をお願いしております。
お施主様、素敵な名前を考えておいてください。

今後、暮らしのエッセンスを見つめて、
日常を優しく豊かに包む住まいを一緒に造っていきましょう!


投稿日時:2011年10月18日 23:41 この記事のページ

屋根葺替。

23-10-13yane fukikae.jpg

ご依頼のあった水戸市内の住宅の屋根を葺き替えています。
他社施工物件です。

震災対応のご依頼がマダマダ溜まっております。
順番に工事していますのでお待ちください。

屋根工事は順調に進行していますが、
瓦を撤去している最中にぎっくり腰?的な激痛が腰に・・・

今までも何回かやっているので時間がくれば治るのでしょうが、
腰を曲げられない生活が続いています。。

歯磨きとか洗顔、靴下を履くのに時間が掛かります。。


先日訪問したSimple+の半年点検でも、
床下の点検は後日にさせていただきました。

腰が治り次第、再訪問させていただきます。すみません。

投稿日時:2011年10月17日 21:38 この記事のページ

on and on・・・。

ecosas 23-09.jpg

今年9月のサンハウス事務所での電力消費量は312 kwhでした。

サンハウスでは、今年7~9月の合計電力消費量を
前年度比で-20%を目標として節電に取り組んできました。

結果として、
今年7~9月の合計電力消費量は、912kwh。
昨年は、3999kwh消費。。3999(去年)-912(今年)=3087kwh。
-20%の目標が、-80%近い数値で目標達成できました。
しかし、サンハウスの場合は、寒がりが多いので、夏より冬が問題。。

~これまでの節電への取組の後記として~

節電の結果を記録することで電気(エネルギー)との
付き合い方を再確認できるので、
無理や無駄を整理する機会となりました。

一方、明確な数値が把握できるのですが、
この数値の意味する感覚的なものが
イマイチ掴めていないのも事実です・・

電気代とか、co2削減云々の机上の話でなく、本質が・・。

「エネルギーは無限ではないのだから」との解は、
細く長く地球を回せということなのか?などと考えてしまう。

代替エネルギーの開発は、今後、より具体化されていくだろうが、
快適や便利の意味する裏側を意識した暮らしが必要だと感じます。

本来、人が感じる快適とは、全て自然からの恩恵だった筈。

全ての生き物は、自然に生かされている。
自然の秘めたる力に人間の力や想像力は無力なのかも・・。
快適を履違えないように、自然と共生する意識を持ちたいです。

人為的に快適を作り、更に求め、度が過ぎると、
本来持っている自然界とのバランス感覚を人間から奪ってしまう。

これまでの節電を通して私が気付いこととして、
省エネとは、人と自然のバランス感覚を取り戻す為の行為だということです。


投稿日時:2011年10月13日 14:03 この記事のページ

後学の為に。

opera1.jpg
休日は、時間と体力次第で、
いろいろと見学に出歩きます。

最近は遅くまで寝ていることも多いのですが・・

2,3週間前の休日には、新宿まで家族でお出掛け。
目的は、このキッチン。
オールステンレスで¥30万円台後半で手に入る。
設備機器や水栓は別途だけど、
それでもステンレスキッチンとしては安価。

ステンレスはリサイクル率が高く、とてもエコ。
このキッチンはオールステンレスなので尚のこと。

素材感のを生かしてそのままも良し、
造作して、木を併用して使っても良さそうな感じ。


opera4.jpg
お出掛けといっても、いつも私の行きたい所に
家族を連れ回す感じで・・
2歳の息子にステンレスキッチンの良し悪し等
どうでもよく・・

通りかかったオペラシティの階段を
一緒に上るとせがんでくる。。
子供が喜べば嫁も喜ぶので、結局この階段を3往復。。

opera2.jpg
たまたま、見つけたアートギャラリーで、
建築関係の企画展をしてたので立ち寄ってみる。
もう少しゆっくり見たかったが、子供のペースに合わせて
早々に外へ出る。

opera3.jpg
外へ出ると、オシャレなモニュメントとの遭遇に息子も唖然。。
「Singing Man」というらしく、
オペラシティだけにずっと歌っている。

石岡の獅子頭、牛久の大仏、水戸のダイダラ坊、つくばのモックンと
東京は一味違う。。

投稿日時:2011年10月11日 23:55 この記事のページ

にゃんダフルハウス。

nyanfull-pa-su1.jpg

nyanfull-mokei.jpg
「にゃんダフルハウス」

住まいの名前に因んで、
パース、模型の窓辺に猫を入れてみる。
ご夫婦、お子さん、猫が暮らす住まいです。

SE構法で建てる長期優良住宅。
12月に着工予定。これから実施図面を詰めていきます。

投稿日時:2011年10月10日 23:55 この記事のページ

ヘチマたわし。

tawasi hechima1.jpg
サンハウスの緑のカーテンでは、ヘチマを育てました。

9月に収穫したヘチマで、夜な夜なタワシ作り。
ご近所にもお裾分け。結構好評らしい。

tawasi hechima2.jpg
サンハウスのヘチマを使い、たわし作りをしていただいた
お客様からの結果報告メールには、可愛らしい写真が付いていました。

ヘチマたわしの正しい持ち方は、指で刺すようです。。

投稿日時:2011年10月 9日 22:23 この記事のページ

ほんわかはうす着工。

10月に入り、「ほんわかはうす」が着工しました。
いつも通り、リビングを中心とした住まい。

着工したばかりだけど、完成が楽しみ。工事も楽しみ。

cyakkou1.jpg

cyakkou2.jpg

この住まいは、県産材(サンハウス指定品)を利用して建てるので、
助成を活用する予定。抽選なので、お施主様のくじ運次第だけど。。


最近は、家造りに於いて、様々な補助金や助成金が享受できるが、
施主が知っているかどうかは、造り手側の責任なのかも。
時期やタイミング等の問題もあるので、設計段階での連絡事項となる。

当選したら、素敵な椅子を買おうか‥と、
勝手に夢を膨らませている。。


投稿日時:2011年10月 6日 22:29 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。