茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

今年も、お世話になりました。

今日は大晦日。

年内の仕事も終わり、休みに入っています。
今年は休み中にする仕事もなく、本当に何もしないで過ごします。。

夕方、
夕食のキムチ鍋の食材とお酒を買いに
家族と歩いて近所のカスミへ。

お店で見つけた炭酸入りの日本酒「稲里 初搾り」。
濁り酒特有の甘みと炭酸が爽やかでキムチ鍋とも合う。

22-12-31.jpg


さて、
今年も様々なご家族との出会いや縁に恵まれ、
数棟の家造りのお手伝いをさせていただきました。

大変お世話になりました。

個人的には、
無駄や無理のない 暮らしに馴染む家、
身の丈に合った家造りを推奨して設計、工事していますが、
そのようなシンプルな住まいを「伝えるコト・造るコト」は、
とても難しいことでもあります。

本質を見極めて、皆様の家造りのサポートができるように
来年も努力をしていきたいと思いますので、

どうぞよろしくお願い致します。

現在、
紅白歌合戦の便所の歌を聴きながら
ブログを作成していますが、長い歌ですね、この歌。。
良い歌ですが。。

それでは、
皆様、良いお年を!

投稿日時:2010年12月31日 22:00 この記事のページ

大工の造る家具。

サンハウスでは、大工さんが家具を造ることが多いです。

大工の括りの中には、
宮大工、家屋大工、船大工、家具大工、建具大工・・・等と
大別されていたようですが、

要するに優れた大工は、
木であれば大体何でも扱えると解釈しています。。

大工さんと家具職人のどちらが家具が上手に造れるのか?
当然、家具職人。

しかし、大体は大工で造れてしまいますし、サンハウスでは、
大工さんの道具で造れるような図面を描きます。

家具職人に作ってもらうよりは安価なのと、
部分完結型以外の造作家具は、全体のバランスもあるので
大工さんにお願いしています。

z1.jpg
造作の棚が出来ると大工の道具置き場になります。。
(simple+の現場)

z2.jpg
サンハウスで設計した図面を見ながら、現場で打合せしながら、
大工さんと設計意図の共有を図ります。

z3.jpg
こんな材木を加工して造ります。


以下、矢印の箇所が大工が造作した部分や家具です。

z4.jpg

z5.jpg

z6.jpg

z7.jpg

工業化住宅のような、ペタペタと切貼りしただけの住宅よりも、
職人の技術で造る住宅の方が、手や暮らしに馴染むと思う。

投稿日時:2010年12月30日 01:14 この記事のページ

「和風の家ゆったりさん」上棟式。

本日12月26日は「和風の家ゆったりさん」の上棟式。
風は冷たかったですが、雲ひとつない快晴に恵まれました。

お施主様、本日はおめでとうございます。
心尽くしの品々、お料理もありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いします。


22-12-26-2.jpg

22-12-26-3.jpg


上棟式での施主による一コマ。
お疲れ様でした。

サンハウスの住まいの基本設計は私の仕事ですが、
この住まいの設計は、スタッフの力作。
思い入れもある筈ですので、完成が楽しみ。

3月末の完成へ向けて、安全第一で現場は進行していきます。


投稿日時:2010年12月27日 02:10 この記事のページ

住まいの耐久性能。

住まいの耐久性能というと、構造の強さのことに注目しがちですが、
施工への細かな気遣いで耐久性は大きく左右されます。

サンハウスは設計 施工型の工務店ですので、建築された後の
家守りについても設計段階で真剣に考えております。

住宅のデザインとは、機能を考慮しながら整理すること、
あれこれと無理な納まりや、将来的に入手困難、代替えの
なさそうな材料は極力使用しません。

sisui1.jpg
こちらは、「simple+」。バルコニーの下地の状況。
隅の箇所に、黒いテープの様なモノが施工されています。
気密・防水テープなのですが、壁下地の隅角部は雨漏りが発生しやすい箇所なので
胴縁という外壁の下地の施工前に処理します。
昔は、板金で処理してましたが、現在は様々な商品が開発されています。

