茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

お世話になりました。

サンハウスでは、
12月27日〜1月6日迄の間、年末年始休暇となります。
今年一年、大変お世話になりました。

2009年もよろしくお願いいたします。

投稿日時:2008年12月30日 00:33 この記事のページ

CASBEE。

casbee.jpg
CASBEE戸建評価員試験の合格通知書が届きました。

CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)とは、
建物の環境性能を総合的に評価するシステムで5段階に格付けします。
このような環境性能評価システムは独自の基準で諸外国でも普及しつつあり、
日本でも建築士を対象にした制度として
国交省主導の下に開発・普及が進められているところです。

サンハウスの家造りの一般指標として検討していきます。
CASBEEでは、単純に省エネを図りつつ、快適性を向上させると高い評価となりますが、
ここでいう快適性には、美しさ、個人のライフスタイルや好み、コストは評価されません。

CASBEEでの評価と、CASBEEでは評価されない上記の大切な要素を
バランスよく検討し業務に生かしたいと考えております。

投稿日時:2008年12月28日 13:50 この記事のページ

子供室。

kodomositu.jpg
先日お引渡しさせていただきました住宅の子供室。
広さは3帖。造りつけの机やベットの架台、収納等の
全てが3帖の中に収まっています。
ドアを開けるとLDKに繋がる配置になっています。

サンハウスで建築する住宅で子供室が6帖以上の広さを持つことは、
あまりありません。3帖〜5帖が殆どです。但し子供室の考え方として
大切なことは、広さだけでなく下記がポイントと考えています。

思春期に籠らない部屋。(快適にしすぎない)
寝てるか起きているか分かる工夫(個室化しない)
家族と接するゾーニング。(リビング階段等)

いかに家族で楽しく過ごせる家にするかを考え、
その家族室的な場所がLDKであるべきと考えます。
LDKを集いやすい空間として、
その延長に子供室があるのが理想ではないでしょうか。
お子様が小さいうちは、ダイニングで宿題をしたりして、
お子様の成長に合わせて子供室を与える。
家族間の距離感をご家族の成長に合わせて可変できるプランニングが大切です。
子供室の将来は子供室ではなくなるのだから。そのように思います。

投稿日時:2008年12月27日 14:29 この記事のページ

夜の現場から。

u0011.jpg
ダイニングキッチン。
製作のキッチンです。無駄、無理のないシンプルな箱のキッチンです。

大開口と高い天井がSE構法らしく気持ちの良い空間です。

u0012.jpg
キッチンカウンターはステンレス。フラットなので使い勝手が良さそう。
小学校の頃の家庭科の時間にグループで調理をするのに似た感覚で、
ご家族が力を合わせて作業でき、コミュニケーションを自然にとれるキッチンです。
自然にというところがポイントです。

u0013.jpg

u014.jpg
現場に行くと、
お施主様が、薪ストーブに火をいれてくれていました。
やっぱり火の魅力はすごいです。
火をおこして直に部屋が暖まるわけではありませんが、
寒気の張りつめた空間をポッと丸めてくれます。
空間や人が柔らかくなる印象です。

u0015.jpg
ワークスペース。
照明器具を隠しながら、デスクをしっかり照らしています。
床は、土間仕上げ。
壁は、チャフウォール仕上げ。
色のコントラストと、木の風合いがとてもきれいです。

投稿日時:2008年12月23日 18:43 この記事のページ

設計中。

siki1.jpg siki2.jpg

siki3.jpg siki4.jpg

siki5.jpg siki6.jpg

siki7.jpg siki8.jpg

siki9.jpg siki10.jpg

住宅建築をするにあたり、最初にすべきことが、敷地調査です。
住宅建築にロケーションは大切な要素になります。
一般的に南側道路の敷地が良しといわれておりますが、
必ずしもそうだとは思いません。大切なことは、その敷地の特性をつかむことです。
全てが好条件の敷地は、なかなか見つかりにくく、価格も高額になります。
サンハウスの住宅は、外部要素との係わりを大切に設計するために、
住宅のプラン作成の前に敷地を間取る作業に時間を費やします。
内部だけで完結する住まいなど、おもしろみもなく季節を感じられない家に
なりがちです。外部をいかに取り込み、遮断するか。風の通りみち。陽の当たり方。
敷地を間取るとは、こういった作業を設計として実施しています。
写真は現在、敷地を間取り設計中の敷地写真です。
10件それぞれの敷地の特性を生かし、お客様の住まいへの希望、
ご予算を同時にヒアリング・検討しながら設計していきます。

