茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

雑誌。雑感。

inred.jpg

建築関係以外の雑誌、本も好きで読みますが、これは偶々家にあった嫁さんのか、
ママ友のモノ。30代女性をターゲットにした雑誌らしく
ターゲットを「大人女子」「大人可愛い」と上手いこと煽てている・・。

当然ながら中身は興味ないのですが、この雑誌の付録が気になる。
ブランドアイテムらしく合皮だけど手触りの良い触感。ジッパーもこだわっていて、
中はコットン地。この付録つきで¥750とは・・。柄が好きなので没収することにした。

croissant.jpg

こちらはお馴染み「クロワッサン」。
今回の特集は片づける力です。

住まいを建築するときに、ヒアリングをするのですが、
収納の話になると、収納は多いに越したことはないとの考えが主流です。

しかし、限られた予算のなかでいわゆる収納スペースに
過分にコストや面積を費やすことは良いとは思えません。
当たり前ですが家族が集まるリビング中心に家造りはあるべきです。

その収納スペースが本当に必要かどうかを考え、今後のライフスタイルまでを
整理された収納計画が大切です。折角新築するのであれば尚更です。
「取りあえず」という言葉はNGです。

物を購入するときに拘り、本当に好きなものだけを購入する。
そして、メンテナンスしながら長く愛着を持って使用する。

好きなモノを収納するには、何も隠さず、見せる収納という方法もあります。
見せる収納は、扉がなく部屋の圧迫感を軽減する効果もあります。

収納を通してもう一度自分の理想とするライフスタイルを振り返ってみませんか?
ものがあふれるこの時代、持たないことのほうが、持つことより豊かと言えるかもしれません。

面白い特集でした。
貸し出しますので是非読んでみてください。

投稿日時:2010年9月28日 01:50 この記事のページ

引渡し。

本日は、「Emi-full home」のお引渡し。

efhome10-09-26 2.jpg

ダイニングテーブルを置かない
坐スタイルのリビングダイニング。

室内と室外の繋がり方を意識して、
小上がり、ウッドデッキを設けました。

直接室内とお庭と繋げるのでなく、
小上がり、デッキが外部を緩やかに室内へ取込みます。


efhome10-09-26 1.jpg

春には、隣地の保育園の桜を見ながら花見酒。。
広いお庭にも沢山植樹してくださいね。

efhome10-09-26 3.jpg

リビングダイニングの延長に配置された和室。
奥には、ご家族のワークスペース。
リビング中心に各部屋が繋がっていきます。
仕上げは自然素材、桧の床に珪藻土壁。

2222.jpg

住まいは、ご家族を優しく包む器です。
この家と一緒に、穏やかに年を重ね暮らされることを
心からお祈りいたします。


投稿日時:2010年9月27日 00:17 この記事のページ

9月25日。

朝から雨。

2010-09-25-2.jpg

午前中は、お付合いのある材木屋さんのイベントへ。
久しぶりに野田さんと会う。

野田さん設計の住まいを幾つか見学させていただいてますが、
現場に詳しい方という印象があります。材料を無駄にしない上手な設計をします。


午後からは天気も回復。

事務所にて住まいのお打合せ。
スタッフがお子さんと遊んでくれるので助かる。
こちらが粛々と住まいを造ろうとしているのに、お子さんとスタッフは数十分で
ガソリンスタンドを完成させていました。

2010-09-25-1.jpg

レギュラー¥138/Lはチト高い。。

投稿日時:2010年9月26日 01:40 この記事のページ

家造りの前に。

秋らしくなるこの時期は,
家造りの検討をされているお客様からの問合せが多くなります。
ありがとうございます。

住宅建築を検討するに当たり、
「住まいへの希望」「土地」「予算」を同時に検討しなければいけません。
バランスよく検討してご家族の身の丈にあった住まいの計画が理想です。
ここでいう「身の丈」とは、服でいう「着心地」とか「好み」のようなコトです。

サンハウスでは、各種勉強会を開催しています。
お問合せはサンハウス 野辺まで。


「住まいの希望」についてですが、

そもそも家って何のために建てるのだろうか?
家造りに当たり、その辺りからひも解いてみてもよいかもしれません。

ヒアリングしていますと、核家族化の影響からか、
皆の集まるリビングを中心とした家造りが多くなり、客間は不要になりつつあります。
時代や住み手での違いはありますが、
「玄関またげば皆家族」「食卓を囲めば皆家族」的な暮らし方で良いと思います。


サンハウスでは、建築前に想いを込めたお住まいの名付けをお客様にお願いしています。
コンセプトを持って名付けた家の名が、家造りで悩まれた時に振り返る材料になるかもしれません。


「土地」についてですが、

サンハウスでは、建物の間取り作成の前に必ず敷地を間取る作業をします。
隣近所の窓の位置、通風、卓越風の向き、陽当りから敷地を判断します。

四角い土地に四角い家をポン、窓の計画も部屋の真ん中にポンと置いたプランは論外。
住み手が家に合わせて暮らすような決まり決まったプラン集、建売等は論外。

敷地の現状を考慮して、敷地を読み解くことが大切だと考えています。

取りあえず、
サンハウスの分譲地のご紹介です!

