茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

建築中の現場。

o-naikan.jpg

現在建築中の2階リビングの家です。
全面開口のテラスドアがつき、屋内と屋外とを繋げます。

サンハウスの設計では、外と内の繋がりを非常に重視します。
生活する場は、室内だけではありません。屋外も屋内以上に
快適な場になることがあります。
雨、風、外敵から身を守る。その為に屋根、壁ができ屋外と
屋内という境界ができました。室内をより快適にする為に、暑さ
寒さの調整の為、窓を入れて人工的に室内は造られます。

それに対して屋外は、その地域の自然特性をそのまま受動する
こととなり、陽の暖かさ、風の気持ちよさ、空の抜け等、
私達の五感に響く気持ちよさがあります。

単純に南や東側に大きな窓を設置しただけでは、屋外と屋内を
繋げたとはいえません。窓の向こうに見えるもの、実際の風景や
隣家だったりしますが、それらを取入れ、あるいは遮断しながら
テラスや吹き抜け等の屋外と屋内の中間領域を
曖昧に設置し、その向こう側の光景を読み取り設計していきます。
そうすることで、屋外との繋がりが生まれ、居心地がよく感じられ、
ゆとりが生まれます。屋内にいても屋外が、やさしく5感に届く
設計を心掛けています。
4季のある日本の風土を楽しむ為には大切な考えだと思います。

投稿日時:2008年8月10日 19:10

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。