投稿日時:2008年12月22日 13:08 この記事のページ

衝動買い。

syoumei001.jpg
気になった照明器具を購入しました。
40Wの照明器具ですが、誰が作ったのか分かりません。
書斎や、家事スペースの一角にほんのりと照らす感じを想像しつつ、
補助灯として活躍しそうな照明器具です。

投稿日時:2008年12月19日 13:05 この記事のページ

金来屋米菓店。

senbei01.jpg

senbei1.jpg
八幡町周辺を散策してたとき、住宅街に昔ながらのお煎餅屋さんを発見。
小売りもしているとのことでしたので、ぶらっと中へ。
敷地内では、天日干しの煎餅たちが、たくさんありました。
昔ながらの天日干しと手焼きの煎餅から、作り手の心が伝わります。

水戸のお土産として、納豆との組み合わせ商品は
たくさんありますが、ここではオリジナルの納豆煎餅等を製造販売しています。
納豆好きには、たまらない商品です。

『金来屋米菓店』

posuto1.jpg
posuto2.jpg
金来屋米菓店のポスト。
シンプルで、ちょっと笑えました。

投稿日時:2008年12月19日 12:34 この記事のページ

八幡宮。

水戸市内の神社仏閣巡り。
ちょっと前ですが八幡宮へ行ってきました。

yahata.jpg
歴史的な建造物は、国内外問わず、シンメトリーのとれた建物が多く、
威厳と言いまか、風格があります。大陸的といいますか、、

yahata2.jpg
木漏れ日にあたる紅葉がとてもきれいでした。


yahata4.jpg
孟宗竹、中国が原産の竹です。
国内にも竹は多く、上手に建築に取り入れられています。
床材によくサンハウスでは使います。

yahata3.jpg
茨城に住んでいますので、何か茨城のの風土を肌で感じられるような建築をと思うのですが、
まずは、茨城をよく知るという意味で、今後も茨城を徘徊します。。

投稿日時:2008年12月16日 12:13 この記事のページ

テレビの話。

tv1.jpg

tv2.jpg
小美玉の家

tv4.jpg
河和田の家


一人暮らしをしていた頃、家に帰ったらまずTVをつけていました。
朝起きたらTVをつける。視るかどうかは別として、
まるでエアコンのように、一人暮らしの空間を温める感じでした。

TVのない時代は、家族の団らんはどんな感じだったのか、
正直想像すら出来ないのですが、それが当り前の暮らしでした。
昔、家庭の三種の神器のひとつだったTV、現在では携帯電話や
子供部屋にもTVがついていたりして、1部屋1台になりつつあります。
家にいる時間のうちにTVを視聴している割合は約60%だそうです。
家で過ごす時間の大半はTV視聴にあてられているわけです。
家事をこなしながら、子供と遊びながら、携帯電話ををいじりながらの
「ながら視聴」というのか、TVとの向き合い方も断片的な感じです。
TVは悪者のような扱われ方をされる場合もありますが、
日常生活の忙しさに対して、吸収すべく外部からの情報量からも、
TV無しの生活は難しいと思います。いらない情報も多々ありますが。。

現在のTVは薄型が主流になり、デザインも洗練されてきました。
昔は、住宅展示場に行ってもリビングに大きなブラウン管のTVは
かっこが悪くてTVなど置いていない展示場もありましたが
今では、どこの展示場に行っても大型の薄型TVがスタイリシュに設置されています。
実際の住宅設計の仕事でもTVの配置計画無しでは考えられないほど、
TVの存在感、意義は大きくなっています。
そのような時代に対応した住宅設計が求められているとも考えています。
改めて思うにTVは住宅にとって大切な機能なのだと考えています。