sisui2.jpg
バルコニーの手摺壁と躯体壁との取合い部分。

sisui3.jpg
バルコニー手摺の隅角部分。

sisui4.jpg
外部に露出されるダクト廻り。


現在、住まいの新築をするにあたり、瑕疵担保保険の申込みが必要です。
保険法人の現場検査も受けなければなりません。検査となると基準があります。

上記の写真の中で、バルコニーの手摺壁と躯体壁との取合い以外の部分は、
保険法人の設計施工基準での縛りはありませんが、
間違いなく処理していた方が安心な部位です。

現場での少しの気遣いが住まいの耐久性能を向上させると思います。

投稿日時:2010年12月25日 19:12 この記事のページ

住まいの断熱性能。

22-12-24 dan1.jpg
「simple+」では造作工事が進行していますが、
並行して石膏ボードを張っています。

石膏ボードを張る前には、断熱材を施工するのですが、
サンハウスの断熱工法の殆どが高性能グラスウールの充填断熱。
外貼り断熱で施工する場合もありますが一長一短を考慮しながら決定します。

断熱性能は、断熱材そのものの良し悪しも大切ですが、
施工によって大きく性能が左右されます。

断熱施工の基本は、断熱層に隙間が出来ないように断熱材を充填すること。
断熱材の欠損部分があると、その部分の室内側壁面への影響は大きい。
壁内結露を助長し断熱材そのものを濡らす要因にもなります。

SE工法では、筋交いがないので比較的施工の精度は高いのですが、
一般木造での筋交いや、ホールダウン金物設置部の断熱処理は
非常に重要となり気を遣います。

22-12-24 dan2.jpg
現場では、どうしても微妙な隙間ができて
定型の断熱材が入らない場所があります。
こんな場所には、ウールを詰込みして、テープで気密処理をします。

22-12-24 dan3.jpg
ミリ単位の微妙な隙間へは、発砲ウレタンを吹き込みます。

22-12-24 dan4.jpg
こちらは、「Be living house」の天井断熱。

投稿日時:2010年12月25日 19:11 この記事のページ

地域工務店の仕事。

水戸市内にお住まいの方から連絡が入り、
洗面化粧台の照明やコンセントが使えなくなって困っているとのこと。

既製品の洗面化粧台には、コンセントが付属している商品が殆どですが、
住み手の使い方によっては専用の回路にしていないと危険です。

denki 12 1.jpg


このお宅では、化粧台用のコンセントの他に衣類乾燥機のコンセント等が
同じの回路で使用されていました。化粧台のコンセントを外してみると
電線が焼き付いていました・・。絶縁処理をして対応。

一つの回路で様々な家電製品を分電していくと容量が足りなくなったりします。
最近は、洗面廻りで暖房器具、ドライヤー、電動歯ブラシ、髭そり等の
様々な家電品が使われています。

このお宅は築30年弱らしく、洗面化粧台も当時のモノ。
施工した会社とは連絡が途絶えているようで、
ちょっとしたコトを気軽に相談できる会社がなく困っていたらしい。

メンテナンスの相談や、ちょっとした工事の依頼をこなしていくことは
地域の住宅会社や工務店の仕事。お気軽にサンハウス迄ご相談ください。


最近は、便利な家電製品も充実して来ましたし30年前のライフスタイルで
生活していくことは無理があり仕方のないことですが、冬は火災が多い季節。

大掃除のついでにタコあし配線や、埃のかぶった
コンセントの清掃をしてみてください。


投稿日時:2010年12月25日 19:10 この記事のページ

安全第一。

hasigo.jpg

現場の梯子。
階段が出来るまでは、1,2階を梯子で昇り降りします。

梯子設置の注意点として、
梯子の周辺の整理、梯子の上下を固定、設置角度は70°前後、
上端は床から60cm位突出しておく、梯子の破損等の確認等があります。

この写真を見ると、改めて現場の安全面を見直したい思いました。
サンハウスでは落下等の事故はありませんでしたが、
現場には、当然建主も来ますし、何より作業する職人さん自身の為。


