茨城県水戸市の注文住宅会社サンハウス

home concept strucure showcase company お問い合わせ 資料請求

私たちの考えるエコハウス

日本エコハウス大賞新築部門

耐震構法 SE構法

断熱性能について。

私の考える断熱性能を良くする理由は2つある。

一つ目は、健康な住環境をつくるため。
二つ目は、子供達やその先の、未来の向けての義務。

【健康な住環境とは】
冬季の室内の温度を15℃以上に保つ、出来れば18℃以上、理想は20℃以上に。
夏季の室内の温度を28℃以下に保つこと。

冷暖房は機械に頼っても構わないが、水戸で無暖房住宅の建築は可能。
極力機械に頼らない生活の方が、家計にも環境にもありがたい。


残念ながら、日本の断熱性能の基準は他国と比較しても恐ろしく低い。
下のグラフで分かるように、ヒートショックで毎年毎年沢山の方が亡くなるわけだ。
茨城は特にひどい。

国の基準レベルが低くても、
私達建築屋はこの事実をきちんと説明すべきと思う。

日本の断熱性能の国の基準は諸外国と比較して恐ろしく劣る。

ssuuw.JPG


【子供達やその先の、未来の向けての義務】
寒い家を建てれば、
暖かい環境にすべくエアコンやストーブを多用するのは当然。
寒けりゃ死んじゃうし、国のレベルで建築していては、
冬季の室内の温度は10℃超えない時間帯が長い。
家全体の断熱性能が弱いので、LDKだけエアコンつけたら、
お風呂や脱衣室との温度差がヤバく、、ヒートショック環境をつくりだす。

エアコンなんて長くても、10年で買い替え、家は何十年も使う。
例えば、LDKエアコン材工25万、子供室×2と寝室にエアコン設置で材工10万×3で30万
上記トータルで新築時にエアコンが材工で55万、30年で165万。
更には30年の電気代も処分費もかかる。

高断熱の家にすれば国の基準の家よりコストは掛かるが、
エアコンは各部屋には要らないし当然電気代も抑えられる。
この200万程度の価格差を新築時に投資した方がよいと考えています。

エアコンつけても、ストーブつけてもCO2は排出するわけで、
台数は少ない方がよい。温室効果ガス(地球温暖化)の
排出量内訳の約80%がCO2です!

建築屋としてできる温暖化対策は、エコハウスの建築です。
アタシだけよければいい、或いはそもそも意識すらしていないで家を建てるのは
子孫の首を絞めるような行為と同等と考えています。


投稿日時:2020年3月14日 14:27 この記事のページ

偕楽の庭 

gaikan-001.jpg

水戸には偕楽園という庭園があります。
当時の水戸藩主が領民と偕(共に)楽しむ庭をとつくらせ、
この「偕楽園」の名称となりました。


住宅の設計でも、
サンハウスでは、家と庭を同時に設計します。
そして、庭はプライベートな庭、コモンスペースな庭に大別されます。

【コモンスペースとしての庭】
茨城で住宅建築される方の多くは駐車場が必要となり、
当たり前ですが、その駐車場は道路に面します。

道路というパブリックなスペースから、住まい(プライバシースペース)へと
グラデーションを描くように繋げていきます。
むやみやたらと塀をつくり、縁を切るコトは美徳としていません。

道路は、
地域の方々が往来するためそこに接する駐車スペースなどは
なるべくオープンにまた豊かな心になるように設計することで、
地域に人間的豊かさが生まれると信じています。

ご理解があれば、ベンチを設えたり、木々を植えたりして
四季を地域にお裾分けしたいと考えています。

007benchi.jpg

投稿日時:2020年3月14日 13:58 この記事のページ

水戸らしさ

010mitoguro.jpg

水戸には江戸の頃から伝わる染色技術「水戸黒」があります。
現在は、化学染料に圧されすたれてしまっていますが、

水戸黒の伝統や想いは、この地域に語り継ぐ技術だと考えています。
写真は水戸黒を模した外観色の住まい「水戸の家」です。

杉板に黒の塗装を施しているだけですが、
地域性を紐づけて設計してみました。

もちろん、水戸の住まいが全て黒くすることを求めているのでなく、
サンハウスでは、
茨城らしさ、水戸らしさを大切に設計したいと考えています。


投稿日時:2020年3月14日 13:47 この記事のページ

日本エコハウス大賞グランプリの道 episode1

image-(37)-eco--sunhouse.jpg


第5回日本エコハウス大賞という住宅の実例コンテストで、
サンハウス設計施工の「水戸の家」が大賞を受賞しました。
ここでは、何回かに分けましてその道筋を記したいと思います。

今回は1回目のお題として、「何故応募したか?」です。
日本エコハウス大賞に応募したきっかけを記したいと思います。


十年ちょっと前にサンハウスに入りまして、
日々、住宅の設計施工に携わってきましたが、
お客様のニーズ、或いは社会のニーズと
私のつくりたい住まいとのずれがあるのでは?
と考えるようになっていました。

お客様の希望通りに余計なコトを一切せずに進めば、
もう少し仕事はあるが、プロとしてどうなんだ?
そもそも私ってプロとして地域社会に必要とされていないのでは?
数年前から、そのような自己不安を持ちつつ仕事をしていました。


茨城の家づくりの主流は、
ローコストメーカー、そしてハウスメーカー。
設計的に拘って家を建てたいという方々は少数派。

一方、時代は省エネ性能を競う家づくりが流行り、
プレハブメーカーでは、現在もですが「家は性能」の
一条工務店がダントツの人気。

高気密高断熱住宅が専門誌に溢れ、
その分野に秀でた専門家や設計士は時の人となりました。

それでも私の中では、それらの住まいって「カッコ悪いよな」と
感じるだけで、、あまり性能に関心がありませんでした。


そんなある日、秋田市の「もるくす建築社」が手掛けた住宅を
専門誌で見かけ衝撃を受けました。

出不精な私が直ぐにでも、秋田行きを決断しました。


※下記グラフはクリックで大きくなります。

akita mito.JPG

秋田の冬は曇天に覆われる日が多く、年間の自殺者が日本一多い県。
水戸市と秋田市の年間の日射量を比較しますと、
6月~10月までは秋田市の方が多く、それ以外は水戸市の方が多い。
特に秋田市の11月~3月までの日射量は極端に少ない。

過酷な冬季の気象条件の中でも、外部環境と呼応させる家づくりをされている
もるくす建築社が手掛ける住まいたちは、とても豊かな室内空間に感じました。


「高断熱高気密住宅でも、素敵な設計ができるんだ」
「豊かな暮らしのためには、高断熱高気密が必要なんだ」と気が付きました。


日本エコハウス大賞は、
様々な分野の審査員が評価します。意匠だけではダメ、性能だけでもダメと、
迷っていた当時の私自身の、道標になるのではと応募を決意しました。

投稿日時:2020年2月29日 15:59 この記事のページ

水戸歴史文化検定

mitorekisi.JPG
水戸の建築業者として、水戸の地域性や文化を再認識する目的で
資格取得しました。そこそこ難しく代表の野辺が合格しました。

水戸歴史文化検定

投稿日時:2020年2月29日 14:13 この記事のページ

月別アーカイブ

home

 最初のページに戻ります。

concept

 サンハウスの家づくりに対する考え方をお話しします。

structure

 サンハウスが建てる木の家の構法をご紹介します。

showcase

 サンハウスがこれまで手掛けた住宅をご紹介いたします。

company

 サンハウスの概要をご紹介いたします。