14日迄ですが、河和田の家では完成見学会をしています。
写真のTVは私物でして、私の家ではTVのない生活を堪能?しています。
PCでDVDを観たりしてる生活です。。

tv3.jpg
自宅PC。

マジックアワー。佐藤浩市が笑えました。

投稿日時:2008年12月13日 20:04 この記事のページ

弘道館。

水戸市三の丸の弘道館へ行ってきました。
koudou0.jpg

koudou1.jpg

koudou4.jpg
敷地には、梅が60種800本が植えられているそうで、
梅の名所となっていますが、
そのなかの開花1等賞の花を発見しました。
あわてんぼうにも程がありますが、寒空の中、凛と美しく咲いていました。

投稿日時:2008年12月12日 11:32 この記事のページ

最近。

最近、お腹が出てきたので注意はしているのですが、
夕食がどんなに遅い時間でも、食後に何かしら口に入れてしまいます。。
健康診断の結果もコレステロール値を筆頭に嫌な数値が目立ち始めました。
運動不足が1番の反省点だと分かってはいるのですが、、、

manan1.jpg

mannan2.jpg
マンナンライフ社の蒟蒻畑。
よく家でも食べています。

お子さんが喉に詰まらせ死亡する事故がり、一時製造販売を中止していました。
小さなお子さんがいる家庭では敬遠される商品です。
事故後、マンナンライフ社では、
大人じゃないと開けられないように外袋の接着を強化
カップも手軽に空けられないように蓋を改良
吸い出さずに押し出して食べるようにカップを改良
老人や子供に食べさせないよう外袋に赤字で注意書きを表示
一口では飲み込めないような大きさにする
万が一詰まったときに出来るだけ気道を確保出来るような形
等の対応をとり、現在に至ります。

マンナンライフ社の経営理念には、
役立ち、喜ばれ、評価されたい。とあります。
国産の蒟蒻芋を使い、地元の工場で品質管理され製造されています。
地産地消の教科書のように思えます。
そのような経営理念を持ち実践されている社長の心痛は
どれほどだったかと考えさせられます。喜んでいただきたい一心で
製造された商品が死亡事故を起こしてしまったことに。
業種は違えどサンハウスの経営理念と同じです。

       サンハウスの経営理念
一 安全な家、美しい暮らしの提案、建築に情熱をもてること。

一 環境、素材を大切にし、建築を通して社会に役立つこと。

一 お客様に好かれること、つよく好かれること。
   お客様に媚びないこと、正論は誠実に伝えること。
   だからこそ好かれること。

販売再開したことを個人的に大変うれしく思っています。
主力商品である蒟蒻ゼリー抜きでマンナンライフ社は経営できません。
倒産ということになるのですが、社員、その家族、取引先の家族も大小なり路頭に迷います。
そのようにならないよう、経営者は正確に舵を取り会社として努力すべき
道筋を社員に示さなければいけませんし、社員も、その方向性(経営理念)に
向け努力しなければいけないと考えます。そのような集団にならないと
経営は成り立ちません。

中小企業は大手と違い公的資金投入ありません。
派遣切り、内定者取り消し等の雇用の問題が連日報道されていますが、
どのような職種でも、どのような勤務形態でも、
勤務している会社の方向性、自分の貢献度、会社からの評価を
しっかり適時に経営、労働者側双方で確認する必要があります。
今回の問題は、その辺りが何となく見過ごされてきたものだと思います。

サンハウスでは私、現スタッフが力を合わせ1年1年乗り切り頑張っていくだけです。
この団結力、フットワークは大手には絶対に負けないサンハウスの強みの一つです。


サンハウスは一緒に働いてくれる方を募集しています。

投稿日時:2008年12月12日 09:31 この記事のページ

30坪の家。

先日お引渡しさせていただいた住宅に行ってきました。
ちょっとした補修で伺ったのですが、引っ越されて家具や、家財が
搬入されていていて、住まわれている感が、
何だかとても気持ちよく感じました。

y02.jpg
リビングからキッチンを撮影。

座タイプのリビングの為、キッチンの床をリビングの床より低くして段差を設けています。
キッチンで作業している目線と、リビングでくつろがれている目線とが
同レベルになり、見下ろすような圧迫感を緩和しています。