階段や吹抜け廻りの落下の可能性のある危険個所には、
仮設の手摺で落下防止を講じたい。

作業に慣れてくると安全面を疎かになりがちですが、
本当のプロはこういった所への意識が大切だと思いますので
サンハウス、職人さん皆で気を付けていきたいと思います。

こんな商品もありますし。


投稿日時:2010年12月25日 19:09 この記事のページ

師走。

年末になると、サンハウスのOB宅へご挨拶を兼ねて
来年度のカレンダーを配りに訪問します。

今日は、午後から土浦市と小美玉市と石岡市に建築されたお客様宅へ。


22-12-19 3.jpg
「Emi-full home 」

突然の訪問でしたが温かく迎えていただきました。
お揃いのフリースが可愛らしい。
そのうち家族で遊びに行きます。


22-12-19 1.jpg
「スキップフロアの家」

こちらへは、サンハウスのHPを見て、
この住まいを気に入っていただいたお客様ご夫妻と訪問。
最初は恐縮していた感じでしたが、徐々に和やかな雰囲気に。
家造りのあれこれを、サンハウスで建築されたお客様から直接聞ける機会は貴重。

Yさん、ありがとうございました。
マラソン頑張ってください。


22-12-19 4.jpg
「筑波山を望む家」

昼間は晴れていても、暮れると冷え込むこの時期、
訪問したのは夜でしたので薪ストーブの炎に癒されます。
奥様も薪ストーブの扱いに慣れたそうで何よりです。

薪の確保も素晴らしいので、
今シーズンも素敵なストーブライフを堪能してください。

投稿日時:2010年12月19日 23:26 この記事のページ

12月18日。

22-12-18-1.jpg

今日は、「Be living house」と「simple+」のお施主様とのお打合せ。
年末のお忙しい中、ありがとうございました。


2棟共、進行状況が殆ど一緒なので打合せ内容も一緒。
2棟共、製作キッチンで長期優良住宅。


お客様が帰られた後、
依頼されている住まいのプラン作成に入るが上手に纏まらない。。
楽しみにしてくれている筈なので、
何とかお正月休み前にお渡ししたい。。

設計で煮詰まった時は、他の溜まっている仕事を気分転換にこなします。
今日は、HPの「お客様の声」のコンテンツ等を修正してみました。

『サンハウスで建築されたお客様の声』←click

サンハウスで新築やリフォームをしていただいた
お客様からのお声を簡潔な文書にして寄せていただいております。


このお客様の声を見ていますと、
サンハウスとしては涙が出るくらい嬉しい文章ばかりで
とてもありがたいのですが、時にはお叱りのお言葉等を頂くこともございます。

お客様からのお言葉一つに真摯に向き合い、
今後の設計・工事に役立てて行きたいと思います。

投稿日時:2010年12月18日 23:57 この記事のページ

最後は人の手で。

22-12-17 2.jpg

「simple+」では、壁の断熱施工、石膏ボード下地の大体が終了し
造作工事が進行しています。

現場で大工さんと打合せをしていると、
頼んでおいた天井下地材の石膏ボードが搬入されました。

22-12-17 3.jpg
天井用の石膏ボードは、
大きさが約1.8m×0.9mと畳と同じ位の大きさです。
重さが約10Kg/枚。この現場用に80枚の搬入。

トラックから指定場所まで1度に4,5枚を担いで搬入してきます。50kg位です。。
土足のまま、専用の養生シートを玄関から置き場まで敷き、その上を行ったり来たり。

あっという間に搬入して、次の現場へ。
大工さんに「凄いね」と同意を求めると、
「何言ってんですか、俺らコレ2階に運ぶんすよ!」とむくれる。

確かに階段がまだ未完成なこの現場で、2階へ運び、
振り回しながら天井に張り付けていく作業は大変。。


22-12-17 4.jpg
こちらは2階に大工様が運んだ、壁下地用の石膏ボード、
大きさは約2.4m×0.9mと天井の1.5倍。
重さは約20kg/枚。。

石膏ボードはかさ張るので工事の進行に合わせて壁、天と分けて搬入している。
そうすることで作業がしやすくなり、現場もきれい。
造作工事が始まるとどうしても木屑が出るので尚更気をつかう。