2010-09-tochi.jpg

水戸市見和の約60坪の土地。
地盤調査済(良好)。
梅小学区。

西道路6Mに接道、見和地区で6M道路の土地は希少です。
チョットした来客、洗車等に便利です。

東側はお隣の大谷石の塀が伺えます。
写真を見ていただくとお分かりのように、塀の向こうはお隣のお庭です。
借景としてもプランニングできますし、陽当りや通風にもプラス条件です。
売主物件なので、仲介手数料は無料です。
近所は、皆サンハウスのお客様なのでご近所付き合いも心配無用。

詳細は、サンハウスまで!


「予算」についてですが、

また後日。。


住宅金融支援機構のフラット35Sの金利優遇の拡大措置の期限を、
今年末から来年度末まで延長する方向だそうです。

投稿日時:2010年9月25日 02:01 この記事のページ

9月23日。

今日は終日雨。
予定通り事務所で終日図面作成。
思ったよりはかどらず、持ち帰る。

夜、テレビで『キングオブコント2010』の決勝戦を視るが途中で寝てしまう。。
起きたら、優勝コンビが決まっていた。。

更に図面作成の続きの作業と温熱の勉強。
今週の火曜日に参加した「自立循環型住宅 関東ゼミ」を自分なりにおさらい。

さて、
そんなにお笑い番組は視ないのですが、
たまに、芸人さんのブログを覘いたりします。
ネタを創っている方のブログは、ネタ帳みたいで面白く感じます。
トータルテンボス大村さんのブログは個人的に好きです。

あと、
今日、茨城出身のプロ野球選手、東北楽天の菊池保則選手が
埼玉西武戦でプロ初登板初勝利を挙げたそうです。

以上です。。

投稿日時:2010年9月24日 00:48 この記事のページ

Emi-full home。

efhome 10-09 3.jpg


今週末に引渡しを控えたEmi-full homeの社内検査へ。
施主にも立会っていただき施主検査も同時に実施。

検査後は、担当スタッフと補修作業。
細かな床の傷等の直しが中心。

お子様もご一緒に来ていただきました。
うちの子と余り変わらない年だけど、よちよち歩きを始めている。
うちの子頑張れ!

投稿日時:2010年9月21日 09:38 この記事のページ

地鎮祭。

本日は、2組のお客様の地鎮祭を執り行いました。

10-09-19-1.jpg

水戸市に着工準備中の「Simple+」。
地鎮祭終了後に、社長がお客様のカメラを借り記念撮影。
私は、そのカメラが気になりカメラごと撮影。コンデジでも多機能そう。
COOLPIX P90か??
私のD300は最近出番が減ってきていますが、秋の風景でも撮りたくなりました。
お施主様、ご家族様暑い中お疲れ様でした。


10-09-19-2.jpg

同じく、水戸市に着工準備中の「BE living house」。
地鎮祭後は、挨拶回り、そしてお打合せと長時間にわたりお疲れ様でした。


投稿日時:2010年9月20日 02:07 この記事のページ

勉強会。

10-09-15-kensyuu.jpg

15日の水曜日のことです。
とある勉強会へ参加する為に東京へ行ってきました。

研修、勉強会等に私なりに積極的に参加しているのですが、

「失敗のできない家づくりだから」「素敵な住まいを造りたい」
といった社会的要求と、個人的な感覚の向上を目的としています。

参加するだけでなく、自分なりの答えを出して行かなくてはいけません。

勉強会では、優れた住宅会社さんと話す機会があったり
惜し気もなく自社の手の内を教えてくれたりします。

個人的にもサンハウスとしても貪欲に学び、真似できるコトは真似て、
サンハウスの力にしたいと常々思っています。

10-09-15-2.jpg

随分前に読んだ雑誌です。
「まねる力」 勝間和代 著

本文のなかで、「まねる力は学習能力」「学習とは先人たちが身につけたものを
直接、間接問わず教えてもらったりの繰り返し」と記されていました。


子は親の真似をするように、現代の木造住宅は、構造、意匠、素材の全てが
先人の真似ゴトの組み合わせです。それらを上手く使い、素敵に表現できるかは
建築士・施工者の技量にかかってきますが、最終的には建築が好きかどうかと、
地道な努力ができるかどうかなのだと思います。


投稿日時:2010年9月20日 00:58 この記事のページ

秋味。

9月も半ば過ぎ、朝夕は涼しくなってきた感じがします。
それでも日中は暑いので皆様、体調管理にご注意を。

myouga.jpg

さて、少し前の話ですが、実家に立寄った時のことです。
夕食に「みょうがの肉焼」が・・。母と嫁でサンハウス通信を見て作ったとのこと。
後味がさっぱりしていて、美味しい。

sun-tu-sin.jpg

「サンハウス通信9月号」

sanma.jpg

この日は、近所のスーパーで購入した1尾¥160のサンマや新米も食卓に並び
初物を美味しく頂きました。


 ~OpenHouseのお知らせ~
 
 ・10月17日 AM10:00~PM3:00 2階リビングの家 
 ・10月24日 AM10:00~PM3:00 natural house 
 ※OB宅の見学会です。
 ※完全予約制です。

ご予約,お問合せはサンハウス迄お願い致します。

投稿日時:2010年9月16日 00:39 この記事のページ

成長。

kodomo009-01-1.jpg

息子が1歳になり、日々の変化が楽しいです。
大きな木を前に何か話しかけています。

kodomo009-01-2.jpg

一人歩きはまだですが、ハイハイが異常に速くて、周囲の目を引きます。
手づかみ食べも始まり、家の様々なものに米粒が付着している今日この頃です。

投稿日時:2010年9月 3日 01:47 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。