壁仕上げの珪藻土の柔らかい質感はとてもいい感じです。
カウンター等は、お客様がご家族で塗装しました。
お疲れ様でした。

y03.jpg
リビング収納を撮影。

リビングにご家族が集まる為、リビングで使うものを収納するスペースが
リビング近くに必要です。それをリビング収納と呼んでいます。
天井の高さは低いですが3帖程のこのスペースには、
お子様のおもちゃ等が収納されていました。

y04.jpg
キッチン裏のファミリー収納を撮影。

キッチンから洗面室に向う動線に銭湯の脱衣場のようなファミリー収納が
あります。カゴごとに使用者を分けて上手に住まわれていました。

投稿日時:2008年12月11日 17:58 この記事のページ

手帳。

tecyou.jpg

ここ数年、変わらずに使用している手帳があります。
毎年、購入するのですが使いやすく個人的には気に入っています。
写真は来年度用と、過去3年分の手帳です。日記みたいで捨てられません。


株式会社 イー・ウーマンという会社で取り扱っているのですが、
非常に使い勝手が良いです。欲を言えば六曜が入っていると建築屋としては嬉しいです。。

打合せブースに置く、来年度のカレンダーも購入しました。
こちらは六曜入りです。。
昨年と同じデザインのものですが、シンプル過ぎず、
可愛らしいものを選択しています。

koyomi.jpg

投稿日時:2008年12月11日 17:04 この記事のページ

ピンボケ。。

pin1.jpg pin2.jpg

pin3.jpg pin4.jpg
私の撮影したピンボケ写真のほんの1部です。。
『四葉のクローバー』 『打ち上げ花火』
『ペンギンの親子』  『町角の猫』


pinboke.jpg

現在、常陽藝文センター内の藝文ギャラリーで、
『ぴんぼけ写真展』が開催されています。

通りがかりに、ぶらりと覘いたのですが、
思いっきりの失敗作品が多数展示されていると期待して、行ってみると、、
期待を大きく裏切るというより、ほとんどプロのような写真がズラリと
展示されていました。ネット上でお見せできないのが残念ですが、
本当に感動する作品ばかりでした。少し残念な気分です。。

投稿日時:2008年12月11日 16:21 この記事のページ

祇園寺。

水戸市内の神社仏閣巡り。

祇園寺。
水戸の黄門さまも晩年に過ごされた寺だそうです。
水戸市内には、歴史的な建物がたくさん残っています。
実際に見学し、昔のものを見直し、得られるものは、
建築を業とするサンハウスにとって大切と考えています。

gionji1.jpg

gionji2.jpg

樹齢150年のセンダンの木、かわった実だけが、この季節でも
残っています。
sendan1.jpg

sendan2.jpg

同じく樹齢150年のドウダンツツジ。花も咲き紅葉も楽しめる
一般的にも身近な樹種ですが、ここまで大きいのは、さすがに圧倒されます。
tutuji.jpg

現在水戸市では、「水戸藩開藩四百年記念事業」のロゴマークを募集中です。
どなたでも応募できるようです。
三つ葉葵の紋を取り入れる等、水戸藩の歴史を考慮したデザインが希望だそうです。
賞品として米とかもらえるそうです。。

aoi.jpg

投稿日時:2008年12月11日 11:11 この記事のページ

西光院。

saikouin0.jpg
現場の近くの西光院へ行きました。
県の文化財に指定されているそうです。

saikouin2.jpg

saikouin3.jpg
紅葉もとてもきれいでした。
紅葉するためには、朝晩の冷え込みと十分な日光が必要です。
紅葉は四季を感じられるこの国の恵みですね。。

saikouin5.jpg

saikouin.jpg
廻廊からの眺めは、とても気持ちがよく、
山道を登ってきた甲斐がありました。

投稿日時:2008年12月 8日 12:53 この記事のページ

珪藻土の検討会。

サンハウスでは、内装材として珪藻土をよく使います。
よりよい仕上がりにすべく、
神奈川からメーカーさんに来てもらい、実際の現場にて
サンハウスの珪藻土の仕上がり精度、割れた時の補修方法の確認、
下地の施工方法についての打合せをしました。
私と左官屋さん、メーカーのかたとの意見交換と、実習です。
寒い中、みなさんお疲れ様でした。。

