茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

OpenHouse

ldk-mado.jpg

「インナーコートハウス」
仕上げ工事で現場が大詰めです。
左官、電気、水道、建具、外構業者さんが、
協力しながら進めています。

「OpenHouseのご案内」

日時:6月20日(土)、21日(日)、27(土)、28日(日)AM10:30〜PM3:00
場所:茨城県東海村(追って地図を送付いたします。)

申し込み先:株式会社サンハウス 
Tel 029-257-6566   mail info@sunhouse.bz

申し込みの際は、住所、氏名、連絡先、職業、見学の理由を明記願います。
見学できる住宅は、お施主様の厚意の下行います。
大切な住まいですので、明記の出来ない方の見学は遠慮させていただきます。

よろしくお願いいたします。

otei-se-naibu.jpg o-tei-hasira.jpg

「ナチュラルハウス」
外部の下地工事が先行して進行中です。
内部は、写真のようにガランとした感じです。
それはそれで、構造が美しく感じ良いです。

o-tei-hoken2.jpg
瑕疵担保責任保険の構造検査も問題なく終了しました。

投稿日時:2009年5月26日 19:39 この記事のページ

壁紙張替。

サンハウスで建築させていただいた住宅の壁紙張替をしました。
便器の背面のみの張替です。
張替前は、全面ホワイトのシンプルな感じ。(右側)
張替後は、強い柄のアクセント貼です。   (左側)

re-kabekami.jpg re-kabekami2.jpg

水道業者、内装業者さんの頑張りで、
正味4時間位の作業で終了しました。


お施主様が気にされていたので、
ueki1-09.jpg ueki2-09.jpg
お庭の植栽の間引きと、高さ合わせ。
作業前(左)
作業後(右) スッキリしたと自己満足で終了。

ueki3-09.jpg

お庭のシンボルツリーは、この時期の緑葉がとても美しく、ご近所の方も楽しめます。

投稿日時:2009年5月26日 19:06 この記事のページ

SE構法 。

syain-syuugou.jpg

SE構法のNCNから、情報誌に掲載される写真が届きました。
建築中の物件前での集合写真。


o-tei-haikin.jpg
ナチュラルハウスの基礎工事風景。
後方に建つ2棟も、サンハウス設計・施工のSE構法の家です。

投稿日時:2009年5月22日 21:23 この記事のページ

竹。

現在、ミュージアムパーク茨城県自然博物館にて、
「竹展」が企画展示されています。

私は、まだ行っていません。が興味があります。
日本人にとって竹は、とても身近な植物ですが、
建築に竹の素材そのものを使うとなると選択肢が限られてきます。
生産品としては、家具や小物等、竹の特性を生かした商品がたくさんあります。

素材としての竹の魅力は、しなやかさと、切断面の美しさだと思います。
上手に住宅建築に活かすべくヒントを探りに行きたいのですが、、遠いです。。

↓竹を生かした生産品を扱うお店として。↓
Ma by So Shi Te


take-01.jpg
「サンハウス施工例」
和室の1部床材に竹の集成材を使用しました。

投稿日時:2009年5月22日 20:29 この記事のページ

5月17日。

tatekata-1.jpg tatekata-2.jpg

tatekata-3.jpg tatekata-4.jpg

午前中は、
ナチュラルハウスの上棟式でした。
お施主様との出会いから何年経ったか。。
一番サンハウスの住宅を見学しているご家族の住まいです。
ここまで辿り着いたことに感激です。本当におめでとうございます。


pin1-otei.jpg o-teijyoutou-1.jpg

SE構法の金物をお客様に打っていただき建て方終了です。
珪藻土や無垢材等の自然素材を仕上げとし、
繋がりのある空間は、心地よい広がりを感じられる家になります。
お施主様、ご家族様、今後ともよろしくお願いいたします。


午後からは、
ご予約のお客様と2度目の打合せ。
思わぬ気苦労があるようですが、前向きに一緒に頑張りましょう。


夕方からは、
筑波にて打合せ。お客様のご実家へ訪問。のつもりが道に迷う。
土地勘が全くなく途方にくれる。ナビもあるのに。。結局、車を停めTel。
迎えに来てもらう。。すみませんでした。
迷った様をブログ用に撮影。
tanbo.jpg rocyuu.jpg