22-12-17 1.jpg
お施主さんからの差し入れの手作りパンとコーヒーで一服する大工さん。
お疲れ。


投稿日時:2010年12月17日 21:04 この記事のページ

長期優良住宅。

22-12-11 1.jpg

SE構法のNCNより、長期優良住宅の現場シートが届いたので
現場へ持っていき、休憩中の大工さんに設置してもらう。

トラックのシートをこの現場シートにしたら?との問いに、
悪いとこ行けなくなっちゃうとの回答。。

22-12-11 2.jpg

シートが沢山で、いささか賑やかだけど、
不景気だし活気良く宣伝してます。。

先日、
来年度の、第2回木のいえ整備促進事業(長期優良住宅関連)の概要が発表されました。

特筆すべき点として、
補助金枠ですが、第1回第2回の募集分をあわせて、一の補助事業者あたり5戸が
上限らしいので、サンハウスで建築されるお客様は先着順となります。
補助金の額は¥120万。

詳細はサンハウス迄、お問合わせください。


~参考サイト~
国交省ホームページ
木のいえ整備促進事業ホームページ

投稿日時:2010年12月11日 22:09 この記事のページ

リフォーム。

リフォーム工事を相談されているお客様宅へ訪問。
以前サンハウスでトイレを交換させていただいたお宅です。

22-12-10 1.jpg
身を隠しながらも、こちらに興味ありそうに窺う「びわ」くん。

22-12-10 2.jpg
打合中には、慣れてきたようで、近寄って来ました。

22-12-10 3.jpg
こちらの猫は、人見知りなく膝の上に普通に座って来ます。
猫の手が可愛い。名前は確か「ネオ」。
サンハウスでTOTOのネオレストを入れた時に飼ったので
そんな名前だそうです。。

間取りを変える様なライフスタイル提案型のリフォームは、
サンハウスの最も得意とする分野ですが、

トイレやキッチン、壁紙、建具等の交換や補修等の部分完結型の工事も
依頼に応じて対応させていただいております。

一般的に、リフォーム工事をしたくても依頼先に不安があるようです。
高額な請求や、生活を覗かれることへの不安。
新築以上に敷居が高いのかもしれません。

現在、サンハウスでは何件かのリフォームの依頼を受けていますが、
サンハウスのホームページを見て、問合わせいただくパターンか、ご紹介が殆ど。
その後、直接お会いしてお話を伺う形は新築と一緒。


家守りは、地域の工務店の仕事です。お気軽にご相談ください。

投稿日時:2010年12月10日 18:16 この記事のページ

12月8日。

今日は休日でしたが、
職人さんから、「出来れば来て欲しい」と言われていたので「simple+」の現場へ。
電話でも済む内容だと思うが、現場の空気感を良い方向に持っていくのもサンハウスの仕事。
年末になり、各々忙しいが、良いモノを造るという共通の意識のもとで現場は廻る。

22-12-08-1.jpg
「simple+」では、造作の工事へと進行しています。
大工さんの腕の見せ所です。

22-12-08-2.jpg
無垢の床板が施工されています。

最近話題になっている断熱材の在庫不足のニュースがありますが、
着工前に発注しているのでスムーズに工事が進んでいます。


22-12-08-3.jpg
現場を離れ、午前9時過ぎに日赤病院へ。患者さんの多さに驚く。。
住まいと一緒で、定期点検のような目的です。建物も体も自己管理が大切・・。
大事に至る前に病院や工務店に相談するのがベスト・・。

大きな病院では待たされることが必定なので、
時間潰しに「マンガでわかる環境工学」を読む。
温熱の話は小難しいので、様々な書籍からアプローチすると
全体が把握できると思い、その筋の本達を読む機会が増えています。

採血の時に、私の番号札が170番位だったので、
看護士さんに1日何人くらいの採血をするのか尋ねたら300人位とのこと。。


22-12-08-4.jpg

病院を出たのが午後1時前。
病院駐車場から「長崎チャンポン」の古びた看板を見つけ入ってみる。
いろいろなメニューがあったけれど、チャンポンを注文。
ccc.jpg

