茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

代表コラム

耐震構法 SE構法 自立循環住宅研究会

階段の役割。

階段は住宅の中で、縦移動する唯一の場所です。
単純に1階と2階を繋ぐ役割だけではありません。
居室とは違いアクティブな場所となりますので、安全性も大切となります。
光や風が動く場所でもあります。サンハウスでは、なるべくお部屋同士を繋げて
プランニングを行い、平面的、立体的にも抜けのある空間をご提案しています。
抜けている、繋がっていることで、実面積以上に広がりを感じられる、
俗にいう『広がり間取り』のご提案です。
階段部分の面積は、延床面積からみても決して小さくなく、
設計者として創意工夫が試される部分だと考えます。

kaidan3.jpg
リビングに併設させ、床面積を節約。

kaidan2.jpg
玄関前のスケルトン階段。
光が、ご家族や来訪者を優しく出迎えます。

投稿日時:2008年5月29日 21:49 この記事のページ

路上にて。。

ichigo.jpg

cyou.jpg

現場近くの道端にて、
ヘビイチゴとアオスジアゲハを撮影。
ヘビイチゴってすごいネーミングですね。。
子供のころ、むしって食べてみましたが不味かったです。
参考までに。

投稿日時:2008年5月27日 14:50 この記事のページ

株式会社サンハウス。

現在、日立でオープンハウスをやっておりますが、
サンハウスという会社についてご説明させていただきます。

私の父親が創業した会社でして、これまで集合住宅・病院・店舗・土地造成等の
比較的大規模な工事を中心に元請けとして受注し建築してきました。
4年前、息子である私が入社し、様々な住宅を建築してきた経験を生かし、
住宅部門をつくり、跡を継いでいます。

建設業社として造ることは当然ですが、2人とも1級建築士であり、
設計・デザイン・構造を重視しています。
サンハウスの家は誰にでも理解され、好まれる家造りでは無いかもしれませんが
それらを価値として認めて下さるお客様とのお付き合いを求めております。
しっかりと設計を行い、無駄を省き、素材を選び、細部まで手造りに拘り、シンプルに拘る。
自然素材を使い、長く愛着の持てる空間・住み継げる空間設計を心掛けております。
建てた後は「家守り」を重視し地域に必要とされる住宅会社を目指しています。
まだまだ、至らないところはございますが、背伸びせずに1歩1歩確実に成長し、
長く愛される住宅会社にしていきたいと考えています。         
                                        野辺裕章(息子)

oyako.jpg

syacyou.jpg syacyou2.jpg
釣好きの父親は、非常にせっかちな性格で、左の写真も、釣りに行った時の写真で、
釣果が悪いと、次々と漁港を移動します。この日は雨降りでしたが、カッパも着たままで。。

1-1.jpg 1-2.jpg
息子の私の趣味は、昨年購入したカメラで、行く先々で撮影しています。

今回の日立のオープンハウスでは、直接お話しができない方が多く、
大変申し訳なく思っていますが、サンハウスやサンハウスの家造りへの
ご不明点は、お気軽に野辺まで、ご連絡ください。

投稿日時:2008年5月24日 18:14 この記事のページ

ブログネタのいろいろ。。〜食べたもの編〜

ブログのネタとして撮取しておいた、ものたちが
出番なくゴロゴロと貯まってきたので、1部放出。。
食べ物編です。

way.jpg 4267.jpg
『SUBWAYのサンドイッチ』 学生の頃、アルバイトしていました。。
『露店のタコ焼き』 マヨネーズ多めです。。

sukare-.jpg kare-.jpg
『スパイシータンドールのカレー』 インドのビールもおいしかったです。
『東海サービスエリアの海軍ジャンボカレー』 とにかくジャンボ!