打合せ内容は、工期、VE案の提案の為の最終確認。
信頼に応える為に何とかせねば。。

追伸:お土産ありがとうございます。

投稿日時:2009年5月17日 09:25 この記事のページ

OpenHouse。

k-tei-nakaniwa.jpg

『インナーコートハス』
来月、オープンハウスを行います。
東海村に建つ中庭のある家です。

只今、見学会へ向け仕上げ工事中です。。
珪藻土や無垢材の質感が心地よく感じられる仕上がりになると思います。

日時:6月20日(土)、21日(日)、27(土)、28日(日)AM10:30〜PM3:00
場所:茨城県東海村(追って地図を送付いたします。)

申し込み先:株式会社サンハウス 
Tel 029-257-6566   mail info@sunhouse.bz

申し込みの際は、住所、氏名、連絡先、職業、見学の理由を明記願います。
見学できる住宅は、お施主様の厚意の下行います。
大切な住まいですので、明記の出来ない方の見学は遠慮させていただきます。

よろしくお願いいたします。

k-tei-isu.jpg k-tei-isu2.jpg

現場では、小さな家具が製作中でした。
どこに使用するかは、お楽しみに。


「インナーコートハウス」
設計:株式会社サンハウス(松本 関根)
施工:株式会社サンハウス(監督 松本)

投稿日時:2009年5月16日 12:28 この記事のページ

The Frog。

前回の続きですが、
昼食の後、トイザらスへ、ベビーカーの下見へ行きました。
沢山の種類の中から、店員さんの意見を聞いているうちに、
下見のつもりが購入してしまいました。

そのトイザらスにて、
『The Frog』という簡単に天気予報ができるオモチャを発見。
気圧計の原理を使用した、簡単に天気予報が楽しめるインテリアだそうです。

frog.jpg

周囲の気圧により、水位が変わり天気を予報します。
一般に大気圧が上がると天気は良くなり、
気圧が下がれば雲がでて、天気は悪くなります。

帰宅後、早速実験開始。
日により変化があり楽しめます。

投稿日時:2009年5月15日 17:19 この記事のページ

庚申塚。

休日のお昼に、水戸市千波町にあります『とんQ 千波店』へ行ってきました。

t-q1.jpg t-q2.jpg
とんかつ定食にアジフライのトッピング。美味しく完食しました。
痩せたい希望と裏腹に、高カロリーの昼食です。。

店内の雰囲気がよく、水戸市内の50号と旧6号の交差する好立地の
限られた敷地の中でしっかりと店のコンセプトを出している感じです。

千波店の敷地の角には、庚申塚があります。
t-q3.jpg


庚申塚は昔から、道の交差する場所や社寺に供養の目的で建てられたそうです。

とんQの敷地は、大きな道路の交差点に面していますので、交通事故もあるでしょうが、
供養とは、祖先を弔う意味合いはもちろん人間だけでなく、動物、道具にまで及ぶそうです。
とんかつ屋さんなので、食材への供養もあるのだと思います。

豚つながりでの話題ですが、
GWの休み中に、  「ブタのいた教室」という映画をレンタルして観ました。

食物への感謝を持つことができる意味で
お子様と観るには良い映画ではないかと思います。

投稿日時:2009年5月15日 16:00 この記事のページ

5月10日。

jichinsai-ttei.jpg
「筑波山を望む家」

本日、地鎮祭を取り行いました。
5月なのに最高気温28℃。。
暑い中、お疲れ様でした。

この家は、薪ストーブ のある家です。
仕様は、 自然素材 。
国産杉の床材、壁には珪藻土、外部はガルバリウム、1部杉板張りです。

ダイニングテーブルの設置予定は無く、大きなリビングテーブルがこの家の中心です。
床座で、ごろりとくつろげる空間に仕上がります。床座でくつろげる為の大切な要素には、
「和」の雰囲気は外せません。シンプルだけどどこか落ち着く和の要素が詰まった住まいです。