kabenuri2.jpg

kabenuri3.jpg

kabenuri.jpg

投稿日時:2008年12月 7日 20:50 この記事のページ

ストーブ。

sto1.jpg

sto2.jpg
BIKING2筒式ストーブです。
久しぶりにお店で見かけたのですが、
やはり売り物ではないとのこと、、残念。

デザインが可愛い。
写真のようにヤカン等を置ける。
お餅だって焼ける。。
デザインが可愛い・・・

製造中止になっても多くの人から愛されるこのストーブは、
今では現物をみることも難しいです。
見れただけでも幸運と思い店をあとにしました。。

投稿日時:2008年12月 6日 10:27 この記事のページ

窓際から。。

サンハウスの駐車場にて、
視線を感じ、ふと見上げると、
隣家のサッシュと障子の隙間にネコが。。
neko1.jpg

neko2.jpg
どうやって、そのスペースに入ったのか、
どうやって、抜け出すのか暫く見守っていたが、
よほど居心地が良いらしく動かない。。
窮屈なこの場所が、この猫にとっての居心地の良い居場所なのだろうか?

居心地の良さは、広さだけとは限らない。
体育館で人間が生活したとしたら、きっと体育館の一角で生活をするだろう。
そして、なんらかで間仕切りをし、仕切るだろう。
本能的に、こじんまりと家族の身の丈に合っているスペースが
意識することのない家族の広さとなり、居心地の良さを感じるのだと思います。

この猫は閉じ込められて
いるだけかもしれませんが。。

投稿日時:2008年12月 5日 14:04 この記事のページ

最近の読書。。

私は、寝る前に1分でも読書をします。
寝るための儀式的なものです。
この間は、仕事のことも忘れ本の世界に没頭します。。

book3.jpg
三国志のコミック全巻。。
個人的お薦め度☆☆☆☆☆

はまってしまい何度も読み返しています。
現在、映画「レッドクリフ(三国志)」を上映しているので是非観てみたいのですが。。


book1.jpg
『銀河不動産の超越』 森博嗣著
個人的お薦め度☆☆

なんとなく、店頭で気になり購入しました。
一気に読み切れる爽快さがよかったです。

book2.jpg
『茗荷谷の猫』 大内昇著
個人的お薦め度☆☆☆

生きていくことの生活くささが、おもしろくて、切ない物語集です。

投稿日時:2008年12月 4日 11:19 この記事のページ

住宅防火。

冬のこの時期、火災事故が増えてきます。
ご家庭で出来る火災対策は必要です。

簡単な対策として、消火器の設置です。
ホームセンター等でも手軽に購入できますので、
ご用意ください。

消火器と言われるものには国家検定があり、
承認ラベルが貼られています。

ホームセンターで販売されている殆どが、
簡易消火道具でしかありません。
限定の油火災に対応するものです。
それでも初期火災には有効です。
消火器の場所は、ご家族全員の周知が必要。

syoukaki.jpg
我が家は、冷蔵庫の上に1台置いています。

実際の火災ではパニックになりますので、
極力冷静に対応したいものです。


もう一つの手軽な火災対策として、
火災報知機の設置があげられます。
熱や、煙を感知すると大音量で知らせるものです。
08年06月以降の住宅には、既存、新築を問わず義務化されています。
お求めやすい価格で販売していますので、サンハウスやホームセンターへ
ご相談ください。

住宅防火対策推進協議会

投稿日時:2008年12月 4日 10:48 この記事のページ

小美玉の住宅。

ytei001.jpg

ytei002.jpg

ytei003.jpg

ytei004.jpg

先日、お引渡しをさせていただきました住宅です。
居心地の良い空間に仕上がりました。
30坪の小さな家ですが、愛着の持てる楽しい家になると感じています。

投稿日時:2008年12月 1日 20:30 この記事のページ

受験。。

(財)建築環境・省エネルギー機構主催の、
CASBEE「戸建」の試験を受験してきました。
CASBEEのねらいは、優良な住宅ストックを日本中に増やすことです。
環境品質や環境負荷を数値化し、評価する取り組みです。

CASBEEについての詳細は、
合格したら改めて載せます。不合格の時は、そっとしておいてください。。

投稿日時:2008年12月 1日 20:12 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。