akatonbo.jpg yosinoya.jpg okasi.jpg
『赤とんぼの醤油バターラーメン』
ここ数年、いつも食べています。

『吉野家の牛丼』
とにかく早い、安い。牛丼をファーストフードにしたことがすごい。
食材へのこだわりもすごい。だから美味しい。

『お菓子』
出張帰り、電車の中で食べました。


オープンハウスのお知らせ。
場所 : 日立市金沢町
期間 : 5月10日〜6月1日の土曜・日曜日
時間 : 10時〜15時迄
※詳細はサンハウスまでご連絡ください。

投稿日時:2008年5月23日 22:49 この記事のページ

古民家改築。。

前回の、うどん屋さん「もみじや」ですが、
古民家を改築したお店だそうで、
現在建築中の、お客様から教えていただいたお店です。。

22.jpg
太い梁が複雑に交差。

15.jpg 16.jpg
欄間が開いたり、閉ったり。光を通したり、閉ざしたり。

20.jpg 21.jpg
外部を感じられる気持の良い建物です。梅雨があり多湿な日本の風土において、
住宅は、いかに外部との関係を保つかが重要で光、風、熱、視線、音、臭い、香りを、
いかに取り込み、いかに遮断するか、どのくらいの関係で。。
住宅において、窓を、南や東に大きく設ければ、居心地がいいかというと
決してそうではなく、必要な場所に必要な大きさの窓の配置が、
大きく居心地を左右すると考えています。
デッキや濡れ縁、外部庇は住宅の内と外の関係性を曖昧につなぐ役割として、
とても大切です。サンハウスの住宅でも多く見られます。

m14.jpg
日立の、まちかどモデルハウスでは
北側道路で、南東西は住宅に囲まれていますが、
適切な窓の配置で、居心地良く建築されています。

投稿日時:2008年5月21日 19:22 この記事のページ

椛や。

14.jpg
水戸市有賀町の『もみじや』さんへ行ってきました。

17.jpg
『春大根のたっぷりおろし、板前仕立ての紫峰で味わう、しょう油うどん。。』
天ぷらとセットで\1,050-
春限定メニューで、大根がまるごと1本付いてきます。
おろしながら食べるのですが、楽しいです。

投稿日時:2008年5月21日 19:09 この記事のページ

日本の家。

kyuuka.jpg
以前見学した、旧家です。
冬は、寒そうな家ですが室内から四季を感じられる
居心地の良い家でした。

kyuuka2.jpg
障子の一部が開閉します。(閉じる)
kyuuka3.jpg
(開く)

昔の職人さんの工夫と技術が窺えます。
光をやさしく取り込み、風を通す。
昔から日本の家は、室内からも季節を感じられ、
外部を積極的に取り込んだ造りのはずでした。。

投稿日時:2008年5月20日 20:57 この記事のページ

うんちく。。

hagaki.jpg
多羅葉樹の葉。
この葉の裏に文字やら記号を小枝などで
なぞると、書いたものが、浮出てきます。
昔、紙が無かったころ、
通信の手段として使用したそうです。
『葉書』の由来だそうです。

hagaki2.jpg
サンハウス。

投稿日時:2008年5月20日 20:39 この記事のページ

おめでとうございます。。

5月17日上棟式をとり行いました。
11.jpg

13.jpg

大工さんが祝詞を読み上げ、
工事の安全、お施主様ご家族の多幸を祈りながら、
皆で一本締め。。

12.jpg

画像データに自分が写っていてビックリ。。

誰かが私のカメラで隠し撮り?
大工さん?お子様?近所の人?


午後からは、日立のオープンハウスへ。。
天気の良いおかげか、たくさんのお客様に、ご来場いただきました。
直接、お話できなかった皆様すみませんでした。

〜日立のオープンハウス〜
期間 : 5月10日〜6月1日の土曜・日曜日
時間 : 10時〜15時迄
※平日の見学を希望されるお客様は、事前にご予約をお願いいたします。
  詳細はサンハウスまでご連絡ください。