フルオープンの窓を開ければ、庭と借景との筑波山や緑が感じられる心地よい住まいです。
完成は11月頃。お施主様今後ともよろしくお願いいたします。

PS:お赤飯ごちそうさまでした。美味しくいただきました。


tougei1.jpg tougei2.jpg

地鎮祭の後、陶芸家の梶谷胖先生の御自宅におじゃまして、陶芸をしてきました。
誘われたのが昨日でしたが、「筑波山を望む家」から近く、なんとか都合をつけ参加させて
いただきました。乾燥させ、焼きを入れ完成までには1か月程かかるそうです。
楽しい時間をありがとうございました。

ジョッキのつもりが花瓶になり、小鉢のつもりが。。。
梶谷さんの御自宅からも筑波山、田園風景がきれいに望めます。

「筑波山を望む家」のお施主様も、梶谷さんも、
この時期カエルの合唱がうるさいとこぼしていたのが笑えました。

投稿日時:2009年5月10日 21:24 この記事のページ

21年度補正予算。

日頃から贔屓にしていました近所のエネオス(GS)が閉店しました。
サンハウスのチラシを置かせてもらったり、タイヤを保管してもらったりと、
車のことは詳しくない私なので、いろいろとお任せの状態でした。
なぜだか、旅行にいったらお土産まで渡したりと。。

昨年末のガソリン価格高騰の時も、他店より5円程高くても、
安心して任せられる信頼感の方が強く、懇意にしていたのですが残念です。
エネオス自体がなくなる訳ではないので、あくまで企業的に縮小という形ですが、
地元の経営者のお店が少なくなると思うと、心雑です。

エネオス(新日本石油)が「創エネハウス」なるモデルハウスを作りました。
一般公開は先ですが、燃料電池(エネファーム)を柱にした環境に配慮した住まいだそうです。
石油元売りの最大手が石油資源の今後を考え、そして社会に向けた未来への
取り組みを企業として凝縮させたプロジェクトのひとつです。
将来的には、ガソリンスタンドのネットワーク網を生かした燃料電池の販売・メンテナンス等が、
ガソリンスタンドの大きな仕事になるかもしれません。


先日、政府(自民党)は追加経済対策として、
今年度補正予算案を閣議決定し、国会に提出しました。
住宅業界として大きく係わってくるのが、住宅建築の総合的な省エネ化、長寿命化です。

国が政策を発表し、これらに呼応して、右向け右で住宅業界が進みつつあります。
政策は経済対策でもあり、様々な補助金も自治体から受けられます。

エコに対する意識、そして補助金の魅力が
建築されるお客様の購買意欲を高めサンハウスにも問合わせが増えてきています。


補助金をもらっても現状では太陽光発電、エネファーム等では初期費用を回収できません。
コスト的には赤字です。
エネオスのhpには、
「現段階では、設置先のお客様にとって、投資回収は難しいと認識しています。」
と公表されています。

採算よりも省エネを優先する意識は立派です。大切なのは分かります。
現段階では、太陽光や、エネファーム等だけが最適な答えだとは思えません。
将来的には、そのようなエコハウスが住宅の主流には間違いないとも思います。
決定権は国民1人1人です。
省エネに対する具体的な行動としては、できることから始める、始めたら続ける。
それでは、駄目でしょうか?

お客様に太陽光発電等を、自信を持って提案できない自分がいます。
今回の政策に、「3〜5年で住宅用太陽光発電のコストを半額程度の価格に低減。」
とありますが本当でしょうか?それでは5年後買った方が得だと判断してしまうのは、
いけないことでしょうか?太陽光発電の素晴らしさは理解していますが、業界が
国の政策に踊らされ、あるいは補助金を誘い文句に商売する事に違和感を感じます。

サンハウスでも、長期優良住宅に適合させて補助金を活用できる体制はあります。
6月4日の長期優良住宅法の施行以降に募集が行われることになり、
100万円の補助金がもらえます。
もちろんハードルがあり、適合させるためには100万円以上掛かります。