チャンポンとは、そういうモノなのかも知れませんが、
具だくさんで、とても美味しかったです。しかも¥600、安い。
店内禁煙なので、今度は家族で行きたいです。

22-12-08-5.jpg

夕方、家族で近所の水府病院のクリスマスコンサートへ。
待合室で開催されたコンサートはこじんまりしていて温かい雰囲気。


22-12-08-6.jpg

生演奏は、音楽に疎い私ですら感動しました。

投稿日時:2010年12月 9日 00:49 この記事のページ

勉強。

22-12 11.jpg

最近は、講習会に参加することが多いです。
自立研や野池学校等、
温熱を定量的にというと結局は、地域の工務店にしかできないコト。
難しいがやりがいがある。
パッシブ設計の話が勉強になり、ほぼ1日潰して上京した甲斐がありました。

設計に生かせそうなことを勉強会等でインプットして自分なりに咀嚼、
そして実務にアウトプットする。
バランスが大事だが、いろいろと興味を持ってしまい
インプットばかり・・早く咀嚼しければ・・。


22-12-06.jpg

明日館の講堂でのイベント。
初めての訪問。
サンハウスのお施主様がココの出身だったことを思い出す。

著名な建築家たちの、設計の上達方法について、
「真似るコト」「人生をかけて徹底的に学び、真似る」の言葉に
救われた感を少し持つ。。

人間が住まいに要求することは、本質的には変わらない、
家族構成、ロケーション、予算、志向での変化はあるが、
居心地の良い暮らしを望むコトは共通。

極々普通に、自然(季節)に寄り添いながら暮らせる家を造りたい。
まだまだ勉強が必要ですが、
頑張りのベクトルの確認ができて良かった。

投稿日時:2010年12月 7日 00:40 この記事のページ

防蟻。

先日、築20年以上のアパートの白蟻駆除工事の依頼を受けました。

siroari-1.jpg
早速現場を見に行くと、玄関枠、框周辺がやられています。
奴らは表面は食べずに中身だけを食べてしまうので
一見分かりにくいです。

siroari-2.jpg
指がスポッと簡単に柱にめり込みます。
そして簡単にボロボロと剥がれます。

siroari-4.jpg
中にいたのは、ヤマトシロアリ。

siroari-3.jpg
大工さんが改修した後、専門業者に床下等へ新たに薬剤処理を行いました。


防蟻材は、主流の農薬系の防蟻剤、他にはホウ素系の防蟻剤があります。

長期優良住宅では、前者の農薬系の薬剤が認定剤となっており、
サンハウスでも使用しています。
長期優良住宅の認定やフラット35Sでの仕様に準じているからなのですが、

しかし、
天然由来のホウ酸塩を使用しているホウ素系の薬剤の効果が認められれば
作業員の安全性、そして空気の循環型の住まいの防蟻処理剤として
住まい手の安全に繋がります。


白蟻は湿った処に生息している等と言われますが、
最近では乾燥している木材や建材にも被害が出ているようです。

温暖化の影響かもしれませんが、外来種の白蟻が生息域を拡大しているようです。

白蟻への対策としては、
日常から蟻道の確認等のチェックが大切となります。
サンハウスのお客様宅は点検毎に確認させていただいておりますが、
ご心配な点がありましたら、ご連絡ください。


投稿日時:2010年12月 3日 01:11 この記事のページ

反射。。

嫁さんの誕生日のお祝いを兼ねて休日に、家族でお出掛け。
嫁さんの希望は海外だと思うが、現実的に上野周辺へドライブ。

22-11kayaba1.jpg

22-11kayaba2.jpg

根津のカヤバ珈琲へ。
お客さんはおらず、1番奥の席に。

この日の晴天と対照的に暗めの店内が妙に落着きます。
天井にガラスを使用しており、
反射の作用で、鏡の様に映り込ませる効果で空間に広がりを感じました。
天気や時間帯によっても店内の雰囲気は変わるのだと思います。

名物の卵サンドも食べたし個人的には満足ですが、嫁さんはどうか・・

反射繋がりで、うちの子は鏡が大好きらしく。
鏡面の素材を見つけると自分にキスをします。

22-12-01-1.jpg

22-12-02.jpg

投稿日時:2010年12月 3日 00:03 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。