投稿日時:2008年5月18日 21:26 この記事のページ

日立へ。。

昨日から、日立の家のオープンハウスをおこなっています。
日立の高速料金所にて、かわいらしい『片耳うさぎ』がお出迎えしてくれました。
usagi.jpg

OBのお客様より、おにぎりの差し入れをいただきました。
忙しくて、持ち帰らせて頂きましたが、スタッフで分けて、いただきます。
ありがとうございました。
onigiri.jpg

オープンハウス1、2日目、小雨の降る寒い中、たくさんのご来場いただき
ありがとうございました。6月1日まで土曜日曜限定で見学できますので、
ご希望の方は、サンハウスへご連絡ください。

投稿日時:2008年5月11日 18:56 この記事のページ

注文住宅会社 サンハウス。

himawari.jpg
サンハウスのスタッフが
さつまいも畑の周囲にヒマワリの種をまきました。
鍬を両手に頑張っていました。事務所より隠し撮り。。
無理に許可をもらい全世界へ公開。。
サンハウスは建築屋です。念の為。

去年収穫したヒマワリの種が大量に残っています。
必要な方はサンハウスまで御一報を。。

投稿日時:2008年5月 9日 19:35 この記事のページ

住宅と家具。。〜イス編〜

日立のモデルハウスの椅子達です。

ribingu.jpg
ラウンジチェアー
dainingu.jpg
ダイニングチェアー
muji.jpg
ファミリースペース椅子


実際の生活にあたって建築と家具を分けて考えることはできませんので、
設計の段階からしっかりと『家具』を落とし込んでプランニングを進めます。
造り付家具も当然ですが適切な位置に適切に家具を配置する。
それで初めて機能的な住環境になります。
家具には大別すると、収納の為のものと、
椅子や机やベットの様に、人が使うものに分けられます。
家具の周りには人が寄り、あるいは集まります、配置することによって、
ご家族の動線が生まれます。家具を抜いて住宅設計を進めると、
使いづらい住まいになりかねません。
考慮された家具の配置が、住み手の居心地のいい場所となります。

オープンハウスのお知らせ。
場所 : 日立市金沢町
期間 : 5月10日〜6月1日の土曜・日曜日
時間 : 10時〜15時迄
※平日の見学を希望されるお客様は、事前にご予約をお願いいたします。
  詳細はサンハウスまでご連絡ください。

投稿日時:2008年5月 8日 16:16 この記事のページ

散歩。。

散歩中に見かけた、もの。

1.jpg
町ぐるみの取り組み。

5.jpg
2階は、潰れているけど、1階ではしっかり営業。。

2.jpg
郷愁感じる看板。。

3.jpg
波板の外壁。すっきりしていて、施工さえしっかりしていれば、
個人的には好きな表情です。

投稿日時:2008年5月 7日 22:16 この記事のページ

住いの健康≒住まい手の健康。

kuukan.jpg

シックハウスやアレルギー等が社会問題となっている昨今、
高気密高断熱住宅の家造りは、時代に逆行している家造りと感じてしまいます。
窓を開けずに、閉じこもった冷蔵庫のような状態での気密テストが実際の住生活に
重ね合わせることはできる訳もなく、無意味な単位や数値で住まい手を惑わす。
そのようなテストは少し窓を開けただけで、大きく数値が変化します。
窓を開けずに生活できますか?法制化されていますが24時間換気等は、
本当に必要でしょうか?多湿な日本での生活は、昔からしっかり窓を開け
自然換気をして、長く住み継いできました。上手に屋外と屋内を結び、住まいながら
四季を感じられる住宅こそが日本の環境に合った住宅だと思います。
木造住宅は、木で造り上げています。住まい手の健康と住宅そのものの健康に配慮して
設計することが大切で、住宅が健康でなければ住まい手の健康も確保できません。
サンハウスでは自然素材の仕上げ材を仕様とすることが多く、気密された空間では、
床は反り上がり、珪藻土は割れやすくなります。だからこそ住宅のなかに風の道を
計画し、自然換気のできるパッシブな住まい造りを心掛けています。

投稿日時:2008年5月 1日 17:28 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。