政策、制度、基準が山ほどある住宅業界ですが、
もう少し自由に自己責任で仕事をさせて欲しいという思いもあります。
その為の技術的審査、資産のチェックは第3者機関を通して公表する準備はあります。
住宅は社会の共有の資産ということもあり、施主や建築会社が好き勝手造ることの
愚かさは十分理解していますが、地域性や、そこに住まう家族にあった住まいと
政策には大きな開きがあると感じます。
今回の経済対策は定額給付金の延長の感じが拭えません。


最後に、私は、太陽光発電が嫌いではなく、むしろ大賛成です。
これほどパッシブなことはないのではないかと思います。
ドイツでは新築住宅の大きさの割合に応じた太陽光集熱機設置が義務化されました。
その過程には国の大きな補助、電力会社への売電金額の割増等の制度があっての現在です。
日本も低炭素社会に向けて大きく変わろうとしている節目だと感じます。
サンハウスでは、お客様にプラスになる提案の為にも慎重に変化を見極めたいと考えています。

投稿日時:2009年5月 8日 21:29 この記事のページ

通常業務に戻りました。

GWが終わりつつありますが、どのような休日を過ごされたでしょうか?
私も、しっかり3日間お休みをいただき、リフレッシュすることができました。

近所で食事したり、DVDをレンタルしたり、ぶらぶらと過ごしていました。
遠出?になるかわかりませんが、鉾田の海へ、ドライブしてきました。


siohigari-09-2.jpg

siohigari09-3.jpg siohigari-09.jpg

小学生の時の思いでとして、
波打ち際で、踵をくっつけて足を閉じたり開いたりしてると、貝が自然に足もとに溜まり、
沢山採れたものですが、この日の成果は1コだけでした。。

潮の満ち引きも影響するのでしょうが残念な結果でした。

投稿日時:2009年5月 8日 18:57 この記事のページ

5月3日。

午前中は、お問合わせいただいたお客様ご家族とのお打合せ。
サンハウスのことを知って、ご来社いただいたいただけでも感謝しております。
6月にはOpenHouseも予定しています。工事中物件も多数ございますので、
今後、サンハウスの住宅を、ご体感していただければと思います。


午後からは、
連休明けに地鎮祭を予定しているお客様とのお打合せ。
図面に明るく、打合せが助かります。。

zai.jpg zu1.jpg

サンプルを基に細かな仕様が決定していきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。


サンハウスでは、5月4日〜6日迄、お休みとさせていただきます。
迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

投稿日時:2009年5月 3日 19:30 この記事のページ

敷地調査・ヒアリング。

hitachi-cyousa.jpg

先日お問合わせいただいました、建替を予定されている
日立のお客様宅へ敷地調査、ヒアリングに行ってきました。

貴重なお時間、ありがとうございました。


サンハウスの敷地調査、ヒアリングについて少し記します。

敷地調査について。
現地に身を置く事で、その敷地の雰囲気を感じ設計への手がかりをつかむ為に
とても大切な作業となります。建替の場合、居住中の建物から得られることもあります。

陽の当たり方、外部からの視線、眺望、そのような事を知ることも大切ですが、
その敷地に立った時の、感覚的なことも同様に大切だと思います。

敷地調査の本当の意味は、
心地よく感じる、あるいは落ち着く居場所等を新居に、いかようにして設けるか、
この手がかりを感じることです。
敷地に立ち、その敷地の何らかの固有性を感じることが大切になります。


ヒアリングについて。
外的な要素を掴む敷地調査に対して、
お客様の内部から湧き上がってくる希望を聞き取る作業です。
ヒアリングさせていただいた希望は、断片的なことが殆どですので、
その希望をいかに整理仕上げるかが大切になります。
ヒアリングを通して、お客様の内からの要求を整理します。
ヒアリングの要望を、ただただ、てんこ盛りにしただけの提案はしません。

外部環境からの手掛かりを敷地調査でつかみ、
内的な希望をヒアリングでつかむ。そして整理する。
お客様と一緒に、要望を相対的に整理していきます。

そのようにして、ゆっくりですが着実にサンハウスの家造りは動き出します。

投稿日時:2009年5月 2日 19:30 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。